« 布製ゼッケンを作る! | トップページ | 【大会レポ】第7回ふかやシティハーフマラソン »

2013年2月10日 (日)

【大会レポ】第59回桐生市堀マラソン

2013年ホーム初戦とも言える地元桐生での第59回桐生市堀マラソン、
昨年に続いてハーフの部に出場。

昨年は人生初めてのハーフマラソンだったから何もかもが初めて、
記録も当然PBだった。

あれから1年。
ハーフマラソンとしては通算7戦目。
1月の谷川真理ハーフで90分切り宣言して撃沈。
今回も当然90分切りを狙いたいが・・・。

<スタート前>
地元ということで荷物もいつもより少なめで済む。
そう油断していたらイロイロと忘れ物をしてしまった。
ハーフマラソンにあわせて編集したウォークマン。
充電したままで本体を忘れてきた。
電話して持ってきてもらった。
ほかにも粉末のアミノバリューやプロテインがあるけど
水を一切持ってこなかったり。
この辺はテントで配ってる麦茶などで代用。

P1020836640
今日の自分のコンディションは90点くらい。
勝田のときよりは鼻炎も収まり気味。熱っぽさもない。
ヒザも痛くないし、疲れもたぶんない。
不満があるのは体重。こちらはかなりオーバー気味。

一方、お天気は絶好。
赤城颪も吹いてないし、日差しもあって暖かい。
何だか順調すぎて落とし穴がある気がする。

<ハーフスタート>
15分くらい前になってもスタート地点はまだガラガラ。
でも誰かが並びだすと、一斉に混雑し始めてきた。
自分も前から5~6列目くらいに並んだ。
P1020845640

脇の歩道で三女が手を振って写真を撮ってくれている。
調子に乗ってポーズを決めたり、おちゃらけるオレ。
自分の周りはなんとなくシリアスな雰囲気で気がひける。

オレは最近定番の赤の上下アンダーにオレンジTシャツ、
オレンジの靴下、黄色とオレンジのシューズ(アミュレット)。
というデーハーなカッコウに加え、背中とキャップに「ばん」
のゼッケン!耳にはヘッドホン!
まわりから冷ややかな目で見られてるんじゃなかろうかと
ちょっと心配になるいでたちだ。

でも気にしない。
レースといえども、いやレースだからこそ街が明るくなるような
そういうカッコウと振る舞いが大切なのだ。
深刻な顔すればいいってもんじゃない。

係員の「10秒前」の声。
さぁいよいよ号砲だ。。。

9時ジャスト!ハーフスタート!
スタート地点通過ロスはほぼないと言っていいだろう。
目の前のやや遅めのランナーをかわしながら本町通りへ向かう。
まだ1キロも走っていないが、ARESでペースを見てみた。

キロ3分35秒

どわぁ!ちょっと自分には早すぎる!

確かに本町通りに出るまではノロノロだと後ろの迷惑になるので
周りに合わせて走ったけども!
本町通りに出てからは隅っこの方を自分ペースで走りだしたんだけど。

このままじゃ潰れる。
今はまだいいが、梅田の上り坂が持たない!

そう思ってペースを落とす。
キロ4分前半くらいでいいはずだ。

1キロ通過 0:04:01(LAP 0:04:01)
2キロ通過 0:08:19(LAP 0:04:18)

距離表示は確認できてないが、ARES GPSのおかげで
ペースがつかめてるので気にならない。
何だかあっというまに天神様(桐生天満宮)まで来た。

<異変発生!レース前半戦>
しかしこのあたりから異変を感じ始めた。

おなかがすいてるのか、何だか力が入らない。
でもジェルは一本しか持ってないので投入は早すぎる。

ペースダウンでまわりに抜かれるのは仕方ないんだけど
この人にまで抜かれちゃうの?
そんな思いが強くなってきた。

3キロ通過 0:12:50(LAP 0:04:31)
4キロ通過 0:17:27(LAP 0:04:37)

両足のスネが痛み出した。
まずい。。これは最初のスピード出しすぎが原因だ。
いつもなら後半に足を残すために、足をリラックスさせたまま
なんとか回りのペースについていく走り方をするんだけど、
今日はそれができていない。
力任せに走って足が痛くなってるんだ。
とにかく足の緊張をほぐさないととても完走できる気がしない。

5キロ通過 0:22:13(LAP 0:04:46)

5キロ地点は掲示も見えた。
5キロで約22分か。
倍にして10キロ44分。折り返しで46分くらい?
まだ取り返せる。
早いトコこの足を復活させないと。。。

6キロ通過 0:27:01(LAP 0:04:48)
7キロ通過 0:31:56(LAP 0:04:55)

ぎゃーっ!
ペースダウンが止まりません!
ARES GPSではときどきキロ5分をオーバーしてる。
オレ、今日全然リズムにノれてない。

「リタイヤ」

いやいや!それだけは避けなければ!
たとえひどいタイムになっても。

8キロ通過 0:36:31(LAP 0:04:35)
9キロ通過 0:41:13(LAP 0:04:42)
10キロ通過 0:45:51(LAP 0:04:38)

梅田橋のあたりまで来るとようやく上りが終わり、
コースがやや下りも混じることもあって、
ペースが若干復活する。
練習で走るのと違い、ここまでがあっという間だ。

このあたりでジェルを飲む。すごく濃い味に感じる。
昨日お参りに来た二渡神社も通過。
昨年とほぼ同じような位置で同級生が誘導係をしていた。

グローブをしたままの手で拍手しながら叫ぶ。
「おいっす!モンタぁ!」
「おう!ばんちゃーん!がんばってー!」
タイムはイマイチだが気合を入れる。

すでに折り返しているランナーから声をかけられる。
勝田でも一瞬お会いした「ランナー休養中さん」だ。

「ばんさん!」
「あぁ!がんばってください!!」

速いなぁ。折り返しまでどれくらいだろ。

折り返し地点(10.6キロ通過) 0:48:24(LAP 0:02:33)

折り返しまで非常に長く感じた。
今年は距離を再測定したおかげで、より正確になったらしい。
それはいいことだ。
地元のレースだけに誇れるレースであって欲しい。

でも今日感じた長さは再測定したから、距離が伸びたから
感じたわけじゃない。
だいぶ差がついちゃったな。
このままだとゴールは1時間40分かな、50分かな。

折り返してしばらくすると反対側からラムポーンさんに声をかけられた。
ランナー休養中さんだけでなく、ラムポーンさんや
他のランナーさんにもどんどん抜かれるだろう。。。

絶望感が、レースを惰性のランニングにしようとしていた。。

<大逆襲!レース後半戦>
ばっかもーん!(心の叫び)
いいのか?そんなんでいいのか!!
ここはホームコース、残りは下りだ。
あとたったの10キロ。
足?力入れなくてもスピード出せばいい!
骨盤動かせ!アタマじゃなく反射で動け!

11.6キロ通過 0:52:46(LAP 0:04:22)
12.6キロ通過 0:56:53(LAP 0:04:07)

ジェルの空き殻を給水所のゴミいれにいれ、ようやく身軽になった。

13.6キロ通過 1:01:11(LAP 0:04:18)
14.6キロ通過 1:05:21(LAP 0:04:10)

このあたり、時計は見ていない。
ただ目の前を走るランナーを手当たり次第ぶち抜く!
へたに前のランナーの後ろにつくと、その後も
そのランナーのペースに惑わされる。

だからもうランナーの後ろにはつかない。
自分を抜いていったあのランナーも。
この女子ランナーも。
抜いて抜いて抜きまくりだ!

自分が最後までこんなペースで走りきれるかわからない。
もしかするとまた失速して抜き返されるかもしれない。

だが断じてそんなことにはならない。
ここはすごい下り坂なのだ!
自分にはそんな暗示をかけて下り走りを続けた。

残りあと6キロ!

左肩が痛くて熱い。。。
カラダの使い方がおかしいんだろうか?
腕の引きを大きく、肩甲骨を意識して引く。
カラダのブレをなくす。前傾姿勢。
ウェーブアミュレットで道路を蹴る。

15.6キロ通過 1:09:33(LAP 0:04:12)

BGMはいよいよクライマックス。
AKBのヘビロテだ。
これが終わらないうちに残り5キロを目指せ!

16.6キロ通過 1:13:41(LAP 0:04:08)

次は爆風スランプ「ランナー」だ。
バトル前の最後の宴だ。

17.6キロ通過 1:17:51(LAP 0:04:10)

後半ペースアップして走ってきたが、コースはほぼ平坦に。
疲れも出てきたが・・・まだ終われない。
いよいよバトル突入。
頭文字Dバトルミュージック。
こいつが流れたら・・・何が何でもギアチェンジしてぶち抜く!

18.6キロ通過 1:22:03(LAP 0:04:12)

歯を食いしばる。
サングラスの奥で、目が!顔が!百烈拳のケンシロウ化する。

19.6キロ通過 1:26:11(LAP 0:04:08)

本町通りだ!ゴールは近い。
街の応援の方々が一気に増える。

がんばれーっと声をかけられているランナー。
ぶち抜く!

ヘロヘロペース、ハーフのランナーかな?
ぶち抜く!

ファミリーの部がまだ走ってるぅ!?
ぶち抜く!

中学生か、高校生か?
ぶち抜く!

もう足を残す必要もない、右に左にランナーを避けながら
抜きまくる。

20.6キロ通過 1:30:18(LAP 0:04:07)

ここにきて時計をちらっと確認。
残念な現実があったが・・・ラストスパート!

前方の数名が横一列!壁になって進めない。

わずかに・・・

隙間が・・・

開いた!

飛び込め!

GOAL  1:32:42

P1020866640

<レースの反省>
今回のレース、コンディションも何も好条件が揃っていながら
90分切りはできなかった。
一応、グロスタイムでPBは更新したが微々たるものだった。
理由がスピード練習不足にあるのも確かだが、レースの進め方も
今回は失敗していた。
最初の無防備な走り方で前半を台無しにしてしまい、
後半は下り坂もあってそこそこペースで走ったが届かなかった。
ちょっと記録が停滞気味になってるので何か殻をやぶらないと
しばらく記録更新は難しいかもしれない。

<レース後>
なんだか釈然としない思いもあって、レース後昼食を済ませてから
ジョグに出かけた。
レース終盤で痛かった左肩痛がここでも激しく痛い。
ただ腕をL字にして腕ふりすると傷むが、左腕をもちあげずに
ブラブラさせてると痛みを感じない。
どういうことなんだろう?

ジョグには最近ごぶさたしてるウェーブスペーサーAR3を履いた。
ずっと履かないでいると、かえって劣化しそうなので試し履きだ。
でもレース後の疲れた足には軽さよりもクッションいい方が
よかったかな。

|

« 布製ゼッケンを作る! | トップページ | 【大会レポ】第7回ふかやシティハーフマラソン »

コメント

ぐらんどばんさん、桐撮るの出発警戒です。
先日はコメントありがとうございました。

堀マラは当日思い立って見に行きました。
ちょうどファミリー部門がスタートする直前でハーフの選手はすでに通りすぎていたんでしょうね。
自分、写真を撮るので偶然ぐらんどばんさん写っていないかと思いましたが撮影時間の記録を見たところ10時頃に撮った写真が最後でした。
自分が帰った後だったんですね、ハーフのランナーが本町通りに入ってきたのは。
ファミリー部門も楽しいけど、ハーフの選手の本格的な走りも写真に収めておきたかったところです。

何はともあれ、堀マラお疲れ様でした。

投稿: 出発警戒 | 2013年2月11日 (月) 07時38分

堀マラソンお疲れ様でした。今回も走っている途中での再会でしたが気がついていただけて良かったです。レース内容を拝見していて相当キツイ感じでしたが一時間三十二分代はさすがです。初めて参加しましたがとても素晴らしい大会ですね。折り返しの山の中でもたくさんの方から応援をたくさん頂きましたよ。
歴史のある大会は地元の理解も厚いんですね。

投稿: ランナー休養中 | 2013年2月11日 (月) 09時08分

お疲れさまでした。さすがですね。
和気あいあいもいいのですが、横に広がってチンタラ走ってる中・高校生は成敗してやりたくなりますね(笑)
今度はヘタレランナー向けに、前にも名前ゼッケンつけて下さい(笑)

投稿: すずき@東毛 | 2013年2月11日 (月) 14時26分

>出発警戒さん

桐生堀マラ、いらしてたんですか!ありがとうございます。元々は地元密着な大会でしたが、堀マラが単独のレースではなく、東京マラソン前の調整レース的に走る人も増えてきたのかもしれないです。
何はともあれ今回はいいお天気にめぐまれ最高でした。来年は60回記念。何かあるかな?また来年もぜひいらしてくださいね。

投稿: ぐらんどばん | 2013年2月11日 (月) 22時38分

>ランナー休養中さん

よその町の大会にでるようになって、交通規制の難しさを感じました。桐生は本町通りを全面封鎖して走るのがあたりませですけど、これは過去に歩行者天国をよくやっていたのでできるのかも?天神町あたりも「えびす講」でよく封鎖されますし。梅田の方は封鎖してなくても元々信号もなく、ろくにクルマが走ってませんけど(笑)。
またも一瞬しかお会いできませんでしたが、レースでなくてもプライベートイベント等、ご一緒できたらいいですね。

投稿: ぐらんどばん | 2013年2月11日 (月) 22時44分

>すずき@東毛さん

昨年のすずきさんの堀マラレポで、参加賞Tシャツを着て走られたらしいので、今年もそうかなーと思ってすれ違うランナーをずっと観察してましたよ。なんとなく「すずきさんかな?」って方もお見かけしました。
実は「ばん」ゼッケンは前と後ろから確認できるように、Tシャツの背中と、キャップの前方につけていたのですが、時間によっては向かい風だったので、キャップのツバが後ろにくるように反転しちゃっていたかもしれません。
来年は堀マラが60回記念。ぜひハーフも走ってくださいね。それと草木湖などはもう走られませんか?お待ちしてます。

投稿: ぐらんどばん | 2013年2月11日 (月) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 布製ゼッケンを作る! | トップページ | 【大会レポ】第7回ふかやシティハーフマラソン »