« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月 9日 (金)

足の痛み

昨日、職場のランナーズクラブの練習を行った。

「練習があった」ではなく、「練習を行った」としているのは、

自分が代表で声をかけてやっているからだ。

ランナーズクラブをサークル申請後、初めてと言っていい練習には

5人が参加。

4.5キロのコースを自分が先導してキロ5分程度のペースで、まず1周。

その後は、各自のペースにまかせてもう1周した。

練習は特に問題なく、終了した。

問題はその後だ。

続いてバドミントンに合流するため体育館に向かった。

体育館入り口で、履いていたランニングシューズを脱ぐとき、

きっちりと紐が結ばれていたシューズから足を抜こうとして

右足ふくらはぎに激痛が走った。

攣った。

痙攣している。

ものすごく痛い。

まるで肉離れでも起こしたかのように痛い。

またやってしまった。

この現象は休日のランニング後にもちょくちょく起こしている。

走って痙攣を起こすのではなく、玄関先でシューズを脱ごうとして

毎度痙攣を起こしている。

走った後で足が疲れているのかもしれないが、それにしても

毎度毎度懲りないというか、情けない。

ちゃんと靴紐を緩め、立ったまま脱ぐのではなく、

座ってシューズを外すように脱げば、きっと大丈夫だと思うのだが、

毎度ものぐさして脱ごうとして、この体たらく。

この痛み、翌日の夜現在に至っても、すごく痛い。

今度の日曜は「はるな梅マラソン」があるが、自分はエントリーしていない。

良かった。

こんな痛み抱えて走ってもろくな走りはできないかもしれない。

4月に出場予定の前橋シティマラソン前には、こんな事にならないよう

注意してシューズを脱がなければ。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »