« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月16日 (日)

【大会レポ】第一回谷川真理ビーナスマラソン in 白樺高原

<起床>
午前4時。
何度目かのアラームで目が覚めたようだ。
今回のレースに備えて新しいBGM編集をしていて
寝るのが1時すぎになってしまい、寝不足気味。

ナビによれば会場まで高速使って約2時間半。
会場は山の中なので渋滞考慮して4時半出発予定。
・・・だったが結局5時に出発となった。

<会場到着>
運転中、気を抜くと居眠り運転しそう。
早く到着して少しでもいから仮眠したい。

距離表示の看板が見えてきた。会場は近い。
20キロ地点には谷川真理さんのメッセージが書かれてた。
女神湖には7時半くらいに到着。
まだ道路も駐車場もすいていた。

困ったのは想像以上の寒さ。雨もかすかに降っている。
さすがにかすみがうらのときほど冷え込んではいないが、
それでも10度くらいしかないようだ。
暑さを想定して防寒アイテムはほとんどない。
雨対策のポンチョがあるにはあるが。

<朝の散歩>
そうだ。
20キロ地点の真理さんメッセージの写真撮ってこよう。
長袖のウィンドブレーカーを着て、車で来た道を逆方向に歩き始めた。
会場に向かって歩いている人と何人かすれ違う。

前方にピンクのウェアで傘を差してくる人影を見つけた。
美人センサーが反応する。
谷川真理さんだったりして。
まさかね。
歩いて会場には来ないでしょ。

顔が判別できるくらいまで近づいてきた。
女性なのは間違いない。
傘の中の顔を覗き込む。

真理さんだった。
疲れ目か、真理さんの目がウサギのように赤い。
あわてて挨拶する。

ばん  「お・・・おはっ!ようございます!」
真理さん「今日は走られますか?」
ばん  「はいっ!頑張って走ります!」
真理さん「天気がアレですけど、それじゃがんばって!」

メッセージの写真を撮りに行こうとしてご本人に会えるなんて。
眠気は吹き飛びました。
メッセージ写真も撮ってきましたけどね。

<スタート直前>
スタート15分ほど前に並び始めた。
谷川真理さんとこの中島コーチからレースに向けてアドバイスがあった。

「みなさん、今日はPBは出ません!そういうコースじゃないです!」

「標高が高いので、昨日の駅伝から参加している人はまだいいですけど、
 今日来たばかりの人にはかなりツライレースになります。」

「いつもの1割から2割増し・・・まぁ2割までいかなくとも、1割以上は
 落としたペースを設定してください。」

真理さんからも

「最初いきなり上りが5キロです。 最後にも強烈な上りがあります。
 どMな方には堪らないコースを準備しました!楽しんでいってください!」

楽しみますよー、真理さん。
今日のレースに向けて作戦も考えてあります。

☆作戦★
最初の上り4.5キロは足を温存しながら走る
4.5キロの折り返しから16キロまでほぼ下りを駆け抜ける
16キロから19キロまでのキツイ坂は、たぶん追い抜きはできない
そこを耐えて、19キロからが勝負!

この作戦に向けてBGMも再編集。
とにかくベストを尽くす!

<レーススタート!>
午前10時ハーフの部。スタート。
スタートロスは10秒くらい。

アドバイスを受けて、スタート直後から上りが始まるせいか、
最初から抜きまくりをかけるランナーは少ない。
自分の作戦も最初は温存だ。

GPS時計は後でレースを振り返るために装着しているが、
時計確認したのは10キロ地点だけで、あとは見ていない。

1キロ 0:05:23 (LAP  0:05:13)
2キロ 0:10:25 (LAP  0:05:02)
3キロ 0:15:31 (LAP  0:05:06)
4キロ 0:20:31 (LAP  0:05:00)

最初の上り坂は、木陰から薄日が差し込む感じで非常にさわやか。
あまりキツさを感じなかった。
感覚的には、さのマラソンのトンネル前後にあった坂くらい。
もう少しペース上げようかと迷うくらいだった。
行こうと思えば行けた感じ。

トップが折り返してきた。
2人が競り合っている。

ばん「ファイトー!」

すれ違いで声をかける。
握り拳を突き上げる。

ほどなくして自分も折り返し地点へ。
大きな三角コーンを左からぐるりと回って下りへ。

5キロ 0:24:59 (LAP  0:04:28)

ここが今上ってきた坂なのか!?
・・・というくらい急な下りに感じた。
どんどんスピードが出てしまう。

6キロ 0:29:12 (LAP  0:04:13)
7キロ 0:33:11 (LAP  0:03:59)

『下りは足へのダメージが大きい』

そんな言葉が頭をよぎる。

でも毎日走って足づくりしているじゃないか。
5キロや10キロの下りでヘタレてたまるか!

8キロ 0:37:26 (LAP  0:04:15)
9キロ 0:41:45 (LAP  0:04:19)

スタート地点を逆から通過。
このあと4キロほど小さなアップダウンが続く・・・はずだった。

<現れた第2の坂>
コースを誘導された。11.5キロと共通のコースになるようだ。
上りが始まる。
先ほどまでの上りよりも、かなり傾斜がキツイ。
日差しがだいぶ強いが、木陰もほとんどない。

10キロ 0:47:12 (LAP  0:05:27)

ここで後ろ姿がメタボマッチョなランナーに抜かれる。
上りはこれが本番じゃない。まだ我慢だ!

11キロ 0:51:50 (LAP  0:04:38)

コースがやや平坦に戻る。
体力と水分温存のために、なるべく日陰や最短距離を走るようにする。
メタボマッチョを抜き返す。

12キロ 0:56:50 (LAP  0:05:00)

12キロ付近で未舗装路コースに突入した。

普通の林道といった感じで、多少の凹凸はある。
朝までの雨で土も葉っぱも湿っている。
でも大きな砂利や落石、木の根っこなどはなく走りやすい。

トレランコース待ってました!
とばかりに抜いていくランナーも1名いた。

13キロ 1:01:20 (LAP  0:04:30)

<ご婦人ランナー>
未舗装路が急な下りに変わった。
平地と違って、凹凸のショックを大きく感じる。
これは結構足にダメージを食らうか?
考えていたら、一回り以上は年上そうなご婦人ランナーに抜かされる。

今回、坂道と未舗装路に備えて、シューズはウェーブネクサスだ。
行けるとこまで行ってやれだ!

急な下りでさらに前傾姿勢を取る。
ストライドを広げず、ピッチを上げる。
1秒3歩。

気分はカリオストロの城のルパン三世!あらららららー!
飛ばないけど、ご婦人ランナーも勢いでパス!

14キロ 1:05:24 (LAP  0:04:04)
15キロ 1:09:40 (LAP  0:04:16)

コースが林道から舗装路に再び変わった。
つづら折りのクネクネコースでアップダウンもある。

16キロ 1:14:13 (LAP  0:04:33)

1人を抜くとき、別の2人に抜かされたり。
ご婦人ランナーにまたもや抜き返される。

<第3の坂は地獄の一丁目>
17キロ付近に最後の給水ポイント。
この後はゴールまで給水はない。
カップを2度取って、一口飲んだり、顔をすすいで冷やしたり。

17キロ 1:19:19 (LAP  0:05:06)

まもなく大きな通りに出た。
車が対面通行する一本道が大会会場まで続く。
車はほとんど走っておらず、歩道も広い。
ここからは歩道を走行するらしい。

2段ロケットのように、途中からさらに傾斜がキツクなる。
倍くらい辛く感じる。

ストライドを狭めてピッチを上げようと努力するが、
ピッチもそれほど上がらない。
かろうじて走っているが、スピードが出ない。

18キロ 1:25:52 (LAP  0:06:33)

周りもペースが上がらないから差はつかない。
いや、ご婦人ランナーだけにはわずかだが差を広げられる。
ものすごい粘りだ。

だが、周りのランナーも気持ちでは負けてはいない。
どんなに辛くても歩かない!
徒歩並みのペースでも、歩かずに走り続けている。

下りでもほとんど抜けなかったが、この大会に出ているランナーは
根性が違う気がする。

でもオレだってくじけないぜ!
あのご婦人ランナーに追いつかなくては!

逆転のBGM。。。
起死回生の変身だ!仮面ライダーBLACK。

「変・・・身!」


19キロ 1:31:19 (LAP  0:05:27)

両腕を斜め下に突き出す!
駆け上がる!
メタボマッチョら近くを走っていたランナーを抜き去る!
上り切った!

<ビーナスとハイタッチ>
平地でも下りに思えるくらい楽に感じる。

だが!
こっからがクライマックス!
後ろを一気に突き放す。

自分に気合を入れるため、声に出して叫ぶ。

「ターボ・ブーストォ!」

BGMはバトルミュージック!

20キロ 1:35:34 (LAP  0:04:15)

前方を行くランナーが遠い。
はるか遠くまで見える一本道なのにランナーが見えない。

そんな中、車道付近にピンクのウェアが見えた。
オレの美人センサーが反応した!
あれは谷川真理さんだ!

ターボブースト中だが、どうやってハイタッチしようか悩む。

サングラスは取ろう。
お顔がよく見えないし、失礼かもだし。
でもサングラスどうしよう?
キャップに置くと、ばんゼッケンが見えないし。

・・・左手でサングラスを持ってハイタッチすることにした!

ばん  「真理さーん!頑張ってまーす!」

痛くならないよう、ソフトにハイタッチ。

真理さん「はーい、ばんちゃーん、ファイトー!」

おお~~っ!
名前を呼んでもらえたどー!(感激)
ゼッケンつけといて良かったぁ。

その後は幸せに浸りながらパレードラン状態。
走り終えたランナーなど、沿道の声援がたくさん。

沿道  「がんばってー!あと○○メートル!」
ばん  「ありがとう!ございま-す!」

笑顔で手を振りながらゴールを目指す。

GOAL 1:39:00 (LAP  0:03:26)

ゴール!

PBタイムの1割増しまでは遅くならなりませんでした。
でも最後は想像以上にきつかった。

放送で中島コーチが、
「今ゴールしているランナーたちは平地ならハーフ1時間30分、5キロなら
 20分切るくらいのランナーたちです。」
と話されていました。まさにそんな感じ?
表彰式でお立ち台に立ったランナーも口をそろえて
最後の坂のことを言ってました。

<レース後>
ゴール後に受け取った参加賞Tシャツに着替え、ゼッケンをつけた。
抽選会でもし当たれば、いくつかのレースに招待される!

はい。
外れました。

ノーザンホース(北海道)行きたかったな。
チャリティオークションは手持ちが少なく、参加しなかったけど
意外なものが高く、意外なものが安く落札されて、ビックリ。

イベント終了で真理さんが降壇してきたところで
グループ参加している人たちが一緒に写真を撮ったり。

今回自分は1人きりの参加で写真も風景ばかり。
思い切って真理さんとの写真を、通りがかりの親切な人に頼みました。
P1030747640
自分の後に女子1位の大学生ランナーが待っていたので、
お話はできませんでしたが、今回のレース、苦しかったけど自分なりに
楽しんできました。

| | コメント (0)

2013年6月 9日 (日)

【大会レポ】第30回群馬の森さわやかマラソン

今回で最後の開催となる群馬の森さわやかマラソンに出場。
昨年に続いて今年で2度目の参加。今回も10キロにエントリー。
降り注ぐ太陽の下、さわやかな風を感じてきました。

<大会の朝>
午前4時11分。起床。
アラームが鳴った気配はない。
おかしいな・・・
たしか3時50分と4時15分くらいにセットしたはず・・・あ!
月曜から金曜にアラームが鳴る設定だった。
寝坊しなくて良かった。

準備しておいたウェアに着替え、
買っておいたおにぎり、やきそばパンを食べる。

午前5時自宅を出発。
5時24分発の始発列車に乗る。
高崎駅には6時すぎくらいに到着したが、
乗り換えの八高線出発まで30分ほど待つことになった。
高崎駅から2駅目。北藤岡駅に到着したのは6時50分ごろだった。

<会場へ>
北藤岡駅は無人駅だった。改札を出てもほぼ人はいない。
地図で見ると、会場の群馬の森に一番近い駅はここなのだが、
案内ハガキには「高崎駅からタクシーで」と書いてあるし、
使われないのだろう。

てくてく歩き始めると信号待ちでランナーらしき人を見かけた。
タブレット端末で地図を確認しているようだった。
会場までは約1.9km。
ほぼ直線一本道で、20分ほど歩いて到着した。

<群馬の森>
会場の群馬の森に入るとすぐにスタート位置の横断幕が見えた。
その先に芝生の広場があり、テントが並び、受付を行っていた。
ゴール付近の木陰にシートを敷き、荷物をおいて受付した。
今回の参加賞は小ぶりのリュック。
5月の鹿沼さつきマラソンでは折りたたみ式リュックを貰ったが
こちらは折りたためはしないが、ランナー用にしっかりした感じ。

あたりを見回すと、やや離れた場所にふかさんとテントが見えた。
挨拶をして、こちらに合流。シートを敷きなおし、今回の陣地とした。

今回は職場チームRC赤城颪のメンバーも自分以外に3人出場。
彼らが到着したときに一緒に写真を撮った。

一方でジョグノリンクのみなさんとも合流。
ふかさん、ラムポーンさん、やすさん、そして今回初めてお会いできた
たいつきさん。
まるちゃんは残念ながら欠席となったしまった。

5キロの部が8時半にスタート。
そのくらいの時間からみなさん思い思いにウォーミングアップ。
自分は昨日の腰痛がまだ影響していて腰を伸ばせない感じ。
ジョグよりも関節をほぐしたくて股開いたり、前後に開脚したりを
少しだけ。

気がつくといつのまにかみなさんの姿が見えないので、
トイレによってスタート地点に向かった。

<スタート>
スタート付近できょろきょろしていると、ラムポーンさんらが手を
ふってくれていて、そこに合流。結構前の方。
鼻腔拡張テープを付け忘れたのに気づいたが、もう仕方ない。

9時15分。10キロの部、スタート!
号砲(ピストル)ではなく、ホイッスルだった。

列はすぐに動き始めたが、スタート直後にある大きな花壇を迂回
したりとコースが狭まるため、渋滞気味。

やや下り気味から始まるコースで、スピードに乗りたいが
ランナーの波を右に左にかきわけて進むほど、気持ちも心拍もまだ
上がっておらず、そこまでアグレッシブには攻めていけない。

左前方にやすさんの赤いキャップ、シャツが見えるけど、他のみんなは
自分の後ろかな?
振り返る余裕はなく、まわりに合わせて走る。

10キロのレースで、スタート直後の数分の遅れを取り戻すのは
大変だよなぁ。
気持ちは焦るが、時計はみない。
ただ、体感的にはキロ5分くらいのゆっくりペースだろうと思っていた。

1キロ通過 0:04:22 (LAP 0:04:22)

時計を見てないのでレース中は知らなかったけど、
思ったほどには遅くなかったみたい。

ただ、ここ一ヶ月で出たレースや駅伝は最初の2キロはキロ4分を
切ってたので、遅く感じたのかもしれない。


<折り返し~群馬の森の外へ>
折り返しあたりで多少混雑が緩和された気がした。
実際には、すれ違うランナーとコースを2分していて狭いだが、
ランナーがやや縦に広がった感じになった。

コースは「上り」というほどでもなかったけど、前を走るランナーの
ペースが遅いわけでもなく、どんどこ抜いては行けない。

RC赤城颪のウメちゃんの奥さんが5キロレースを終えて、
沿道で声援してくれていた。

「ガンバ!ウメちゃん、先に言ったよ!」

RC赤城颪ウメちゃんは、駅伝もしくはレースに出ても10キロまで
しか出場したことないのだが、4月の前橋シティマラソン10キロでは
40分を切っており、もし姿が見えたらついていこうと思っていた。

彼に勝つことが目的じゃなく、あくまでもペースメーカーにさせて
もらおうかと思ってたんだけど、先行するウメちゃんに追いつけるか?

2キロ通過 0:08:30(LAP 0:04:08)

ここでも時計はみてないが、2キロを刻んだLAP音は聞こえた。
この付近で最初の給水が現れた。

まだ森の中を走っていて日差しもあたらないので、給水はスルー。
それよりも森の中はスタッフさんはじめ、沿道に結構人がいる。
応援してれる人もいる。
先ほどのウメちゃんの娘さんも発見し、手を振る。
ああ、ずっとこの森の中のレースだったらいいのに・・・。

しかし、そうはいかない。
最初のスタート地点を逆走して通過し、舞台は外へ。


<太陽と歩道>
外に出てすぐに左折。
ここは交通規制も何もされていない一般道だ。
スタッフさんが、路地から出てくる車を停めてくれたりはするが、
車道は普通に車が往来しており、ランナーは普通の歩道を走る。
幅2mほどの普通の歩道だ。

さらに左折して烏川に沿って走る。
ここら辺はセンターラインのない一般道。
ここでもランナーはキープレフトだ。
1列か、せいぜい2列で繋がって走る姿はまるで遠足のようだ。

とはいえ、車が通らなければ抜いていけるポイントなので、
ここで少しペースをあげて抜きにかかる。
まだ前半なので「ガンガン」じゃなく「スルスル」って感じで。

3キロ通過 0:12:35(LAP 0:04:05)

レースのペースも落ち着いてきていて、あまり追い抜いたり
する人もみかけない。
みな今のポジションをキープしながら淡々と進んでいる。

路地裏や田畑を横切るような道路を進んでいて
沿道に応援の人がいるわけでもない。

ふと意識が遠くに飛びそうになる。
別に暑さにやられたとか、体調不良とかじゃなく、
ぼーっとしちゃってる感じだ。

前にややばらけた集団が見えるのだが、引き離されそうになる。

4キロ通過 0:16:55(LAP 0:04:20)

イカン!
これじゃ居眠り運転だ。

練習じゃないんだから「ペース落ちてもいいやー」じゃなく
ついていかないと。

しかし一般道に出てからは太陽をさえぎるものは何もない。
灼熱地獄、ってほどじゃないけど、この辺りで給水欲しいなぁ。
気合入れなおす意味でも!

5キロ通過 0:21:07(LAP 0:04:12)

<現れた伴走者>
突然、わき道から黒いウェアの男性ランナーが合流してきた。
ゼッケンはつけておらず、待ち構えていた感じだ。

合流した黒ランナーは元から走っていた男性ランナーと
おしゃべりしながら併走している。
おそらく知人がレースに出場しているんだろう。
黒ランナーの方がカッコウからして「走りそう」な雰囲気で
コーチ役なのかもしれない。

そこそこいいペースで走っているので、ついて行くかと考えたが

「勝手に未エントリーのペースメーカーつけちゃイカンだろ!」

と、ムクムクと沸き起こった抜きたい衝動にかられ、ぶち抜く!

6キロ通過 0:25:13(LAP 0:04:06)

<赤い彗星>
時計でペースを確認せず、音楽も聴いていない。
レース中にこれほどタイムがわからないレースも久しぶりだ。
ウメちゃんにもジョグノのみんなにも会わないし・・・

そう思っていたら、はるか前方に赤いキャップ、赤いウェアの
ランナーが見えた。

距離が遠くで確認できないが、あれはやすさんでは!?
気持ちが昂ぶった。

たしかにやすさんは最近キロ4分台とかで朝ランしてるし、
初の10キロレースとはいえ、スタミナバッチリなのかも!?

ヤバイ!
徐々に差を詰めて、最後は抜いてゴールしたい!

7キロ通過 0:29:25(LAP 0:04:12)

右前方に給水所があった。
手渡しでカップの水を受け取る。

左手を柄杓の形にしてカップの水をかけ、手ですくって飲む。
量は大して飲めないが、むせなくてイイ!

多少差は縮まったが、赤い彗星やすさんのペース落ちず。

8キロ通過 0:33:37(LAP 0:04:12)

やや急な下り坂を駆け下り、その後はだらだら続く上り区間。
残り2キロを切り、後方から足音が聞こえた。
ラストスパートをかけているんだろう。

2人に抜かされた。
だがあわてない。

昨年の自分がそうだったが、ここから意外と長く感じるのだ。
勝負はもっと先だ。

舞台は群馬の森に戻ってきた。

<ラストバトル>
赤い彗星やすさんとの距離がだいぶ縮まった。
あれ?
やすさんじゃない?

・・・まぁ、いいや。

そう気を緩めた途端、赤い彗星との距離が開いてしまった。

9キロ通過 0:37:56(LAP 0:04:19)

さぁ、あと1キロ!
ここからが勝負だ。ペースを上げろー!

案の定、先ほど抜かしていったランナーは失速気味。
コース取りを工夫してS字コーナー最短距離でぶち抜く!

ところが、別のランパンランシャツおじさん達に抜かれる。
・・・といっても差をつけられるわけでもなく、直後を追走。

最後の最後の急な上りで勝負をかけよう。

まだか・・・まだか・・・

来た!のぼり・・・きった!

一人抜く!

フィニッシュゲートまでもうすぐ。

(バトルミュージックが欲しい!)

そのままゴール!

ああー、最後スパートし切れなかったなー。

時計を止める。
時間を確認。

10キロ通過 0:41:56(LAP 0:04:00)※ARES GPSデータ

41分台?

あれっ?
意外と速かった!

ゼッケンについたチップを外してもらい、
記録証を受け取る。

やったー!
久しぶりの10キロPB更新だ。

40分も41分も切れなかったけど、PBはPB。
2年以上ぶりに更新したので、素直にウレシイ。

<レース後>
一息ついて陣地で宴会開始!
何しろ持ってきた荷物のほとんどが、宴会用の飲み物とツマミ。
良い天気の中、森の木陰で飲むビールはウマイ!

宴会中、昨年の草木湖でお会いした「あっくん」が声をかけてくれた。
さすがにあっくんは速くて35分台だったらしい。
一時期、故障に苦しんでいたが、元気そうでした。よかった。

宴会は午後1時近くまで続いた。
楽しい時間でした。

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »