« 明後日は谷川真理ハーフマラソンに出ます | トップページ | 【ランニンググッズレポート】ARES GPS ULTRA AR-2120GLEC① »

2013年1月13日 (日)

【大会レポ】第14回谷川真理ハーフマラソン(2013)

<遠征は道連れ、世は情け>
朝、3時30分起床。5時ちょいの電車に乗るためだ。
毎度の事ながら早く寝るといって寝れたことがない。
睡眠時間は3時間ほどだが、意外にアタマはスッキリしている。
レースは10時からなので、セオリーで言えば7時くらいに朝食を
食べた方がいいのだろうがその時間は電車で移動中。
移動中にトイレに行きたくなっても困るので、買っておいたあんぱん
2個を熱いコーヒーをいれて食べる。
4時40分に自宅を出発し歩いて東武線の相老駅へ。そして太田へ。
太田につくと特急りょうもう号が停まっていたが、今日は久喜で
乗り換えるので区間急行で行く。

ホームのベンチで列車を待っていると見知らぬおじさんに声をかけられた。
「走るんですか?」
「ええ、荒川で。谷川真理ハーフマラソンというのに出ます。」

聞くとそのおじさんも同じレースに出るようだ。
列車に乗った後もずっと話を聞いていた。

7:45ごろ、列車は赤羽駅に到着
8時ごろには会場までの歩道が大渋滞、と色んなレポで読んでいたが
会場に向かう人の姿はあるが、渋滞はまだなかった。

会場につくと観客席となっている階段状の土手にシートを広げて準備。
荷物を預けるつもりで準備していたが、列車で一緒だったおじさんも
いるし、周りも荷物置き場と化しているのでそのままにした。

<レース前・・・今日の作戦>
谷川真理ハーフマラソンは1万人以上もの参加者がいる大規模大会。
荒川河川敷でそれをさばくため、ハーフコースはA、Bの2つあり、
さらにスタート時刻は10:00、10:15、10:30と15分ごとに3段階の
ウェブスタート。自分がどちらのコースの何時スタートかは決められ
ていて、事前送付されたゼッケンに書かれている。

荒川は強風、寒い、というレースレポを多く読んでいたが今のところ
多少肌寒いが日差しがあるし、風もほとんどない。
絶好のコンディションかもしれない。

自分はAコースの10:15分スタート。
Aコースは往路は多少上りで向かい風、復路はその逆との事だった。
単純計算で90分切りを考えれば前半足を残して45分でいければ、
帰りは毎度のラストスパートで何とかなるだろう。
45分ペースで行くにはキロ4分15秒くらいが想定タイム。
目標はグロスで達成したい!

あと、さのマラソンの時、ゼリーの空き容器をポーチから落とす、
いうミスがあったので、今回はゼリーをリストバンドで挟んでみた。
今回はハーフマラソンなので、それほど給水給食は必要ないと思うが、
フルマラソンのためにシューズ以外も試しておくのだ。

<スタート渋滞は想定内!?>
10時にハーフマラソン最初のグループがスタート。青いゼッケンだ。
さっそくスタート位置に並ぶ。自分たち第2グループはピンクのゼッケン。
10時15分。
号砲ではなく、カウントダウンでスタート!
ほどなく動き始めるがスタート地点を通過したのは20~30秒後くらい。
河川敷のコース幅いっぱいを使っても5~6人並べるかどうか。
まだまだ遅い。ストップ&ゴーで走ってるとスネや脹脛、ヒザなどが
痛くなるのでなるべく足の力を抜くことを考えながらガマンのラン。

1キロ通過 00:05:12(LAP 04:50)

ぐっ・・・最初から1分遅れてる。

<ただいま工事中>
ハーフだからまだ挽回可能なはず。
そろそろ渋滞も解消・・・かと思ったがペース上がらず、まだ渋滞。
あまり右に左に駆け巡りたくないんだけど、このままじゃ・・・。

すぐに原因が判明した。工事区間に入ったのだ。
工事区間は舗装されておらず、最初は土と土ぼこり。
その次は大きな石や砂利がごろごろ。

今回がデビューレースとなったマイシューズ、ウェーブアミュレットは
レーシング用でそれほどソールが厚くない。
大きな石を踏みつけるたびに足裏にデコボコ感と痛みがくる。
隙間にも石が挟み込まれるかもしれない。

2キロ通過 00:09:52(LAP 04:40)

遅れ拡大中。

<追いつけ!青ゼッケン!>
工事区間は1キロほどで終了。まだ鉄板などが置いてある場所はあるが、
石がごろごろ、というのは終わったようだ。
4キロあたりで最初の給水ポイント。
ここはスルー。遅れを少しでも取り返さなくては。

4キロ通過 00:18:34(2キロLAP 08:41)

給水ポイントを過ぎるとやや前方が開けた。
時計は見づらくて確認できないが極力リラックスしながら抜いていく。

5キロ通過 00:22:51(LAP 04:17)
6キロ通過 00:27:05(LAP 04:13)
7キロ通過 00:31:21(LAP 04:15)
8キロ通過 00:35:39(LAP 04:18)
9キロ通過 00:39:50(LAP 04:11)

走ってるときにはラップみてなかったけど、割といいペース。

8キロあたりでまた給水があった。
でも前半でペースを乱したくなかったので、ここもスルーして
9キロあたりで持参のゼリーを飲んだ。
手が凍えても大丈夫なようにあらかじめ空けておいた。

折り返してくる選手が出てきたので道幅が半分になる。
こちらのピンク組より折り返しのブルーゼッケンが多くて
片側には3人並べないくらいの狭さ。
でもまだピンクのゼッケンが来ないってことはピンク組では前のほうか?
・・・と思ってからピンクのゼッケンが折り返してきた。

10キロ通過 00:44:12(LAP 04:21)

10キロをすぎると急な下りになった。その先に折り返し。

10.5キロ(折り返し) 00:46:12

ここまで半分で予定より1分以上遅れてる。
2倍したら2分半遅れ。

<巻き返すぞ!後半スタート!>
先ほど下った急な坂を今度は上らなきゃならない。
でもここでムリに足を使うより、上りきってからが勝負だ!

11キロ通過 00:48:41(LAP 04:29)

背中にグリコマークのようなプリントの入ったTシャツのランナーが
目の前をいいペースで走っている。ペースメーカーとしてロックオン!
巻き返しラン、スタート!

12キロ通過 00:52:48(LAP 04:06)
13キロ通過 00:56:55(LAP 04:07)

谷川真理駅伝の蛍光グリーンTシャツ、額と背中に「JOGNOTE ばん」の
ゼッケンをつけた、ゆるランナーがランパン、ランシャツのランナーを
抜いていく!
このまま行って、残り5キロでスパート!

<行ける!行けない!>
・・・そう思った矢先、横からランナーでない人がコース中央に
飛び出してきた。

「あー、いける、いけるよ!オーライ、オーライ!」

クルマを誘導してきた!
こっちだって団体で走ってるし、対抗ランナーもいる。
どこがオーライなんだ!

「げぇっー!まじかー!」

思わず声に出た。
左から出てきたクルマを右に大きく避けながら、
対抗ランナーにもぶつからないように、ジクザクに走る。間一髪。

足のダメージとかは感じなかったけど、
思わぬ出来事に心拍があがった。
とにかく落ち着こう。

14キロ通過 01:01:11(LAP 04:15)

<遠かった給水ポイント>
ここにきてアクシデントとは別の問題が起きていた。
折り返しても道路はほぼ平坦。追い風はなくほぼ無風。
絶好のコンディションとも言えるが、気温が上昇していた。
日差しが強く、喉が渇いていた。

給水ポイントは・・・まだか?

往路では4キロ、8キロとあったのに、その後は出てこない。
係員は時折見えるが給水ではない。

15キロ通過 01:05:29(LAP 04:18)
16キロ通過 01:09:49(LAP 04:20)

ようやく16キロすぎに給水ポイント。
しかし10時スタートの組の青ゼッケンランナーが飲んでしまっていて
どこに水の入ったコップがあるのかわからない。
スタッフもてんてこ舞いなのかあきらめてるのか、対応が遅い。

いちかばちかで取ったコップにわずかに水が入っていた。
唇が濡れた程度だが。

17キロ通過 01:14:15(LAP 04:25)
18キロ通過 01:18:44(LAP 04:29)

ペースがあがらないが、あと3キロちょい!
キロ4分プラス最後の全力ダッシュで!

<スパートしないで>
ここでまた試練が襲う。
往路で苦しんだ、あの工事区間が現れた!
またあの石畳のようなデコボコ道を走らなければならない。
スピードがあげられない。。。

20キロ通過 01:28:07(2キロLAP 09:22)

残り1キロ。工事区間が終わった!
優勝争いをしているわけじゃない。
けど練習して少しでも自分のタイムを縮めたいとは思ってる。
だから最後にスパートもしたい。

もう、、、もう90分には間に合わなくても全力ダッシュだ!

DJ「はい、はーい!みんなー!最後は笑顔でゴールしてー!
   スパートはしないでねー」

GOAL  ??:??:??

ゴール!
でも果ててしまってタイムわからず。
記録証は月末に来るそうなので、そのときのお楽しみ。

<エピローグ>
ゴール後はすぐに温かいおしぼりのサービス。
大変ありがたい・・・んだけど、息を整えるのに時間がかかった。
ようやく落ち着き、汗をかいた顔を拭う。
はーっ。とっても気持ちがいい。

チップを回収してもらってドリンクを貰う。
給水不足だったから一気に飲み干した。
うまい!

参加賞のTシャツは男女別のデザインですと。
また批判の出そうな色とデザインだけど、自分はスキ、こういうのも。
あとウワサのカレンダーね。
真理さんファンの自分はウレシイ。

その後北海道や海外のマラソン大会の当たる抽選会が終わるまで会場待機。
はい。外れました。
あーあ、何も収穫なしか。。。と思ったら10分間限定で真理さんが
サインしてくれるというので、Tシャツにサイン貰ってきました。
ランナーごとに「今日はどうでしたか?」と真理さんが声をかけて
くれてるんだけど、またも話したいことが話せなかった。
どんだけ緊張しいなんだ、自分。

ま、楽しかったです!

|

« 明後日は谷川真理ハーフマラソンに出ます | トップページ | 【ランニンググッズレポート】ARES GPS ULTRA AR-2120GLEC① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明後日は谷川真理ハーフマラソンに出ます | トップページ | 【ランニンググッズレポート】ARES GPS ULTRA AR-2120GLEC① »