« <試用レポ>adidas Energy boost(エナジーブースト) | トップページ | 足裏の痛み »

2013年3月 2日 (土)

<レポート>上州銅街道ハーフマラニック

今回のプライベートイベント。
声をかえてはみたものの、同行者はナシ。
いいのだ。
長距離イベントを一人でもこなせないと成長はない!
ARES GPSとウォークマンが相棒だ。
気になるのは、昨日の疲労抜きがうまくできてるか?

自分が途中で挫けて歩き出す事も考えて、水分や着替えなどもリュックに積む。
「お、重い・・・。」
一体何キロあるんじゃろ?
リュックを担いだ体重と、担がない体重との差分は・・・5キロ!
なにぃ!?
だ、だいじょうぶかなぁ。
でも荷物を選別してる時間はない。出発だ!

<間藤まで>
外に出た。風が強い。ビュービューだ。
すでに心が折れかけている。
(大会でもなく、他に誰も参加しないのに走るのか!?)
(でもなー。告知しちゃったし、レポ楽しみにしてますとかコメもあったし・・・)
そんなか葛藤をしながら相老駅に向かう。
わたらせ渓谷鉄道の間藤駅までの乗車券を買ってホームで待つ。
P10209272

すると携帯に着信。母からだった。
どうやら1年ぶりに弟が帰ってきたらしい。
しかも夜は友人に会うからいないとか、明日はもう帰るとか。
そういう連絡は早く言ってよ。もう切符買っちゃったし。
ここでも心が中止に傾きかけるが、走ることにした。
9時36分列車は相老駅を出発した。

列車に乗ると見慣れない若い女性乗務員さんがいた。
P10209303
表情が人形みたいだがちょっと小倉優子似かな。
どうやらアテンダントらしい。いろいろガイドしてくれた。
地元の列車とはいえ、めったに乗らないし、名所も知らないので
こういうのもいいものだ。
でもお姉さんは「神戸駅(ごうどえき)」までで降りてしまうのだった。
P10209314

足尾に近づくにつれて気温の低下が列車内でも感じる。
外の景色も風花が吹雪のように舞っている。
(こんな中を走るの!?一人で!?30キロも!?何のために)
モチベーションは下がりっぱなし。
11時に間藤駅に到着。
P10209366

<ハーフマラニック出発>
間藤駅まで来た乗客は自分のほかに1名だけ。
その人もリュックを担いでいたが、山に登りそうな雰囲気だった。
キャップをナイキの「ばん」ゼッケンつきに交換。
ネックウォーマーがリュックに入れてあった。良かった。
今日は冒険はしたくなかったので、シューズは足の負担を考えてネクサス。
これだけネクサスばかり使ってると、寿命が心配だけど仕方ない。
のんびりと走り出す。

最初の「桐生46キロ」道路標識を通過したのは、ARESで約1キロを
通過する頃であった。
P102093787
太陽でも顔を出せば違うのだろうが、風花が強い向かい風にのって
叩きつけてくる。もはやトレーニングというか、修行だよ。
八甲田山かここは!?
P10209398 P10209408
最初のうちはちょっと走っては写真ばかり撮っていた。
(途中の駅で乗って帰ろうかなー。)
(弟に会うには3時には家に帰らないと)
(せめて10キロは走らないとだよなぁ)

などと、後ろ向き思考なランが続く。
P10209459 P102094610
走り出して間もなく長いトンネルを2つ通過。
両方とも500m以上はありそうで、通過中はGPSでの補足ができなくなる。
だから時間だけ経過してて、衛星再補足で突然距離が進んだり。

金曜日の昼の疲労抜きジョグでは手袋がいらなかったが、
それは昨日の前橋市内の話。
今日はレース用のグローブに「疾風」手袋を重ねてみたが、
それでも手の自由がきかなくなってきた。

<草木湖>
「沢入」の文字が見えてくると少しだけ安堵する。
草木湖マラソンの19キロの部で通過するあたりだから。
P102095211
自分は19キロ走ってないので、本当は安堵する理由ないんだけど。
富弘美術館の案内も多く見える。
その富弘美術館の前を通過。観光バスも一般車両も停まってない。
休みなのか?寒さで客が来ないのか?前は結構賑わっていたのに。

そのすぐ先にある草木湖ドライブインでトイレ休憩。
ドライブインにもクルマが2~3台しか停まってない。
温かいソバとか食べたい気もするが、まずはトイレだ。
しかし手が悴んでいてウィンドブレーカーの紐が緩められない。
用を足したいのに、ズボンを下げられない。
大ピンチ!
人に頼むわけにもいかないし。。。拷問のような状況だ。
縛られたロープをほどくようにして懸命にモゾモゾしつつ、ずり下げる。
この後も走るわけだから、ヤケを起こして破れたりしたら大変だ。
何とか大惨事にならずにミッションをクリア。
外に出て、みそおでん(200円)とホットレモンティーで小腹を満たす。
P102095312

この草木湖までで約19キロ。
時刻は13時を過ぎていた。
本当は「水沼駅まで走る」と言ってたけど「ハーフマラニック」だから
ちょうどいいんじゃない?
これなら納得してくれるよ(誰が?)

実家に電話して弟に迎えに来てもらおう・・・電話をかける。
ん?
かからない?

圏外!
ガーーン!

仕方ない。。。
自力で駅まで行くしかない。。。

手袋をはめようとするが、悴んだ手ではかなり困難。
自分の手なのに自由がきかない。モノが強くつかめないのだ。
口を使って手袋をはめた。

<水沼駅へ>
草木湖ドライブインを出発。
さて、どこまで走ろうか?
水沼駅まではまだ10キロ近くある。

実はもう一つ気になることがあった。
相老駅から間藤駅まで1020円だった。
一方、丸一日何度乗り降りしても1800円というチケットがある、
ということを列車に乗ってからお姉さんに聞いた。
少なくとも800円より安い運賃のとこまで走らないと何かヤダ。

・・・というセコイ考えがアタマをぐるぐるし始めた。
あと20キロ以上走るのは大変だけど、10キロなら・・・走るか。
途中の駅の表示にも目もくれず、ひたすら当初目的の水沼駅を目指す。

下りばかりでなく上りもときどき出てくる。結構苦しい。
水沼温泉センターの案内も何も出てこないが、ARESの距離表示だけを
頼りに走る。29キロくらいの地点にあるはずだ。

水沼温泉センターの案内が出てきたのは、目視でも駅が確認できそうな
くらい近づいてからだった。
水沼駅前の信号を左折して駅に到着。
P102095713
時刻は14時30分に近かった。

まずは列車の時刻を確認する。
わたらせ渓谷鉄道は1時間に1本程度しか走らないので、
ヘタをすると走ったほうが大間々に早く着いたりするかもしれない。
20分後にあった。

これで行こう。
これにて本日のマラニックラン終了。
誰かが見てたわけでもないけど、走り終えた。
P102095914

<帰り列車>
水沼駅には券売機はなかった。
ワンマン車両なので、バスのように車内で支払う。
朝の列車は合い向かいのボックス席もあったけど、帰りの車内は
横長の座席のみ。もちろん1両だけだ。
帰りの車内にもアテンダントさんがいたが、人のよさげなオバちゃん。
ガイドはそれほどなかったけど。
15時20分ごろ相老駅に到着。
弟のクルマが迎えにきてくれていた。
土足禁止だった。

|

« <試用レポ>adidas Energy boost(エナジーブースト) | トップページ | 足裏の痛み »

コメント

お疲れ様です、週末とてつもない強風でしたが無事に走られたんですね。私も時間を見つけて走りましたが何度も風で飛ばされそうになりましたよ。しかも試用レポを拝見したら2月はかなり距離を走った様で頭が下がります。都合が合えば是非、ご一緒しましょう。

投稿: ランナー休養中 | 2013年3月 4日 (月) 14時34分

>ランナー休養中さん

春になるのを冬が必死で抵抗してるような、そんな寒さと風でした。
2月は最後の1週間で距離3を走りましたが3月はどうなりますかねぇ。

投稿: ぐらんどばん | 2013年3月 5日 (火) 10時46分

こんにちは。
「クリール」5月号p30で上州銅街道マラニックが載っていて、ぐらんどばんさんのブログと間藤駅での画像が紹介されております。

投稿: すずき@東毛 | 2013年3月25日 (月) 09時59分

>すずき@東毛さん

こんにちは!ご連絡ありがとうございます。
自分も雑誌を買ってさっそく読みました。
最初に紹介されてるなんて光栄ですね。
それも元となったミノさんの日記あればこそです。
感謝です。

投稿: ぐらんどばん | 2013年3月25日 (月) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« <試用レポ>adidas Energy boost(エナジーブースト) | トップページ | 足裏の痛み »