« 【大会レポ】第59回桐生市堀マラソン | トップページ | <参加者募集>3/2(土)上州銅街道ハーフマラニック »

2013年2月24日 (日)

【大会レポ】第7回ふかやシティハーフマラソン

今日、世間的に大きなイベントといえば東京マラソン。

昨年は東京マラソンを家でTV観戦していた。
しかし今年は・・・なんて書くとまるで自分が東京マラソンを
走るような書き出しだが、そうではない。
かといって今年も家でTV観戦かというとそうでもない。
今年は別のレースに出場する。
埼玉県深谷市で開催される「ふかやシティマラソン」だ。

県外遠征になるが、深谷市は自分の住む桐生市からは意外と近い。
車で行けば、より速いのだが「駐車場が少なく公共の交通機関で」
との事なので高崎回りで電車で行くことにした。
自分用の備忘録として書いておくと、この日の朝食はバターロール大の
くるみパン2個とカップスープだけ、だと物足りないので茶碗半分の
メシと納豆1パックを食べた。
自宅を5時半に車で出発し、前橋駅前のエキータ(職場ね)の駐車場に
クルマを停める。なぜ自宅から電車でいかないかと細かく説明するのは
メンドウなんで割愛する。

<出発の巻>
6時33分、前橋駅発上野行きに乗り、ウツラウツラしながら
7時20分ごろ深谷駅に到着。
駅に降りるとチラホラと参加ランナーがおり、シャトルバス乗り場へ。
バス停には50人くらいの列ができていたが、バスは次々に到着していて
待ちもそれほどなかった。自分が乗ったシャトルバスの中は、みな大きな
荷物を抱えていて広々というほどでもなかったが、立つこともなく、
会場にはすぐに到着した。

<会場入場の巻>
バスの発着場から100mほどでバルーンゲート。
P1020922
敷地内に入るとすぐ両脇にテントが並んでおり、そこが受付だった。
種目やナンバー別に分かれていて、受付のハガキを出すと名前の確認や
今日の体調を質問された。もちろん、OKだ。
テント前には多くのビラ配りの人がいて、出店テントの案内だった。

受付を済ませそのまま真っ直ぐ進むと目の前が「ビッグタートル」。
ここは男女別の更衣室と貴重品預かり所を兼ねる体育館だ。
体育館の外や通路にレジャーシートを敷いている人もいたが、
せっかく中で着替えられるので使わせてもらうことにした。

<カリスマ仮装ランナーの巻>
どこにシートを敷こうかウロウロしていると一際目立つのぼり旗。
「シャア専用」。
ここには自分も読者の一人である、カリスマ仮装ランナーの
ふなきさんとそのお仲間が陣を構えているのだった。
ふなきさんの様々な仮装やこれまでの挑戦などは「ふなきさん」で
ネット検索してもらえば出てくるので割愛するとして、そのすぐ
近くに自分もシートを敷いた。

先にトイレを済まそうと思い、出かけるとビッグタートルの中の
トイレは結構な列ができていた。外にも仮設トイレがあるとのことで
行ってみるとすぐに入れた。
貴重品は預かり所の前で配っていた小さなビニール袋に入れて、
受け受け時にもらった預り証と一緒に預けた。

ゼッケンもつけ、そろそろふなきさんにご挨拶しに行こうと思ったら、
ふなきさんが「化け」始めた。
今日のキャラクターはワンピースの「ロロノア・ゾロ」だ。
変身が終わるのを待って挨拶と記念写真を撮らせてもらった。
撮影してくれたのはふなきさんの仮装仲間の邪王さん。
P1020924
これだけでも今回ふかやシティマラソンに来た価値がある。

・・・それはいいけど、レースレポートなのに一向にレースが始まらん。

<召集の巻>
ハーフのスタート時間は9時40分。
まだ30分前だったが外の寒さを確認しようと、ゴミ袋で作ったポンチョを
かぶって外に出た。
放送で9時15分スタートの10キロの部の召集コールが盛んに行われていた。
早朝は青空がまったく見えない曇りだったが、この時間になると太陽が
顔を出し、雲に隠れなければ結構な日差しが届いていた。

放送では召集場所まで結構距離があるということだったので場所を確認しに
歩いた。途中にも仮設トイレがあり、こちらも空いていたので念のため
寄っておいた。
スタート20分前に召集場所に着てみたが、まだランナーもばらけていた。
受付時にもらった資料によれば、ハーフには約2800人がエントリー。
予想タイム順に並ばせるプラカードが到着するとランナーも並び始めた。
「陸連登録」「1時間15分以内」ときて、自分は「1時間15分から
1時間30分」の列に並んだ。

スタート10分前にポンチョを脱いでポーチにしまった。
しまった途端に太陽が雲に隠れ、風も強まってきた。
ウォークマンも音楽スタート。
号砲と同時に音楽と時計をスタートさせるのは大変なので、前回の桐生から
スタート前BGMとして「炎のランナーのテーマ」を入れてある。

<スタートの巻>
9時40分、ハーフマラソンスタート!
スタート位置に計測用マットなどはなかったのでネットタイムはなさそうだ。
スタート位置通過までのロスは数秒だろう。
今回はランナーが本来の持ちタイム順に並んだのか、最初から大きく遅れる
ランナーによる渋滞などはなかったようだ。

自分は2週間前の桐生市堀マラソンでの最初の力みすぎを反省して、
体全体でリラックスしながら回りのペースについていくようにした。
ARES GPSでペースを確認すると4分30秒くらい。
最初にしてはまぁまぁだろう。温まったらペースを上げていけばいい。
しかし・・・1キロもいかない最初の左折ポイントで事態は一変する。

<ウェザーリポートの巻>
ビュォッ!!という音が聞こえるほどの強風。
ここは台風情報を伝える観測地点か?という感じ。
風の音がすごすぎてイヤホンからの音楽すら、ほとんど聞こえない。
キャップのつばが抵抗になり、飛んでいってしまいそうだったので
キャップも前後反対にかぶる。
この風じゃペースもがた落ちかな、と思っても進んでいくランナーはいる。
自分も「赤城山のふもとで、からっ風に鍛えられてますから平気です」
とか言ってみたいが、まだまだ敗北中で平気じゃないのだ。
ここでずるずるペースダウンしたら、もうレース的にはオシマイだ。
なんとかペースを維持するように走る。
強い向かい風で前傾姿勢も取り辛い。
正面から、横方向から、容赦なく砂埃が襲ってくる。
まるで「砂の嵐に隠されたバビルの塔」に向かってるんじゃないか?
ってくらい前方の視界が悪い。
サングラスをしているのでまだ救われているが、目だけじゃなく
口もあけていられないから呼吸も苦しい。

最後まで心折れずに走りきれるだろうか?
ペースを確認するとあきらめたレースになりそうだったので、
これ以降、最後までペースを確認することはなくなった。

<刺客現る!の巻>
そんな中、ある老人ランナーが右から自分を抜きにかかる。
それだけなら良いのだが、ほぼ真横に並んだと思ったら
自分の方に徐々にすり寄るようにして目の前に立ちはだかる。

仕方なく一旦ペースを落とし、老人ランナーが左端まで通りすぎるまで
待ってからペースを戻し、再度老人ランナーを抜く。

ところが、しばらくするとまた先ほどの老人ランナーが横に現れた。
また先ほどと同じように、抜き際に目の前に立ちはだかる。
この老人は視界が前しかないのか?
横に人がいるのが気づかないのか?
それとも人を抜くと気が緩むのか?

この老人ランナー以外にも何度か抜きつ抜かれつを繰り返して
いたのだが、自分のペースが乱れたのか徐々に離されていった。

<変・身・!の巻>
スタート地点には計測マットはなかったようだが、5キロごとに
計測マットらしきものが置かれていた。
その2つめ10キロ地点をすぎ、「ハーフ中間地点」の表示。
このときちらっと時計を見た。
49分ジャストだった。
前半苦戦した堀マラソンよりもさらに遅い。
風は容赦なく吹き付ける。
挽回は難しいかな・・・などと考えていると、
風切り音とともにBGMが変わった。

「変身」

気持ちが昂ぶる!
心の中で変身する。
心の中で名乗りを決める。
折れそうだった心が何とか持ちこたえた。

自分のペースが上がっているかはわからない。
でも強風にさらされて回りのペースが落ちてきているのか、
ペースを維持しながらも抜かす事が多くなってきた。

<ラストバトルの巻>
そして終盤戦。残り5キロ。
いつものバトルミュージックがこだまする。
風を切り裂き、大外から一気にぶち抜く!
途中で引き離されたあの老人ランナーもぶち抜く!
抜いたらさらに加速。抜き返させない。

残りあと2キロ!

バトルミュージックが終わってしまった。
ここまで来るともうほとんど風も感じなくなっていたが、
足も余力が残っていなかった。
歯を食いしばって気持ちだけは川内優輝選手のように走る!

沿道から声援をもらうたびに、目の前のランナーを抜いていく。

最後の陸上競技場に入った。
さらにスパートをかけろ!
そう思う一方で、
「ここでスパートしても数秒しか変わらないよ。ダメージ考えたら
スパートしない方がいいよ。」
そう思う弱い自分がいやがった。

フィニッシュゲートをくぐるとき、ジャンプしてゴール!

結果は1時間35分41秒。

前半が49分ジャストだったので後半が46分41秒。
若干ペースアップしたのかな。

<レース後の巻>
レース後、誰か知り合いがゴールしてくるかなー、と30分ほど
競技場入り口で見ていたが、わからず終い。
結局、最後まで自分一人きりだったなぁ。
ゆるキャラの「ふっかちゃん」とも写真撮りたかったけど、
そのころにはいなくなってしまっていた。

昨年の鹿沼さつきも伊勢崎シティも、孤独なレースだったけど
なぜかそういうレースは軒並み成績が悪い。
今回のふかやシティは原因の一番は風だろうけど、2013年に走った
ハーフマラソンのワースト記録になってしまった。

|

« 【大会レポ】第59回桐生市堀マラソン | トップページ | <参加者募集>3/2(土)上州銅街道ハーフマラニック »

コメント

お疲れさんでした。
長文ブログもお疲れさんでした。
異様なのぼりの「シャア専用」はいかがだったでしょうか?
ただ今動画編集中なので、完成したらアップします。
今後ともよろしくお願いします。

PS
文中「ふさきさん」になってるところは、かっこ悪いので「ふなきさん」に直しておいていただければありがたい。

投稿: ふなきさん | 2013年2月26日 (火) 21時37分

>ふなきさん

ご訪問ありがとうございます!
シャア専用ノボリ、最高ですね。
このノボリを目印に待ち合わせしているランナーまで
いました。もはやシンボルですね。
誤字については修正しました。申し訳アリマセン。

投稿: ぐらんどばん | 2013年2月26日 (火) 22時08分

強風吹き荒れるふかやハーフ、
お疲れ様でしたo(*^▽^*)o
台風のようでしたよね。
最後まで力いっぱい走るレポ、楽しませていただきました♪
今回はDNSしてしまいましたが、私も深谷は走りたいと思っています。

投稿: iwatobi | 2013年2月27日 (水) 21時07分

>iwatobiさん

ありがとうございます!
iwatobiさんと同じレースを走れる数少ないチャンス
だったかもしれなかったんですねー。
おしいっ!

投稿: ぐらんどばん | 2013年2月27日 (水) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【大会レポ】第59回桐生市堀マラソン | トップページ | <参加者募集>3/2(土)上州銅街道ハーフマラニック »