2017年10月24日 (火)

裸足トレッドミルのすゝめ

ぐらんどばんです。

皆さん、新ドラマ「陸王」ご覧になりましたか?
老舗の足袋屋さんが、ランニングシューズを開発するお話の様で、
ランナーの皆さんなら「足袋シューズ」が気になるところですね。

ドラマで指摘されていた「かかと着地」や「ソールの厚さ」などは
ランナーのレベルによっても向き不向きがあるので、一概に足袋
シューズが良い!とも言い切れないと思いますが、裸足感覚で走る
メリットというのはあると思います。

でも「足袋シューズ」とか「ベアフットシューズ」って、それなりに
高価なんですよね。足に合わないと怪我するかもしれないし・・・。

ということで、自分がお勧めしたいのが、「裸足トレッドミル」です。
トレッドミルというのは、トレーニングジムなんかに置いてある、
ベルトコンベアのような運動器具で、ベルトの上で歩いたり走ったり
するアレです。

通常はシューズを履いて使う人がほとんどだと思いますが、
これを裸足で行うのです。
裸足が気になる人は靴下履いてても構いませんが、裸足の方がベター。
高価なシューズを買う必要がないから、私のような庶民ランナーに最適!

裸足ランもしくは靴下ランを行う事で・・・

自分の足のどの部分が地面に接地して走っているのか?
足のどこから着地しているか?つま先、かかと、足の中心?
足が外側に傾いているか、内側に傾いているか?

・・・などが足裏の感覚でわかると思います。

走りのクセってビデオ撮影でもしないとわかりにくいですが
裸足ランなら、足裏の感覚でそのクセを感じられると思います。

裸足ランを屋外で行おうと思っても、平らな道路って中々ないし、
石とか破片などでケガをするかもしれない。
でもトレッドミルならケガのリスクも天候の影響もほどんどなく、
裸足ランができます。

デメリットというか、これは外で裸足ランをする場合も同じですが、
通常のシューズを履いて走る場合に比べて、マメができやすいです。

最初は少しゆっくりめのスピードで裸足ランに慣れていき、
徐々にスピードを上げていった方が良いと思います。
慣れてくるに従って、マメもできにくくなると思います。

裸足ランに慣れた後で、通常のシュ-ズを履いて走ると・・・・
何だかこれまでと違った感覚でランできると思います。

つまらなかったトレッドミルが面白く感じるかも!?
お試しください。

| | コメント (0)

«秋のレースエントリー