« 藪塚元旦マラソン | トップページ | 足の痛み »

2012年2月12日 (日)

第58回桐生市堀マラソン

藪塚元旦マラソンから一ヶ月。

今年もホームレース(ホームレスじゃないよ?)ともいうべき、

堀マラソンの時期が来た。

1月には仕事で出張に3回、別の場所に行ったが、いずれも

雪が降り、大変な思いもした。寒かったし。スーツ姿で走ったりもした。

堀マラソンは例年、前日に雪が降ったりしてるので、

今年は大丈夫だろうか?

今年の堀マラソンは初めて、ハーフマラソンを走る。

堀マラソンとして、ではなく、これまで自分自身、一度もハーフのレースに

出たことがない。

順序が逆になったが、2ヶ月前、佐野でフルマラソンは走ったが、

ハーフではペース配分も気構えも違う。

ハーフをなめているわけではなく、自分なりに計算があった。

フルは距離自体が未経験だったし、実際練習でもエネルギー切れを

経験しているのでペースはキロ6分。エイドも有効利用した。

一方、ハーフマラソンは、レースには出ていないが、距離は経験済みだし

フルの前にもこの堀マラソンのハーフコースを練習に使った。

よって、下見はバッチリだし、おそらくエネルギーも切れない。

・・・ということで、レース前日(昨日)、スマーク伊勢崎のXEBIOでウェア類を

物色してきたのだ。どうせならオシャレな感じにしたいと。

今回は赤を基調にした。手袋やリストバンド、ポーチも赤系で統一。

キャップは迷ったが、値段も高いので、黒系にしておいた。

Photo

(上の写真は走り終えた直後)

迎えた当日。

雪も降らず日差しもあった。

受付は7時半~8時なのだが、8時近くに行ったらハーフや10キロは長蛇の列。

ハーフのスタートは9時からなので、あまり時間にも気持ちにも余裕がない。

受付を終えて、子供たちと文化センター内に入り、ゼッケンやチップをつける。

そこで、同級生のラッシー君に会った。

彼も去年も出場しており、今年も5キロに出場するらしい。

同級生で同じように走っているのは元気づけられる。

スタート位置に向かうと、最前列よりはちょっと後ろになった。

堀マラソンのハーフコースはおおよそ、前半上り、後半下りなので

前半はやや抑え気味、後半スパートの作戦を立てる。

スタートした。

距離表示があるのか不安だったが、まもなく「1キロ」の表示を見つけた。

時計を見ると4分33秒。スタートのもたつきもあるのに?

前半はキロ5分くらいで考えていたのでオーバーペースだ。

・・・と本人はオーバーペースと思っているくらいなのに、

このあたりからどんどん抜かされる。

みんなが速いのか、自分が遅いのか?

みなさん、レース始まったばかりですよ?

続く2キロ地点では4分52秒(トータル9分25秒)。まぁまぁいい感じ。

3キロの表示は見落としたようで、4キロ地点で19分13秒。

あれ?まだキロ5分以内だけど、ちょっと遅すぎかな?

続く5キロ地点までが4分58秒(トータル24分11秒)。

初めてにしてはタイム的には計算どおりかな。

足はまだまだ大丈夫だけど、呼吸が少ししづらい。

一応ブリーズライトをつけてはいるものの、なんか詰まる感じ。

この5キロ地点(10キロ折り返し)の後は、9キロ地点まで距離表示が

わからなかった。あったのかなかったのか。

カインズホームが見えてくると、ようやく本番という感じ。

練習ではこのあたりから二渡神社までを、何度か走ったので、安心感がある。

このあと出てくる上りもどんと来い!

中には少し脱落気味の人も出てきたけど、ほとんどのみなさんが

苦もなく登っていく感じ。うーん、アドバンテージにはならないかぁ。

折り返し地点がいったいどこなのか?

それが今回判明する!

二渡神社をそのまま通り過ぎると、しばらくして

「あと100mで折り返しぃ!」

と叫んでいるスタッフの方が。

良かった~、あの神社横の急坂上りじゃなくて。

折り返して時計を確認。50分45秒。

単純に考えると同じ時間で後半走ると、1時間40分ちょっと。

計算どおりではあるけど、1時間40分は切りたいなぁ。

後半は下りがチラホラ。体の力を抜きながら、なるべく足を前に出す。

梅田橋をすぎて、いよいよ本格的な下りコース!と思ったら、

すごい強風、向かい風。

下りなのに、全然前に進まない。

どうにか前傾姿勢を取ろうと努力する。

後半、練習のときのように5~7分短縮してフィニッシュの予定が、

ここでペースを上げられず、苦しくなった。

「あと5キロ」の地点まできたとき、時計はすでに1時間16分04秒。

残りをキロ5分で行ったら1時間40分は切れない。

キロ4分でいかなくては。

フルに比べたら、距離は半分だ。

残りのエネルギーをどんどん使ってしまえ~!

街中に入り、あいかわらず息がイマイチだ。

足は痛くないけど、なぜか手の指先がマメができたように痛い。

あと2キロ、あと1キロのところで、さのフルマラソンの最後を思い出す。

まだいける。

今年はさいごのコースが変更になり、大通りから細い路地に誘導された。

これって追い越し禁止なんじゃないかってくらい狭く感じた。

ふたたび大きな通りに出て、目の前を走る高校生くらいの女子軍を

最後のスパートで抜いてゴールした。

記録は1時間38分34秒。

堀マラソンのコースは公認じゃないので参考タイムだけど、

それでもとりあえず、目標の1時間40分は切れた。

初めてのハーフ挑戦はこうして終わった。

次は4月の前橋シティマラソンだ!

|

« 藪塚元旦マラソン | トップページ | 足の痛み »

コメント

お疲れ様でした。拙ブログもご高覧いただきありがとうございます。
ハイレベルな貴殿とは余りにもレベルが違いすぎて汗顔の至りですが、今後共よろしくお願いします。
両毛地区のランニング大会でぜひお会いしましょう。

投稿: すずき@東毛 | 2012年2月13日 (月) 12時05分

すずき@東毛さん、ご訪問ありがとうございます!
ハイレベルだなんてとんでもないです。
運良く、ひどい膝痛にならずに済んでいるだけですよ。

すずき@東毛さんの記事を読んで、下りの走り方も
参考になりました。今度ためさせていただきます。
どこかの大会でお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: ぐらんどばん | 2012年2月13日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藪塚元旦マラソン | トップページ | 足の痛み »