« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月27日 (日)

【大会レポ】第61回勝田全国マラソン(2013)

<大会について>
自分の初出場大会はまだまだ続きます。
今回は茨城県のひたちなか市で開催された勝田全国マラソン。
全国屈指のマンモス大会です。
何しろ定員締め切りがないというある意味すごい大会。
大会全体では2万人以上がエントリー。
フルだけでも本日1万2千人くらいが走ったようです。

昨日は初めてのマラソン遠征一人宿泊。
前夜祭(夜ではなかったけど)ではエリックワイナイナ選手と
握手したり一緒に写真を撮ってもらったり。

P1020776640_2
太鼓の演奏も見事でした。
期待していたカーボローディングパーティは夕飯いらずかと
思ったら肩透かし。ほんのちょっぴり2種類パスタの試食ができる
だけだったので、結局夜はラーメンを食べに行きました。

ホテルは会場とは逆方向ですが駅から徒歩3分ほど。
24時間換気扇が回っている、という割りに入ったらタバコ臭い。
エアコンつけると暖まるけどすごく乾燥するので、寝る前には消し、
マスクをして寝ました。

<当日朝>
宿泊したホテルの朝食は味噌汁は熱々で嬉しかったですが、
おにぎりは前日から作りおきしていたような固さでした。
駅の近くで不便はなかったので次回宿泊するなら朝食はヌキで。
前日のイベントでは今日はマイナス5度!といわれたんですが、
天気は快晴。

この1週間は練習ではなく体調との戦いでした。
いくら練習しようが故障や体調不良じゃ意味がない。
体重が増えるのは今回は気にせず食事と睡眠で調整。
幸い「熱だる」っぽいのは抜けましたが鼻と喉がまだ不調。
咳き込むと呼吸が苦しくなるので、のど飴をポーチに。
鼻水はティッシュだと鼻の周りが荒れてしまうのでハンカチもポーチに。

ホテルを出る頃には日差しが強く暖かく感じました。
駅につくと会場までの無料送迎バスがどんどん来ました。

<本日の目標と作戦>
本日の目標、「完走」。
毎回これです。
成長しません、自分。

これまでも豪雨とか強風とか渋滞とか、毎度苦しんでるけど
今回は体調不良。
でも苦しみながらも毎回タイムは徐々に上がってるので、
今回もひょっとするとベストとか出ちゃったりして?
・・・なんて甘い考えも少しあったりします。

大規模大会だから最初は5分くらいスタートロスするとして、
最初の5キロを30分、
それからキロ5分ちょいぐらいのペースで半分まで1時間50分。
後半はキロ5分をちょい切るくらいで最後スパートして
前回のさのと同じくらいの3時間38分くらいを目標に。

<スタート前>
9時くらいに会場に到着。
参加賞の引き換えをして荷物を預けました。100円。
ブルーシートも敷いていて、水や上着はここに置きっぱなし。

事前情報に寄れば勝田の公設エイドは食料はほぼ無く、
通過時間によっては水もないと聞いていたので、エイドに頼らないため
200mlペットボトルの水1つ、ゼリー3個、塩キャラメルやのど飴を適当
にいっぱい。
さらに別のポーチにはウォークマン。
ARES GPSをレースで初めて使います。

トイレはかなりの行列でしたが流れが早く10分ほどで済ませました。
そしてスタート地点へ。
自分はEブロック。
スタートの横断幕のある道路じゃなくさらに曲がった先に並ぶことに。
すっごい後ろです。
ずっとMCの方が並んでる状況とか大会の事とかマイクパフォーマンスで
楽しませてくれてるのであきませんが、後ろ過ぎて不安いっぱい。

<スタート!全然すすまねー!>
10時30分にスタート!・・・したらしい。
マイクでスタートした、と聞いただけで号砲なんか聞こえやしない。
あわてないで進んでくださいという放送どおり、あわてないからか
まったく進む気配なし。
5分ほどしてようやく歩き出した感じ。

ジョグ程度に走り出したのはスタート地点をすぎてから。

Start地点まで 00:07:43

スタートロスで、もう8分弱、過ぎてますけど。。。
今日は完走できればいいって行ったけどさー。
それにスタート地点を過ぎたら走れるってわけじゃありません。
渋滞中でまた停まったり歩いたり。

ようやく最初の角(Eブロックの人は2つめの角ね^^;)を曲がると
中央分離帯のある片側4車線の大通りを両方向ぶち抜きでランナーが走ってる!
すごい!壮観だ!
ランナーだらけ!

あれ?
あたしちゃんに似た人が中央分離帯に・・・
(走った後でメールしたらご本人だったそうです)

1K 0:05:57
2K 0:05:21

でもEブロックの自分がようやく大通りにきたばかりなのに、
なんでFブロックの人たちが前のほうに大量にいるんだろ?
FブロックってF(フリー)って意味?かなぁ。
実は優先枠?
それと走り始めて早々なのに、おしっこも行きたくなってきた。

3K 0:05:19
4K 0:05:18
5K 0:05:16

5K通過(00:35:21 LAP 0:27:38)

「F」でもすごい勢いで右に左に抜いていく人もいる。
大通りを横に走ってるんじゃないかってくらい。
あれで最後まで持つのかなぁ、と心配してみたり。

それにしてもやっぱ大規模な大会は違いますなー。
これだけ大きな通りを走っていても渋滞するとは・・・。
東京マラソンとかもこんなんかなー。

そんなに必死に飛ばそうとはしてないんだけど追いついちゃって
ぶつかりそうになりブレーキかけたり、左右にかわしたり、
一旦後ろに回ったり。

足に負担かかるけど、もう少しペースの速い位置まであげないと
いつまでたっても渋滞の中にいるようだろうし。

そういえば7キロあたりで給水ポイントだっけ。
少し早いけど気分転換にゼリーを飲んでみる。
さらにハンカチで鼻をかむ。
鼻スッキリぃ。

6K 0:05:14
7K 0:05:20

両側ぶち抜きは終わって片側だけにランナーを集められる。
道幅が狭まったけど、まわりのペースはそれほど変わらない。

男数人でおしゃべりしながら横一列。
こういうのが抜きにくいっす。困りモノ。
間を裂くように抜きづらいから一番端まで行ってから抜く。

おしゃべりというと女性のイメージだけど、女性ランナーは
単独でストイックに走っている人多し。

高齢のランナーも大体ストイックにがんばってるんだけど、
まっすぐ走ってなくて、右に逸れてきたり左に寄ってきたりと
ご本人の意思なのか知らずにそうなっちゃうのかわからん。

また鼻をかむ。
ハンカチをポーチに戻すのが面倒。
ゼリー飲むときにハンカチ落とすと困るのでリストバンドに挟むことにする。

8K 0:04:58
9K 0:05:11
10K 0:04:56

今回はシューズの不安はなくしておきたくて、ニューシューズのアミュレット
じゃなく、さのとか走ったネクサスで走ってます。
でも右足裏が少し痛くなってきた。ええ!?
足に負担かかってるから?

10K通過(01:01:22 LAP 0:26:01)

10キロでもう1時間越えてます。
サブ4も厳しいかも。

11K 0:05:01
12K 0:05:12
13K 0:04:54
14K 0:04:46
15K 0:05:04

そういえば尿意はほどんどなくなった。
汗で出ちゃったか?
鼻水はとまりませんけど。

15K通過(01:26:31 LAP 0:25:09)

前方に「C」をつけたランナー。
この人がいいペースで走ってそうだったので少し後ろをついていく。
ARESで確認してみると、大体キロ5分ペース。

おお!この人についていけばもしかするといいとこいけるかも。
でも坂道になった途端、Cの人と自分の間のランナーたちがペースダウン。
あららー。先にいってしまったよ。

16K 0:04:48
17K 0:05:00

ランナー渋滞のコース中、誰かが背中にそっとタッチ。
あれ?ダレ?
と思ったら、なんとワイナイナ選手!
ランナーに次々と激励タッチしていきながら風のように抜けていった。
さすが!すごすぎ!
こんなに渋滞しててもキロ3分くらいの圧倒的な実力差があれば
問題ないって事だいね。

18K 0:04:56
19K 0:05:04

右前方に割とシンプルな白っぽいウェアの女性ランナー発見。
後ろで髪を止めた姿が、RC赤城颪のミッチーにそっくり!
しかもそのランナー、いいペースで走ってるし。
よし、少し後ろを走らせてもらっちゃおう。

20K 0:04:52

給水ポイントとその先の下り坂で女子ランナーをパス。
・・・でも上り坂で抜かれた。
うん、いいペースだ。やっぱついていこう。

おや?さっきの「C」のあんちゃんランナーとも遭遇。
Cの人もこの白ウェア女子ランナーの後ろを走ってるみたい。

上り坂で2人をパス。
だいたいキロ5分をちょい切るくらいのペース。

20K通過(01:51:26 LAP 0:24:55)

このあたりで交通整理の警官?から停止指示。
「車を通しまーす」だって。
ありゃー。
まぁこれだけ大規模だからランナーが全員通過するの待ってたら
ダメなんだろう。ますます記録が遠のくが・・・。

21.0975K通過(01:56:50 0:05:24)

ハーフで2時間近いんだから相変わらずサブ4ギリギリペース。
しかもさのでは感じなかったこの時期に、すでに足が疲れ始めてる。
やはり渋滞ランは余計な負担がかかってるんだろうか。

21K 0:04:50
22K 0:04:57
23K 0:04:51
24K 0:04:57
25K 0:04:44

ペースメーカーを失い、とりあえず淡々と走ってます。
足に極力力をいれず、筋肉を硬くしないようにと走る。
まだ半分だもんなー。
こんなに足疲れてて最後まで持つのか?

そんな最中、会社の東京事業所のNさんを発見し、パス。
昨年夏の宮ケ瀬24Hリレーで選手兼監督だった方。
後ろを振り返りながらごあいさつ。
「がんばって」と言われちゃったので抜き返されないようにがんばろう。

さらにこの辺だったかHRCのTシャツを発見!
後ろから声かけすると「うおさん」でした。
ちょっと会話してパス。
お先へと言われるとまた若干ペースが上がる。

25K通過(02:16:01 LAP 0:24:35)

26K 0:04:46
27K 0:04:46
28K 0:04:38
29K 0:04:42
30K 0:04:36

今度は逆に後ろから声をかけられました。
自分の別ブログ「ぐらんどばんのスポーツモード」でコメントいただいた
「ランナー休業中」さん。
後ろから声をかけられたので「お先にどうぞ」と言ったのだが、
そのあと後ろに下がられて後はわからず。

次はさのマラソンでも一緒に走ったジョグノリンクの「まぁさん」にも
声をかけてもらいました。
まぁさんに「お先にどうぞ」と言われてまたもプレッシャー。
またちょっとペースが上がる。

それにしてもみなさん前の方走っているんすねー。
まだ30キロだし、足が疲れてきてるし、この後抜き返されるかも。

30K通過(02:39:41 LAP 0:23:40)

キロ5分台なし。
このあたりでキロ4分40秒前後は今の自分には上出来。
今回のレースで最速区間は他の方の「お先にどうぞ」が効いたな。

31K 0:04:34
32K 0:04:48
33K 0:04:50
34K 0:04:48
35K 0:04:58

すでにハーフあたりで足がヤバイから、30キロの壁で潰れるか!?
と思ったけど、キロ5分切りペースは継続。

35K通過(03:04:01 LAP 0:24:20)

すでに3時間をオーバー。自己ベストとかは厳しいかな。

36K 0:04:40
37K 0:04:48
38K 0:04:54
39K 0:04:54
40K 0:05:04

このぐらいまで来ると道端で屈伸したりペース落ちたりしてる人多し。
またちょい渋滞気味になってきた。
キロ5分台も出ちゃったし。

40K通過(03:28:37 LAP 0:24:36)

この区間トータルではまだキロ5分はきってる。
上出来、上出来。
このあたりでBGMが最後の頭文字Dバトルミュージックに。
これは3.5時間が経過してしまった事も物語っていた。
でも残り2キロちょい。
ラストスパート開始!

41K 0:04:48
42K 0:04:41

ゴールゲートが見える!
・・・となればいつもの全力疾走!
抜けーーーっ!

0.195 0:00:54(キロ4分36秒)

ゴール!

Finish (03:39:00 LAP 0:10:23)

3時間39分ジャスト(グロス)。
・・・自己ベストじゃなかったデス。

スタート地点からのネットタイムでは
3時間31分17秒。
ネットタイムでは自己満足のベストだけどサブ3.5は未達成。
ランナー渋滞や体調不良で完走が目標だったことを考えれば
贅沢なんだけどちょっと惜しい気もする。

<今回の振り返りと今後の課題>
今回は前半渋滞でペースが乱れたとはいえ、ハーフ以降はキロ5分切りペース
を最後まで保持できて、ラストの落ち込みもそれほどなかったのは良かった。
(ネットタイム 前半:01:49:07 後半:01:42:10)
レースで初めて使ったARES GPSはレースでの距離表示に左右されずに
ペースがわかるので非常に便利だった。
あまりちょくちょく見てしまうと良くないけど、確認したいときに
確認できるのはいいものだ。

課題は、この後予定されているフルマラソンは3月の板橋シティマラソン、
4月のかすみがうらマラソンともに勝田に負けず劣らずの大規模な大会。
きっとまたスタートロスも大きいし、ランナー渋滞も出るだろう。
この上でグロスタイムで自己ベストを出すのは容易なことじゃない。
ワイナイナ選手みたいに圧倒的に速くなるしか手がないのか?
キロ5分切りではなく、キロ4分半のイーブンペースで走れるようになれば
グロスでサブ3.5も見えてくるだろうか?

| | コメント (6)

2013年1月18日 (金)

【ランニンググッズレポート】ARES GPS ULTRA AR-2120GLEC④

<日中街中周回コース編>
知っている方には当たり前のことだと思うけど、GPSウォッチでも
スマホのGPSでも、現在位置の取得のためサンプリングを行っている。
このサンプリングによって折れ線クラフのように走った軌跡が
描かれるわけだけど、直線やゆるやかなカーブでは誤差は出にくいが、
交差点のような直角カーブではショートカットしたような軌跡に
なることもあるので、測定距離に誤差が出てくる。

じゃあ、サンプリング間隔は短ければいいかというと、同じ距離を
測定するために記録するデータが増えるので、記録メモリを圧迫するし
サンプリングのための通信によるバッテリー消耗が激しくなる。
単純にメモリやバッテリー容量を大きくすれば、重くなるので
スマホにしろGPSウォッチにしろ携帯するものとしては望ましくない。

ARES GPSではサンプリング間隔が5秒程度らしい。
5秒というのは結構長くてキロ5分ペースで走っているとすれば、
1秒あたり3.33m進むわけで、5秒だと約16m進む。
だから小さな周回をすれば誤差が大きいかな、と思って
今日はいつもの前橋市民文化会館の周回コースを使って試してみた。
1キロごとのオートラップでなく1周(約600m)ごとにラップ計測をした。
結果は思ったほどばらつきはなかった。走った軌跡を確認してみたが、
ショートカットが多かったという事もなかった。
むしろ直線を走っているときにたまに建物内に飛び込んだような軌跡に
なってるところがあって、これは前橋市民文化会館は周囲に高い木が
生い茂っているので、そちらに影響されたのかもしれない。

体育館のような建物の中では、元々GPSランはできないので、
少なくともランニング用途に使うのであれば、道路幅程度の誤差など
問題ないと思うが、今後試す予定の山道ランでは、周りに高い木は
いくらでもあるのでこれがどんな結果になるのか興味深い。

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水)

【ランニンググッズレポート】ARES GPS ULTRA AR-2120GLEC③

昨日の続きです。

<日中街中編>
今日は衛星検索は着替えを終え、外に出てから行った。
歩きながらよりも停まっていた方が早く終わるかと思い、検索スタート。
何もしないで待ってるのもツマラナイので、準備体操をしていたら
そのうちに12時8分ごろ検索終了。
この時間から走れれば昼休みGPSランもできそう。

スタート地点が50mほど違うものの、昨日は利根橋を渡りきるまでが1km。
今日は1.3kmだった。そういえば昨日は信号待ちで一度GPSをロストしてた
みたいだから、それが影響したのかもしれない。
50m後退して1.3kmならGoogleMAPでの測定値と大差ない。

路面の凍結は機能よりもだいぶマシだった。
でもいいペースで走れるかと思うと信号にひかっかり、その都度ARESでの
計測を手動で一時停止するのが面倒だ。
それに誤ってストップを2度押ししてしまえば計測終了でセーブされてしまう。
ロードの練習ではオートストップがあれば便利なのに、とは思う。

昨日はARESの操作を優先して手袋なしで走ったが、さすがに路面が凍っている
状況では風が冷たくて少し後悔した。
今日はスキー手袋をして走った。
このスキー手袋はやや腕の方までかぶってしまうので、ARES GPSが隠れて
しまいそうだった。
とりあえず衛星のロストはなかったが、手袋の影響か、オートラップの
アラーム音がほとんど聞こえなかった。おかげでペースが見れず。
昨日はよく聞こえたし、手袋を外してデータセーブするときのビープ音は
よく聞こえたので手袋のせいだと思う。

エキータに戻ってくると5.4kmでこれまでの記録とほぼ一致。
今日はスタートしたセーブオン前まで行ったので5.5kmになったけれど。

<夜間街中編>
今夜は今年初めてのRC赤城颪合同練習会。
みんなが今年になって走ってるかわからないので、今日は軽ジョグにした。
コースは今日の昼とほぼ同じ、利根川サイクリングロード。
夜ランで時間はあるので大渡橋まで行って帰ってくる。

夜ランではスキー手袋の上にARES GPSをつけてみた。
こうすればARESが手袋で隠れることもないだろう。
GPSの検索に関してはこれでよかったと思うが、昼間感じたアラーム音の
聞き取りづらさは同じだった。
でも、隣を走っていたメンバーが気づいたくらいだから、問題は自分かも?

夜間は18:00か18:30になると液晶の青いバックライトが常時点灯になった。
これは時間など設定で変えられるらしい。
夜間はただでさえ暗いので、ライト替わりにもつけておいた方がいいだろう。
肝心の夜間の表示の見易さだが、残念ながら自分には見づらかった。
常時点灯なので走るのをやめて止まってみれば見えるのだが、
走りながらでは通常の3段表示も、オートラップでの表示も文字が読めない。
ただしこれは個人差があると思うので、一概に見づらいかどうかはわからない。

ちなみにこの常時点灯だが、タイム計測中だけバックライトがつく。
つまり、計測を一時停止したり、中止したりするとバックライトはつかない。
もちろん手動でつけることもできるが、これは信号で一時停止した後など
ちゃんと再計測が始まったかどうかライト点灯の有無で確認でき、いちいち
ストップウォッチの表示を確認する必要がないので、とても良いと思う。

<データのダウンロード>
家に帰って昼ランと夜ラン、ついでに駅から家までのランデータを
ARESからPCに一括して取り込んだ。
クルマでのお試しのときより、断然速くダウンロードが完了した。
時間計測はしなかったが1分ほどだろうか。
ちょっと目を離したすきに終わっていた。
ジョグノートへのリンクも失敗することなくすぐに終わった。

バッテリー残量だが、残り80%を示していた。
この残り表示は10%ごとと大雑把なので、80~89%までの
どの程度かはわからない。

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

【ランニンググッズレポート】ARES GPS ULTRA AR-2120GLEC②

昨日はとりあえず基本の使い方をやってみましたが、
今日はいよいよARES GPSをつけて走って見ました。
以下、ARES GPSレポートです。

<街中使用編>
最初はGPSの検索からです。

昨日自宅(一軒屋の2階)では部屋でも検索できましたが、
今日は職場のあるエキータの中で、昼休みランのために
着替えてる最中に検索開始。

着替え時間は5分ほどでしたが、やはり検索が完了しません。

そのまま外に出てみました。
いつもなら走り始めるスタート地点を過ぎ、最初の信号。
ここでようやく検索が完了。外に出てからは1分半ほど。
着替え時間を使って検索完了というわけにはいかないですね。
昼休みは時間が限られているので、GPSランは少し厳しいかも。

いよいよ検索完了地点からGPSランを開始しました。

ランモードでの表示はいくつかの表示パターンの切り替えが可能。
今日は初期設定の3段表示「走行時間」「距離」「現在時刻」で
走りました。
現在時刻はレースではあまり使わないでしょうが、昼休みランなど
時間が気になる練習では、タイムと同時に見られるのはありがたい。

これまで使っていたランニングウォッチ「SEIKOランナーズ」は
時間測定を始めるとLAPと総走行時間の2段表示に変わり、時刻を
確認するには、ボタンを押して表示を切り替えなければならず、
時刻表示中はタイムは見られないので不便でした。

今回はGPSウォッチには不得意な短距離の周回コースはやめて、
利根川サイクリングロードのコースへ。
エキータからサイクリングロードに入るまでは、道路の標識や
GoogleMAPでの距離測定では1.2km。
今回は最初の信号まで(約100m)歩いてから開始なのですが、
ARES GPSの距離表示では約1.0km。100m程度ズレがあるような。

でも、サイクリングロードで利根橋~中央大橋まではGoogleMAPも
ARESでも1.5kmでほぼ一致していました。
街中といっても直進だけだったので、ちょっとまだ原因不明です。

途中1kmごとにオートラップが機能してアラームが鳴り、
距離とペースが表示されます。
今日の天気は晴天。
2段表示でしたが、やや老眼が入ってきた自分の目でも、
走りながら確認できました。
夜間や曇りの日にはどう見えるのか、また確認してみます。

エキータに戻ってストップボタンの2度押しでセーブ完了。

<データダウンロード>
家に帰って自宅のパソコンにARES GPSを接続。
昨日のクルマで走ったデータをARESから削除してなかったので
昨日のデータを削除しようとしたら・・・今日の走行データまで
間違って消してしまったようです。
PCにARES GPSを接続中はPCからもARESのデータを削除できる為。
自分のミスといえばそれまでですが、削除するまえに
「削除しますか?」とかもないので、便利な機能ですが取り扱い
注意ですね。

ということでせっかくの走行データが何もなくなってしまいました。
続きはまた今度。

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

【ランニンググッズレポート】ARES GPS ULTRA AR-2120GLEC①

念願であったGPSウォッチを入手しました。

P1020751320
こちらARES GPS ULTRA AR-2120GLECです。
現在のARES GPSウォッチの全部入り版です。

直販サイトと楽天サイトから選べましたが、楽天サイトで購入。
価格はどちらも同じで32000円でした。

<入手前>
GPSウォッチは距離やペースがわかる、この機能が最大の魅力ですよね。
レースでは距離表示があっても練習ではなかなかないです。

だからその機能さえあれば、となってもいざ買うとなると
どこのGPSウォッチを買うか微妙な差に悩むわけです。

ラップと距離はどこも出る。
スプリット表示は出る?
GPSの計測精度は?
補足時間は?
(自分の場合)ジョグノートに連携してる?
文字の大きさ、太さは?
時計の大きさ、重さは?

<選ばれたARES>
結局のところ「周囲の人とデータ交換や比較する」という使い方は
おそらくしない。
それよりも自分の記録を毎日ジョグノートにつけているので、
それを楽にできるようにしたい、ということでARESに決定しました。

液晶が曇る不具合とか、
GPS精度が5秒毎だとか、
防水なのに雨に意外に弱いとか、

いろんな弱点らしき記事も読んだのですが、
自分はこれまで大抵のものは慎重に使っているので、これで壊れたら
よほど華奢なつくりだということになります。

<ファーストインプレッション>
時計が届いたのがレース後の夜で、翌日は雨と雪だったこともあって
まだこれをつけてランはできていません。

到着した夜、とりあえず詳しい説明書を読まなくても、
1枚モンのガイドのとおりにやったら、充電やGPS補足、計測まで簡単でした。

翌日は雨&雪だったので、クルマで移動するときに計測してみました。
デフォルトで設定されている1キロラップが働いてアラームとともに表示が
切り替わりました。
通常表示中より多少文字が小さいかな。
でもバックライトがついて暗くても見やすそう。

クルマを停車中は中断にしておき、クルマに戻って測定再開。
衛星の再検索は割と短時間でした。
帰って、管理ソフトにデータを転送。
これは操作は簡単なんだけど結構時間を要しました。
クルマで総移動距離が100キロもあったからかな?
これは後でランしたときに再度確かめます。

そして肝心のジョグノート連携です。

一度目・・・失敗しました。
これはジョグノートのID、パスワードを管理ソフトに設定してなかったため。

二度目・・・失敗です。
これは理由がよくわからない。
ネット回線が不調かな?と思ってブラウザで適当なページみたけど
ちゃんと見られるので回線はOK。
パスワード違いかな?と思って管理ソフトに設定したID,パスワードで
ブラウザからジョグノートにログイン。ちゃんとできました。

三度目・・・成功しました。
二度目と何が違うのかわからないけど、成功しました。
ちゃんと距離も時間も転送されています。
ただ、マップが途中でキレてました。
100キロもの移動に対応してないんでしょうか?ULTRAなのに?
こちらも今後、確認していきたいと思います。

今日は測定結果がジョグノートに転送できた、というテスト。
まだ心拍計は開けてすらいません。
今後、いろんなシーンで使ってみて、レポを書いてみたいと思います。

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

【大会レポ】第14回谷川真理ハーフマラソン(2013)

<遠征は道連れ、世は情け>
朝、3時30分起床。5時ちょいの電車に乗るためだ。
毎度の事ながら早く寝るといって寝れたことがない。
睡眠時間は3時間ほどだが、意外にアタマはスッキリしている。
レースは10時からなので、セオリーで言えば7時くらいに朝食を
食べた方がいいのだろうがその時間は電車で移動中。
移動中にトイレに行きたくなっても困るので、買っておいたあんぱん
2個を熱いコーヒーをいれて食べる。
4時40分に自宅を出発し歩いて東武線の相老駅へ。そして太田へ。
太田につくと特急りょうもう号が停まっていたが、今日は久喜で
乗り換えるので区間急行で行く。

ホームのベンチで列車を待っていると見知らぬおじさんに声をかけられた。
「走るんですか?」
「ええ、荒川で。谷川真理ハーフマラソンというのに出ます。」

聞くとそのおじさんも同じレースに出るようだ。
列車に乗った後もずっと話を聞いていた。

7:45ごろ、列車は赤羽駅に到着
8時ごろには会場までの歩道が大渋滞、と色んなレポで読んでいたが
会場に向かう人の姿はあるが、渋滞はまだなかった。

会場につくと観客席となっている階段状の土手にシートを広げて準備。
荷物を預けるつもりで準備していたが、列車で一緒だったおじさんも
いるし、周りも荷物置き場と化しているのでそのままにした。

<レース前・・・今日の作戦>
谷川真理ハーフマラソンは1万人以上もの参加者がいる大規模大会。
荒川河川敷でそれをさばくため、ハーフコースはA、Bの2つあり、
さらにスタート時刻は10:00、10:15、10:30と15分ごとに3段階の
ウェブスタート。自分がどちらのコースの何時スタートかは決められ
ていて、事前送付されたゼッケンに書かれている。

荒川は強風、寒い、というレースレポを多く読んでいたが今のところ
多少肌寒いが日差しがあるし、風もほとんどない。
絶好のコンディションかもしれない。

自分はAコースの10:15分スタート。
Aコースは往路は多少上りで向かい風、復路はその逆との事だった。
単純計算で90分切りを考えれば前半足を残して45分でいければ、
帰りは毎度のラストスパートで何とかなるだろう。
45分ペースで行くにはキロ4分15秒くらいが想定タイム。
目標はグロスで達成したい!

あと、さのマラソンの時、ゼリーの空き容器をポーチから落とす、
いうミスがあったので、今回はゼリーをリストバンドで挟んでみた。
今回はハーフマラソンなので、それほど給水給食は必要ないと思うが、
フルマラソンのためにシューズ以外も試しておくのだ。

<スタート渋滞は想定内!?>
10時にハーフマラソン最初のグループがスタート。青いゼッケンだ。
さっそくスタート位置に並ぶ。自分たち第2グループはピンクのゼッケン。
10時15分。
号砲ではなく、カウントダウンでスタート!
ほどなく動き始めるがスタート地点を通過したのは20~30秒後くらい。
河川敷のコース幅いっぱいを使っても5~6人並べるかどうか。
まだまだ遅い。ストップ&ゴーで走ってるとスネや脹脛、ヒザなどが
痛くなるのでなるべく足の力を抜くことを考えながらガマンのラン。

1キロ通過 00:05:12(LAP 04:50)

ぐっ・・・最初から1分遅れてる。

<ただいま工事中>
ハーフだからまだ挽回可能なはず。
そろそろ渋滞も解消・・・かと思ったがペース上がらず、まだ渋滞。
あまり右に左に駆け巡りたくないんだけど、このままじゃ・・・。

すぐに原因が判明した。工事区間に入ったのだ。
工事区間は舗装されておらず、最初は土と土ぼこり。
その次は大きな石や砂利がごろごろ。

今回がデビューレースとなったマイシューズ、ウェーブアミュレットは
レーシング用でそれほどソールが厚くない。
大きな石を踏みつけるたびに足裏にデコボコ感と痛みがくる。
隙間にも石が挟み込まれるかもしれない。

2キロ通過 00:09:52(LAP 04:40)

遅れ拡大中。

<追いつけ!青ゼッケン!>
工事区間は1キロほどで終了。まだ鉄板などが置いてある場所はあるが、
石がごろごろ、というのは終わったようだ。
4キロあたりで最初の給水ポイント。
ここはスルー。遅れを少しでも取り返さなくては。

4キロ通過 00:18:34(2キロLAP 08:41)

給水ポイントを過ぎるとやや前方が開けた。
時計は見づらくて確認できないが極力リラックスしながら抜いていく。

5キロ通過 00:22:51(LAP 04:17)
6キロ通過 00:27:05(LAP 04:13)
7キロ通過 00:31:21(LAP 04:15)
8キロ通過 00:35:39(LAP 04:18)
9キロ通過 00:39:50(LAP 04:11)

走ってるときにはラップみてなかったけど、割といいペース。

8キロあたりでまた給水があった。
でも前半でペースを乱したくなかったので、ここもスルーして
9キロあたりで持参のゼリーを飲んだ。
手が凍えても大丈夫なようにあらかじめ空けておいた。

折り返してくる選手が出てきたので道幅が半分になる。
こちらのピンク組より折り返しのブルーゼッケンが多くて
片側には3人並べないくらいの狭さ。
でもまだピンクのゼッケンが来ないってことはピンク組では前のほうか?
・・・と思ってからピンクのゼッケンが折り返してきた。

10キロ通過 00:44:12(LAP 04:21)

10キロをすぎると急な下りになった。その先に折り返し。

10.5キロ(折り返し) 00:46:12

ここまで半分で予定より1分以上遅れてる。
2倍したら2分半遅れ。

<巻き返すぞ!後半スタート!>
先ほど下った急な坂を今度は上らなきゃならない。
でもここでムリに足を使うより、上りきってからが勝負だ!

11キロ通過 00:48:41(LAP 04:29)

背中にグリコマークのようなプリントの入ったTシャツのランナーが
目の前をいいペースで走っている。ペースメーカーとしてロックオン!
巻き返しラン、スタート!

12キロ通過 00:52:48(LAP 04:06)
13キロ通過 00:56:55(LAP 04:07)

谷川真理駅伝の蛍光グリーンTシャツ、額と背中に「JOGNOTE ばん」の
ゼッケンをつけた、ゆるランナーがランパン、ランシャツのランナーを
抜いていく!
このまま行って、残り5キロでスパート!

<行ける!行けない!>
・・・そう思った矢先、横からランナーでない人がコース中央に
飛び出してきた。

「あー、いける、いけるよ!オーライ、オーライ!」

クルマを誘導してきた!
こっちだって団体で走ってるし、対抗ランナーもいる。
どこがオーライなんだ!

「げぇっー!まじかー!」

思わず声に出た。
左から出てきたクルマを右に大きく避けながら、
対抗ランナーにもぶつからないように、ジクザクに走る。間一髪。

足のダメージとかは感じなかったけど、
思わぬ出来事に心拍があがった。
とにかく落ち着こう。

14キロ通過 01:01:11(LAP 04:15)

<遠かった給水ポイント>
ここにきてアクシデントとは別の問題が起きていた。
折り返しても道路はほぼ平坦。追い風はなくほぼ無風。
絶好のコンディションとも言えるが、気温が上昇していた。
日差しが強く、喉が渇いていた。

給水ポイントは・・・まだか?

往路では4キロ、8キロとあったのに、その後は出てこない。
係員は時折見えるが給水ではない。

15キロ通過 01:05:29(LAP 04:18)
16キロ通過 01:09:49(LAP 04:20)

ようやく16キロすぎに給水ポイント。
しかし10時スタートの組の青ゼッケンランナーが飲んでしまっていて
どこに水の入ったコップがあるのかわからない。
スタッフもてんてこ舞いなのかあきらめてるのか、対応が遅い。

いちかばちかで取ったコップにわずかに水が入っていた。
唇が濡れた程度だが。

17キロ通過 01:14:15(LAP 04:25)
18キロ通過 01:18:44(LAP 04:29)

ペースがあがらないが、あと3キロちょい!
キロ4分プラス最後の全力ダッシュで!

<スパートしないで>
ここでまた試練が襲う。
往路で苦しんだ、あの工事区間が現れた!
またあの石畳のようなデコボコ道を走らなければならない。
スピードがあげられない。。。

20キロ通過 01:28:07(2キロLAP 09:22)

残り1キロ。工事区間が終わった!
優勝争いをしているわけじゃない。
けど練習して少しでも自分のタイムを縮めたいとは思ってる。
だから最後にスパートもしたい。

もう、、、もう90分には間に合わなくても全力ダッシュだ!

DJ「はい、はーい!みんなー!最後は笑顔でゴールしてー!
   スパートはしないでねー」

GOAL  ??:??:??

ゴール!
でも果ててしまってタイムわからず。
記録証は月末に来るそうなので、そのときのお楽しみ。

<エピローグ>
ゴール後はすぐに温かいおしぼりのサービス。
大変ありがたい・・・んだけど、息を整えるのに時間がかかった。
ようやく落ち着き、汗をかいた顔を拭う。
はーっ。とっても気持ちがいい。

チップを回収してもらってドリンクを貰う。
給水不足だったから一気に飲み干した。
うまい!

参加賞のTシャツは男女別のデザインですと。
また批判の出そうな色とデザインだけど、自分はスキ、こういうのも。
あとウワサのカレンダーね。
真理さんファンの自分はウレシイ。

その後北海道や海外のマラソン大会の当たる抽選会が終わるまで会場待機。
はい。外れました。
あーあ、何も収穫なしか。。。と思ったら10分間限定で真理さんが
サインしてくれるというので、Tシャツにサイン貰ってきました。
ランナーごとに「今日はどうでしたか?」と真理さんが声をかけて
くれてるんだけど、またも話したいことが話せなかった。
どんだけ緊張しいなんだ、自分。

ま、楽しかったです!

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

明後日は谷川真理ハーフマラソンに出ます

13日(日)は谷川真理ハーフマラソンに出ます。
2013年の開幕戦。
この大会を申し込んだのが昨年の7月だったので、かーなーり、時間が経ちました。
申し込んだ時点と今では、目標だっていろいろ変わってます。

寒さに弱い自分が冬に出た大会といえば、地元桐生で2月に行われる「桐生市堀マラソン」のみ!
2月上旬で寒いし雪が降ったこともあったけど、
地元だから朝はゆっくりできるし、終わればすぐ帰れる。

ちなみに一昨年までの年間大会スケジュール

2月 桐生市堀マラソン(群馬・桐生)
4月 前橋シティマラソン(群馬・前橋)
11月 ぐんま県民マラソン(群馬・前橋)

地元のみ。桐生は自宅、前橋は職場があるから。
この3つを競馬になぞらえて自分ではクラシックレースと呼びます(^_^)。

それが!
今年は現時点で4月末までに6つもレースが入ってる。
しかも昨年まで一度も出た事のなかったハーフマラソン3回!
フルマラソン3回!10キロ以下ナシ!

1月
 谷川真理ハーフマラソン(東京)ハーフ
 勝田全国マラソン(茨城)フル
2月
 桐生市堀マラソン(群馬)ハーフ
 ふかやシティハーフマラソン(埼玉)ハーフ
3月
 板橋シティマラソン(東京)フル
4月
 かすみがうらマラソン(茨城)フル

出場する大会も、なんと桐生市堀マラソン以外、すべて県外遠征!
しかもクラシックレースである前橋シティを外して、かすみがうらに!
人間、変われば変わるもの。
先の事はわからないんもんだとつくづく思います。

さて、間近に迫った谷川真理マラソンはハーフ。
今年の目標は90分切り!(とりあえず言っとく)

と、宣言した早々ですが、今回は厳しい戦いの予感。

(理由その1)谷川真理駅伝5キロの成績がイマイチ。
 昨年までに2度走った谷川真理駅伝は1区間5キロなんですが、
 成績は21分台後半で、ペース的には昨年のぐんま県民マラソン
 ハーフと同じくらいです。5キロでも苦戦なので、ハーフは・・・?

(理由その2)仲間がいない
 これまで地元の大会だけ出てたので、職場の仲間とか家族とか、
 誰かしら知り合いがいたんですが、昨年一人きりで参加した大会、
 「鹿沼さつきマラソン(ハーフ)」と「伊勢崎シティマラソン(10K)」は
 ともにタイムが振るいませんでした。
 やはりモチベーションが上がりにくいんでしょうか?

苦戦もあるかもですが、新しい相棒シューズ、ウェーブアミュレットの
デビューレースでもあります。
がんばって走ってくるぞー!

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

新しいシューズGET!(ミズノ ウェーブアミュレット2ワイド)

昨日、正月の買い物で、家族が新しい洋服とかを買う中、
自分は私服を着る機会がほとんどないので
夜に着られるウェアとかシューズとかを見てました。

シューズは昨年から目をつけていたミズノのウェーブアミュレット。
広告の「3:30を目指すランナー」ってのにガッツリ心惹かれました(*^_^*)。

昨年、スポーツデポで足型測定。アシックスかadidasを買おうかと出かけて
いったのですが、買ったのはミズノ。
ウェブスペーサーAR3とウェブネクサス6でした。

以来、レースではこのどちらかを履いているんですが、AR3はうたい文句が
「サブ3」なんで、自分にはハーフまでしか履けないかなぁ、と。
2012の新潟シティもさのもウェブネクサスだったんですが、フルもいくつか
出場予定があるので、AR3までを繋ぐシューズが欲しくなり、アミュレットに
しました。
アミュレットはお守り。
まずは今月の「谷川真里ハーフ」と「勝田全国マラソン」を、このシューズで
走って見たいと思ってます。

ところがスポーツ店をまわっても全然置いてない。
買うだけならネットでも買えるけど、どんな感触か履いて試したい。
ようやく吉岡町のスポーツデポで発見。
ウェブアミュレット2ワイドでした。

P1020704640
サイズも何もこれ1足しかおいてなく、選びようがありませんでしたが
履いてみるとしっくりきたので、運命の出会いだと勝手に思って買いました。
すでに3まで出てるけど、色も気に入ったし。

ウェアは朝晩の暗い時間に走れるように反射板つきのが欲しかったけど
気に入ったのがみつからず、反射板のないものを1着。

今日はそのシューズとウェアでお試しラン。
シューズの感想は、ウェブスペーサーと紙一重のクッション感。
きとんと蹴ってやればスピードに乗れそう。今日はジョグだったけど。

| | コメント (2)

2013年1月 1日 (火)

【大会レポ】第44回薮塚本町元旦マラソン大会

今年も走りました、薮塚元旦マラソン。

例年通り、鑁阿寺(ばんなじ)への初詣を父と娘と済ませた後、
一度帰って寝て起きて・・・マラソンっていうスケジュール。

昨年は自分以外に子供たちも走ったり、両親が応援にきてくれたりしたけど
今年は「疲れるから」という理由で誰も・・・と思ったら長女が応援にきてくれた。
やさしい。

今年は5キロにエントリー。
なぜかというと、こちらも例年やっているニューイヤー駅伝のボランティアが
集合時間が30分繰り下げになったため。

2キロの部は9時スタート。5キロの部は9時20分スタートだ!
2キロの部は主に地元の小学生が中心、といった感じだが、
5キロの部になると、もうバリバリの中高生も走るし、
ランパン、ランシャツのやる気に満ちたランナーが集まってくる。

自分はといえば、毎度の事で「防寒」とか「目立つ」とかそんな感じ?
P1020643640

おお!5キロの部のゼッケンの色までコーディネートしたようなスタイル!
ちなみに今年の参加賞は、例年のシューズ入れ巾着ではなく、
エコバックみたいなやつだった。
参加費無料なので何も文句は言えませんが。

レースはというと、新年初ランということで、気合を入れて
ミズノウェーブスペーサーAR3を履いて走ったものの、
体重のせいか、全然走れていない!

ドタドタ、足音が聞こえるような状態で、最後にスパートをかける予定が
まるで伊勢崎シティのときと同じような体たらく。

タイムを見ると20分20秒で、コースが5キロあったとすれば、思ったよりは
悪くないんだけど、力は出し切ったものの、イメージ通りにはいかなかったなぁ。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »