« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月20日 (日)

谷川真理駅伝2012

2012年5月20日(日)
今年も谷川真理駅伝に出場!
今年はなんと職場のランニングクラブから3チーム!
この日のためにチームユニフォームも揃えたし。
この年齢にしてユニフォーム着てチーム戦に出られる幸せ。
大勢で参加すると、まさに部活気分だね。

大会会場は昨年と同じく東京荒川河川敷。
そこにある陸上トラックがメイン会場で、川沿いに伸びるサイクリングロードがランニングコース。
前橋からは6名が車1台に乗り込み、会場へ。
現地で残りの6名と合流。

自分たちが出場していない一昨年までは雨にたたられる駅伝大会だったようだけど、昨年に引き続き今年も天気は快晴。
晴れ男、晴れ女がいるのかな?

メンバー全員の署名捺印をして、受付へ。
タイム計測用チップを内蔵したタスキ、参加賞のTシャツ、ゼッケンなどを受け取る。
昨年の大会は震災後ということもあって、ペットボトルでの水配給はなかったんだけど、今年は配られました。

男子の部スタートは9時15分。
うちのチームにはミッチーという可憐な熱血女子ランナーも走るんだけど、女子が2名以上いないと男子の部にしかエントリーできないのだ。
ミッチーならそんじょそこらの男子にも負けないと思うが。
男子の部参加チームは806チームあったらしい。
駅伝としちゃかなりの大規模。

さて、うちの3チームのチーム分け。
今年は年の順(入社年度順)に決めてみた。
年長チーム(自分はココ)、年中チーム、年少チーム。
自分は今年はアンカーを走ることに。
お昼ごはんを賭けて3チームでバトル!
しかも年長チームは年中チームに10分、年少チームには
13分もハンデを「与えて」勝負することに!
若いもんが年寄りにハンデもらうってどうなん?

そして9時15分。
メイン会場の陸上トラックからスタート。
約800人が狭いサイクリングロードめがけて突っ走る。
1キロちょっといったところで最初の折り返し。
再びトラックに戻ってくる。
最初に戻ってきたのは年長チーム−プジョー君。
今度は3キロの表示の少し先で折り返し、トラックに戻ってタスキをつなぐ。
年長チーム、次に年中、ちょっと遅れて年少チームとタスキリレー。

2走になると年長チームは先輩のS沢さん、年中チームはウメちゃん。
ともにエースの実力で互角の戦い。
差が詰まりも開きもしなかった。
年少チームは新人のゼコさん。
やや遅れ、年少チームは差を広げられる。

3走は年長チームO沢さん。先輩のS沢さんと同期入社だが現在は東京勤務。
経験は自分など足元にも及ばないが、最近は忙しくて練習できていないらしい。
年中チームもウメちゃんからI川へ。
I川は真っ白に燃え尽きそうな激走!(実際走り終えた後、髪の毛が真っ白であった)
一方、年少チームはここでエースのモットくん登場。
昨年のタイムを大きく更新する快走で一気に差を詰めてきた!

そしてアンカーへ。
O沢⇒ばんへとタスキリレー。このタスキ・・・重い!
みんなの汗を吸い取ったタスキは、とても重くなっていた。
でもその分、走っても安定はしている。
最初の折り返しを過ぎ、トラックに戻ってくると声援とともに8分差(年中チームと)だと聞かされる。
これから5キロでさらに2分差をつけないと負け。
厳しい戦いを強いられる。

わずか5キロのレースではあるが、ピーカン照りの暑さで給水は必至だと思い、給水所でカップを取ってみたが・・・
・・・咳き込むわ、タイム落ちるわ・・・最悪。OTL
この影響で、3キロ過ぎの折り返し地点までタイム急降下。
折り返してから気持ちを入れ替えてペースアップしたけど。

最後のトラック。
目の前に4人ほどランナーが見える。
目の前にいるけどなかなか抜けない。
相手も最後の頑張りなんだろう。

それでも残り10mくらいを死にもの狂いで駆けて抜いた!
ばんお決まりの「最後だけは全力疾走」!
ゴールテープを切った!
しばらくそのままゴールテープをひきずった!
すみません。。。体にからんじゃって。

そのままタスキの返却と記録証引き換えに行ってしまって残りメンバーのゴールシーンを見逃したのは失敗だった。
アンカー対決は3人ほぼ互角の戦いで、各チームのタイム差はそれほど変わりませんでした。

<最終結果>
年長チーム 1時間25分42秒 (127位/806チーム)
年中チーム 1時間33分58秒 (339位/806チーム)
年少チーム 1時間36分12秒 (419位/806チーム)

3チームのタイム差は
年中チーム(年長チームに対し+8分16秒)
年少チーム(年長チームに対し+10分30秒、年中チームに対し+2分14秒)

今回のハンデ戦のルールでは、
1位:年少チーム、2位:年中チーム、3位:年長チームとなった。

<教訓>
ハンデ戦は目の前に相手がいないので難しい。
タイム差なんて聞かないとわからないからね。
次回はチーム力を平均化してハンデなし戦にしようかな。

<余談>
昼食を予定していた店は食べ放題バイキングランチの店は満杯で入れず、別の店で昼食。
おかげで出費が倍以上!
運転手でもある自分はビールも飲めないし。
来年は予約を入れよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

2012鹿沼さつきマラソン

2012年5月13日(日)
鹿沼さつきマラソンに参加してきました。

今年から挑戦し始めたハーフマラソン第3ラウンド。
参加者が1万人を超える栃木県最大規模の大会。
これまでの桐生市堀マラソン、前橋シティマラソンと違い
まったく走った事のない大会で、コースも知らない。
今回は一緒に参加するメンバーも知り合いも誰もいない、
たった一人での遠征。
果たしてどんな結末が待っているか!?

自宅から大会会場まで約80キロ。
この大会は事前にゼッケンが郵送されてきているので
当日の受付は必要ない。参加賞の引き換えは当日だけど。
スタート時刻の20分前、9:40までにお越しください
と案内には書いてある。

ところが8時くらいから会場周辺は交通規制。
駐車場は早めにいっぱいになってしまうらしいので、
結局は早めに行くしかない。
電車で行く手段もあるが、駅から結構離れているのと
シャトルバスは朝のみ、ということなので、走った帰りに
重い荷物(遠方からの参加者にはさつきの苗木など)を
抱えて歩きたくないので車で行くことにした。

7時半ごろに駐車場に到着。駐車場から会場まで歩きで15分ほど。
会場まで歩いていると、苗木をかかえて駐車場に戻っているらしき
人々が結構いるので、自分もそうすることにした。

会場は小高い山の上の野球場なのだが、スタート地点は会場から
駐車場とは反対方向に歩いて15分ほどの街中。
走るまでに結構歩かされる大会だ。

ハーフスタートは10:00だけど、スタート地点まで遠いので
9時過ぎくらいから集合してくださいと放送が流れる。
会場周辺の地理に詳しくないので、他の人の移動に合わせて
スタート地点に向かった。

街中の大通りがスタート地点。
歩道や建物の二階などからも応援の人が見える。
規模は違うけどテレビで見た東京マラソンのスタートのようだ。
スタートの号砲でランナーが拍手。紙吹雪は舞わないけれど。

スタート地点を20秒ほど遅れて通過。
混雑していて走りづらい、というほどではないけれど
やや周りのペースがゆっくりめに感じられる。
6分経過・・・距離表示が見つからない・・・10分経過・・・見つからない
あれ?距離表示は1キロごとにあると書いてあったけど。。。
距離表示が見つかったのは4キロ地点。
タイムは19分くらい。
ゆっくりめに感じたけどそれほどでもないペースかな。
このまま行けばハーフ1時間40分ペース。
どこかでペースアップできれば、40分切りも夢じゃない。

しかし試練が待ち受ける。
気温が上昇し、給水を早めにしておこうとしたところ・・・
テーブル上にカップがない!
スタッフさんが急いで継いでいるけれど、間に合わない。
次に期待するか・・・
しかし次の給水ポイントでも同じだった。
ペースが乱れただけで給水できず。

3度目の正直でカップは取ったものの、
カップになみなみ継がれた水を走りながら飲むのは厳しい。
むせるようにして水を飲む。
カップ半分でいいのになぁ。
ますますペースが乱れる。
給水のたびにペースを落とし、このあたりキロ5分以上かかる。

9キロ付近でこの先折り返し、とある。
戻ってくるランナーがいないけど・・・そんなに前を走ってるっけ?
10キロすぎて、ちらほら折り返したランナーとすれ違う。
ここでポーチに入れたジェル飲料を流し込む。
暑さでぬるくなっててまずい。
飲み終わったゴミをポーチに戻すのに手間取り、キロ6分近くまで
ペースが落ちる。

11キロ・・・まだ折り返しじゃないのか・・・12キロ・・・13キロ
いつになったら折り返すんだ!?
13キロ表示の先になって、ようやく折り返しが見えた。
こんなに先だったとは。

でもあと8キロちょっと。下りでペースアップしよう。
ペースを上げたつもりでもキロ4分40秒から50秒くらい。
あまりペースがあがらない。
途中、弱めのシャワーをかけてくれているところがあり、
キャップを外して頭にあびる。

あと1キロの表示。時計は1時間37分。
40分切りは無理でも前橋シティのタイムを超えたい。
ところがここからは急激な上り坂の連続。
しかも最後の最後に会社の階段くらいの急坂が迫る。

坂でバテバテになりながらも上りきるとゴールは目の前。
時計は1時間42分50秒!
数十メートルを最後にダッシュしてゴール。
タイムは1時間43分ジャスト。43分も切れなかった。

暑さと坂と格闘した大会だった。
ただ完走を分かち合う仲間も応援も誰もいないのはさびしい。

自分の荷物の場所にいってエアサロンパスを吹き付けようと
かがむと両足が激しく攣った。
周りの目を気にして、なんとか悟られないようにガマン。
でも目の前を通過した小学生くらいの男の子が不思議そうに
こっちを見ている。

なんとか歩けるようになり、シューズを履き替えたくて
上ってきた坂を下りる。近所のコンビニで一服。
そしたらまた足が攣り始めた!だめだ。

駐車場までシューズを履き替えに戻るのはやめて、
手持ちの小銭で焼きそばと焼き鳥を買って食べ、
会場を一人さびしく後にした。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »