« 【大会レポ】軽井沢ハーフマラソン2013 | トップページ | 【大会レポ】第30回群馬の森さわやかマラソン »

2013年5月26日 (日)

【大会レポ】第9回谷川真理駅伝

今回が3度目の出場となる谷川真理駅伝を走ってきました。
自分らが初出場した一昨年以来、非常に天気が良好。
今年も暑さとの戦いになりました。

<出発>
自宅出発は午前5時。
みんなを乗せるため、今日はコペンじゃなくエリシオンで運転手です。
前橋エキータに集合し、6時ごろ出発。
途中、高坂SAでトイレ休憩。昨年と同じ。
集合場所の西台駅に予定より10分ほど遅れて7時40分に到着。
電車組と合流。

今日は前橋、大宮、熊谷、矢野口から12名(3チーム)が集結。
3チームでお昼ごはん代を争う、恒例の「お昼ご飯バトル」勃発。

それではレースの前に3チームの出場メンバーを紹介しよう。

<RC赤城颪A>※男女混成の部にエントリー(混成の部には女子2名必要)
○1走(めぐみん)<蒲田>
 タニマリ初出場の豪快女子。彼女のおかげで混成の部に初エントリー。
 真冬でも信じられない薄着で練習に参加。寒さには強いが暑さにはどうか?

○2走(なおくん)<前橋>
 タニマリ初出場。バレーボールが本職。どこでもジャンプマン。
 今回チーム1の高身長を生かしたストライドが武器だ。

○3走(ミッチー)<大宮>
 赤城颪のアイドルランナー。2走なおくん共々、昨日飲み会だったらしい。
 寝不足&二日酔いが心配。企業対抗駅伝での不調の雪辱なるか?

○4走(うめちゃん)<前橋>
 RC赤城颪屈指のスピードランナー。毎回ケガに泣かされてきたが、今回は
 体調万全。ただし暑さ&日差しが大嫌い。タイムは天候次第!?

<RC赤城颪B>※男子の部にエントリー
○1走(りゅうツー)<前橋>
 喜怒哀楽が表に出ない冷静沈着マイペースマン。若さがないと言われる3年目
 社員の一人。ランナー体型とは程遠いXLサイズのガッシリタイプが仇か?

○2走(りょう)<大宮>
 昨年の京都マラソンからフルに目覚めた元陸上部男子(初めて知った)。
 積極的に大会にも出ているが暑い、寒い、雨などで心が折れやすいかも。

○3走(トシキ)<熊谷>
 RC赤城颪期待の若手ボーイ。入社2年目。休日合同練習でも企業対抗駅伝でも
 オレとほぼ同タイム。若いライバル出現か?

○4走(みどりちゃん)<?>
 なんと女子大生。助っ人ハヤトの大学の後輩。なっちゃん時代の田中麗奈さん
 みたいなさわやか系美人。今回が初めての大会出場。初々しさ爆発。

<RC赤城颪C>※男子の部にエントリー
○1走(せこさん)<前橋>
 りゅうツーと同期のももクロ大好きバレーボーラー。がっしり度はりゅうツー
 といい勝負。ダイエットでかなり痩せたが筋力まで衰えていないか心配中。

○2走(ばん)<前橋>
 認めたくないものだが、今回の最年長。今回もお父さん的送迎ドライバー。
 期待はずれに終わった企業対抗駅伝の雪辱を果たしたいが、体重高止まり中。

○3走(I川)<前橋>
 付き合いはいいが練習量は控え目。頭に白いものが目立つ年齢になってきたが
 肌はモチモチ。痛い系や競馬にも造詣は深い。走るにはまったく関係ないが。

○4走(ハヤト)<矢野口>
 入社2年目かわいい系男子。その実体は猛者軍団の一人。可愛い女子大生
 ランナーを連れてくるなど、実はあっちの実力も猛者かもしれない。

<男子の部1stバトル>
9時30分、男子の部スタート。
わがRC赤城颪からはBチーム、Cチームが出場。

第1区は入社3年目の同期対決、りゅうツーvsぜこさん。

2人には「前の方でスタートダッシュしろよ?」
と言っていたにもかかわらず、遥か後方、後ろから数列目でスタートを通過。
2人は仲良く併走中。

コースはトラックを出て右折すると約1キロ先で折り返してくる。
そして再びトラックに入りスタート位置付近は対面通行。
今度はトラックを出て左折。約1.5キロ先を折り返し。
三度(みたび)、トラックに入りタスキ受け渡しを行う。

第1走の2人が最初の折り返しを終えてトラックに戻ってきたときは、
ぜこさん(Cチーム)が10mほどリード。2人に声援を送る。
巨漢2人が走る姿は豪快だが、男子の部だけでも800チーム近くおり、
発見するのも大変だ。

Bチーム 00:27:58(5kmLAP 27:58)
Cチーム 00:26:07(5kmLAP 26:07)

暑さにやられたか?最後は意外に差がついた。

<男子の部2ndバトル>
第2区は昨年のタニマリで似たようなタイムだった、りょうvsばん。

りょうは「仙台国際ハーフ」とか「京都マラソン」とか意外と派手で
遠方の大会にも出ている。オレは地味で近所の大会しか出てないが、
タイムでは負けないゾ!
オレは河川敷コースと相性良くないけど。

ぜこさんからタスキを受け取り、オレが先行スタート。
前を走るランナーはまるで障害物。
対抗してくるランナーに気をつけながら右に左にかわしていく。
とにかく抜きまくる!

1キロ通過 0:03:48(LAP 0:03:48)※レース中は時計をみていない

給水も近くにないのに折り返し付近に水溜り?
足元がすべる。

とにかく抜かすランナーには事欠かない。
折り返して「りょう」とすれ違った。差を広げなくては!

2キロ通過 0:07:51(LAP 0:04:03)

トラックに戻ってくると唯一の給水ポントがあるのだが、
タイムを考えると給水している間はない。
トラック対抗は道幅も狭いが、ここも抜きに行く。

今回のシューズはウェーブスペーサーAR3。
フルマラソンサブ3.5のペースじゃなく、もっと上のペースで走るため
久しぶりに実戦投入。軽さと通気性を感じて心地いい。

トラック直線、右前方に片手をあげている女性が立っている。
谷川真理さんだ!
サングラスを外してハイタッチ。
がんばりますよ!

3キロ通過 0:11:59(LAP 0:04:08)

2度目の折り返しのとこではシャワーのようにホースで水を撒いていた。
ランナーを冷やすために。
ありがたく浴びた。

すると間もなく後方から放送が聞こえた。
「先頭ランナーが通過します。左によってください。」
なんと2区にして周回遅れということか。

4キロ通過 0:16:14(LAP 0:04:15)

先頭ランナー、2位のランナーが通過していった。
スピードは違うがオレもそれに続いて前を行くランナーを抜かす。
へばっている場合じゃない。
もうあと1キロないのだ。

トラックが近づいてきた。
終わりは近い。
今回はBGMは聞いてないが、バトル開始!

トラックに入る曲がり角でぶち抜く!
トラックのコーナー、へバリ気味ランナーをぶち抜く!
スタート地点付近の直線でダッシュしてぶち抜く!

3区I川にタスクを繋いだ!
5キロ通過 0:20:08(LAP 0:03:54)

時計を見た。20分台。
惜しい。20分切れなかった。
でも最後まで気持ちが切れなかったのでヨシとしよう。

オレのレースはこれで終了。
あとはチームの応援だ。

Bチーム 00:49:44(5kmLAP 21:46)
Cチーム 00:46:18(5kmLAP 20:11)

公式記録はスタート地点上の計測マットなので、
そこからタスキ受け渡し場所までは別の人の記録になってしまう。
オレのラストダッシュは第3走者のタイムに。

<男子の部3rdバトル>
トシキvsI川。
2区終了時点で3分以上の差がついているが、逆転されるだろう。
トシキのタイムがオレと同程度だとすると、I川とは5キロで5分
以上のタイム差があるはずだ。

案の定、トシキが先に戻ってきた。
速い!

逆転され、Bチームはアンカー女子大生ランナー、みどりちゃんへ。
一方、わがチームI川はまだ戻ってこない。
やはり、予測どおり暑さにやられているらしい。
だから昼休みに5キロ走っておいたほうがいいよって言ったのに。

Bチーム 01:09:42(5kmLAP 19:58)
Cチーム 01:13:50(5kmLAP 27:32)

3区対決は想像以上の7分半差。逆に4分以上のビハインド。
お昼ごはんバトル、早々に敗退か?

<男子の部4thバトル>
そんなことはなかった。
なんせ美人女子大生ランナーみどりちゃんは初レース。
一方の助っ人ハヤトは猛者軍団メンバー。
彼が本気を出さなくてもなお、圧倒的な差があった。

最初の折り返しからトラックに戻ってきたのはみどりちゃん。
だが、すぐ後方に助っ人ハヤト。

トラックで目の前を通過していくときに、ハヤトがみどりちゃんの
肩をぽんと叩いて抜いていく。
4分差はわずか2キロで逆転してしまった。

助っ人ハヤトは最後のトラックでも楽々と前を行くランナーをパス
しながら余裕のゴール。

それからしばらくしてみどりちゃんがトラックへ。
へばってそうだが、フォームはキレイだ。
暑さで顔が上気して真っ赤。

「みどりちゃん、がんばれー!ラストー!」

男子の部対決はこうして幕を閉じた。

Bチーム 01:40:09(5kmLAP 30:27)
Cチーム 01:32:28(5kmLAP 18:38)

まずはCチームが勝ち残った。
次に走る混成の部Aチームのタイムで優勝チームが決まる。

それにしても暑い。

二枚重ね構造のリバーシブルユニホームは、暑い時期に
着るには適さないかな。

少しカラダに風を・・・ん?

なんだ、これは?あっ!

ユニホームの下にもう一枚・・・紫のポロシャツ。
朝、着ていたやつだ。
脱ぐの忘れて、この上にユニ着てたのか。

・・・。

どうりで暑いわけだ!

夏日のレースに、シャツ3枚重ねで走れば・・・
暑いに決まってる!
仮装してるわけでもないのに。

こんなん着てなきゃ20分切れたんじゃ・・・。

<混成の部スタート前>
AM11時すぎ。

朝方は太陽が照り付けていたが、混成の部スタート前になると
太陽はほぼ真上に上り、トイレ後方の木の下の陣地は木陰になった。
陣地周辺は朝に比べるとかなりの賑わいになっていた。
混成の部スタート時刻に合わせてきたチームもいるんだろう。

トイレにも女性の列が目立つ。

谷川真理駅伝では混成の部エントリーには女性が最低2名必要。
しかも第一走者と第三走者は女性が走る決まりになっている。
第二走者と第四走者は男女どちらでもOK。

今回三度目の出場となるミッチーも、混成の部で走るのは初めて。
つまり同じ区間、周りを走るのもほぼすべて女性。
こんな状況はウィメンズマラソン以外ではなかなかないだろう。

<混成の部1走>
11:30混成の部スタート!

お昼ごはんバトルがあるとはいえ、応援はちゃんとする。
さてさて、うちの第1走めぐみんはどこかな?

めぐみんも大会に出るのはまだ2回目。
昨年の渋川駅伝以来。
まだ自分がどの程度でのスピードで走りきれるか掴んでいない。

大集団の女性ランナーの中からめぐみんを探す。
なかなか見つからない。

もう通過してしまったか?

いた!
かなり最後尾に近いが、ヨソは関係ない。

前半の折り返しからトラックに戻ると2キロちょい。
その通過が11分後くらいだった。
後半の方が距離があるから、26分~27分かな?

Aチーム 00:26:04(5kmLAP 26:04)

予想通り。
男子の部のB/Cチームの巨漢2人よりわずかだが速い。
なかなかやるぜ、めぐみん。

<混成の部2走>
第2走はイケメンバレーボーラー、なおくん。
ミッチーとは同期入社でミッチーからの信頼も非常に厚い。

昨年12月の前橋駅伝では、りょうと同じく第1走を走り、
非常に接戦だった。
今回もりょうに勝つことを意識しているらしい。

しかし、暑さが体力を奪ったか、予想到着時間になっても、
中々なおくんは現れない。
バレーボーラーは日差しの中ではあまり戦わないからなぁ。

来た!

Aチーム 00:49:28(5kmLAP 23:24)

それでも23分台。ここまでで50分切り。

ちなみにB,Cチームの2区終了時点のタイムは、
Bチーム 00:49:44
Cチーム 00:46:18
・・・だった。Cチームに約3分のビハインド。

<混成の部3走>
先週の企業対抗駅伝(1区間5キロ)も一緒に出場したミッチー。
そのときは風がそこそこ強かったのと砂埃がひどく、タイムは
23分台だった。
今日は前日の飲み会の影響かテンション低め。

同期のなおくんからタスキを受け取ったミッチー、元気に出発。
折り返して前半のトラックを通過していくミッチーを応援する。

助っ人ハヤト「約9分です。いいペースですね。」

いいペースだ。
周りが女性ばかりでどんどん抜かしていけるのがモチベーションに
なっているんだろう。

後半折り返しからトラックに戻ってきたミッチーを発見。
タイムは・・・

Aチーム 01:11:20(5kmLAP 21:52)

なんと22分を切ってしまった。
さすがミッチー。前夜の酒も関係なかった。

3区終了時点のB,Cチームのタイムは、
Bチーム 01:09:42
Cチーム 01:13:50

非常に接戦だ。

<混成の部4走>
接戦だが、残りを21分で走ればAチーム優勝だ。
ミッチーのがんばりでAチームの優勝の可能性が高くなった。

助っ人ハヤトと顔を見合わせる。
「やばいですね。」

暑さと日差しが苦手なうめちゃんだが、イケメンバレーボーラー
なおくんのような失速があるだろうか?

ない!

お昼ごはんバトルに情熱を燃やす男が、この状況で失速など
するはずがない。

最初のトラック通過は見逃してしまった。
16分・・・17分・・・早く現れて欲しいような、欲しくないような。

見えた!

うめちゃんが最後のトラックに入ってきた。
メンバーみんなで声援を送る。

「ラストーー!」

ゴール!

タイムは・・・19分41秒。

Aチーム全体で1時間31分01秒。

Aチーム優勝。

<レース後>
Aチームが走り終えたのが13時ちょいすぎ。
昼食バイキングを予約してある西台駅前の「王華」は料理ラストが
2時半らしい。
駅までの移動も20分近くかかるので急がなくては。

そそくさと片付けて駅前へ移動。
王華で打ち上げ開始。

お腹が落ち着いた後、参加賞のTシャツを全員で着て、記念撮影を
することにした。

席で撮影しようかと思ったら、隣のフロアにステージが見える。
そこで撮影してOKかをお店に聞いたらOKだった。

しかも周りのテーブルも片付けてもらったり、
ステージにライトまでつけてくれたり、
カメラ撮影も頼んだり(しかも4台も!)、
レストラン王華さん、ありがとうございました。

今年の谷川真理駅伝、これにて終了!

|

« 【大会レポ】軽井沢ハーフマラソン2013 | トップページ | 【大会レポ】第30回群馬の森さわやかマラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【大会レポ】軽井沢ハーフマラソン2013 | トップページ | 【大会レポ】第30回群馬の森さわやかマラソン »