« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

【大会レポ】第4回宮ケ瀬湖24時間リレーマラソン

ぐらんどばんです。
今年もやってきました。24時間リレーマラソン。

日中は天気も快晴。
気温も上昇し、熱中症が心配されるほど。

自分は宮ケ瀬に帰ってきた。
今年はどんなドラマが待っているか!?

Cimg2648640
<コース試走>
スタート前、今回のコース試走にでかけた。
昨年とスタート位置含め、それほど変わっていないようだが、
若干走りやすくなっているとのこと。

先に試走に出発したプジョー君が立ち止まって木の下で足を伸ばしている。
彼は本日のBチームの第一走者。
「大丈夫?」
気になったが、試走中のメンバーを引っ張らなければならないので、
そのまま試走を続けた。

スタート直前。
プジョー君から話があった。
「一番最後に回してください」
どうやら足の具合が悪いらしい。

15人で1チームを組んでいるので、一番最後に回れば1時間以上は
回ってこない。その間の回復を期待したい。

<レーススタート!>
プジョー君の離脱により、繰上げで自分は第2走者に変更。
つまりすぐに次走者として待機しなければならない。
特に1発目は緊張する。
自分の前を走るウメちゃんが、どのくらいのタイムで戻ってくるか
最初だけは予想がつかないからだ。

そこにもうひとつの緊急事態発生!
急遽第一走者に繰り上がったウメちゃん。
タスキを持っていないらしい!
マズイ!

ドタバタしながら、レーススタート!
Aチーム第一走者はハヤト。
今年もトップで目の前を通過していった。
目の調子さえ戻ればその実力はあるのだが・・・。
我がBチーム、ウメちゃんは?
タスキはどうなった・・・!?

どうやら間に合ったようだ。
波乱のレーススタートであった。

<自分の宮ケ瀬スタート>
試走はしたものの、あくまでもコース確認。
体の準備ができているとは言いがたい。心の準備も。
スタートから6分に近づいたとき・・・ウメちゃんが見えた!
あれっ!?
ハヤトがまだ来ないのに、ウメちゃんが先に!?
何があったんだ!?
Photo
ともかくタスキを受け取り、走り出す。
目の前には10人くらいしかいない。
トップ集団だー。

トップ集団とはいえ、第一走者と違って、第2走者はレベルが落ちる
チームが多い。
こんな自分でも前を行くトップ集団のランナーをパスできる。
最初の上り坂で徐々に距離を詰めていく。
左折しながら坂が急勾配に変わる。
ここで追い抜く!
急勾配の坂はすぐに終わり、今度は急な下り坂に変わる。
坂を上り終えたランナーはここで一息つく。
そこがチャンスだ!抜きどころだ!
テンションを上げる。
一息つかずにぶち抜く!

ところが・・・!
その自分をさらに上回る速度で抜いていくランナーが!
Aチーム第2走者、ハヤトの昔の仲間、アライ君だ。
オレも必死でくらいつく。
他のランナーはパスしていけるが、アライ君とは徐々に距離が離れていく。

そしてタスキをつなぐ。
タイムは・・・6分27秒。
距離が昨年と同じかどうか疑問だが、昨年のベストラップを上回る。
ドタバタした一発目としては悪くない。
アライ君に引っ張ってもらったおかげだろう。

<こう着状態>
今回のレース、個人的な目標としては6分台を何度出せるかだった。
それが4度目にして6分55秒まで落ち込んでいる。
3度目はウォークマン装着で6分40秒台だったから、もう一度つけるか?
いや、ここは気分を変えて、シューズ変更だ。

オレンジシャツに合わせて、オレンジ色が入っているウェーブアミュレットを
履いて走っていたのだが、ウェーブスペーサーAR3に履き替えた。
昨年も一緒に戦った相棒だ。行くぞ!

・・・と気合を入れたところで、
「ばんさん、仮装します?」

はい?
そうだ。この大会には仮装ランの時間帯があって、その時間に仮装で
走ると採点されて、優秀な仮装には賞もあるのだ。
今回自分はまったく仮装の準備はしてなかったのだが、Aチームのまっちゃん
(女性)が、自分が仮装したいと言ったら、自分の衣装を貸してくれた。
セーラー服(仮想用)だけど!

サッカー用のロング靴下を下に下ろすとルーズソックスっぽくなるので
そうしてみた。
なんとか着れたものの、わきのしたがピチピチだ。
腕を振ったら敗れちゃうんじゃないだろうな。

待機所のテント、タスキ受け渡し場所の記録所でも概ね好評だ(そうか?)。
やはり、ガチなチームに対抗するにはコレくらいしないと。

目の前でAチームが次走者にチェンジ。
少しして、我がBチーム、ウメちゃんからタスキを受け取った。
P_20130518_0222640

走り出す!
わきの下がきつい!
やぶれたら困るので、脇をしめてうごかさないように走る!

腕は前後にふれないから、左右に振りながら走る。
そうすると・・・自然と女の子走りのようになるのだ(-_-;)。

うぉぉぉー!
坂道がなんぼのもんじゃー。
気色悪い走り方をしながら、前方を行くランナーたちをパス。

そして急激な下りにチェンジ。
おっ?前の方にオレンジシャツが・・・あれはAチームか!?

一気に駆け下りる。
セーラー衣装でAチームに襲い掛かる!
コーナー突入!
人が交差してジャマ!
サイドステップで一瞬アスファルト道路から芝生エリアに入って前走者をパス。
すぐに逆方向へのカーブ!
立ち上がり加速で勝負だ!
ぶち抜く!

バトルミュージックを頭に響かせながら、現れる走者をパス!
タスキをつなぐ。

タイムは・・・6分43秒。
走りづらい衣装だった割には、4回目よりもタイムアップだ!
ウェーブスペーサーのおかげか、衣装によるボルテージアップか?

<休憩突入・・・そして>
ここまで走り終えたところで、午後6時。
15人のうち、5人が睡眠・シャワー・食事休憩に入る。
自分も休憩だ。
18時から22時までの4時間休憩だが、この時間に寝るのはなかなか大変。
それでも足を休め、目を閉じて体力を回復させねば。
起きてもまだレースは12時間残っているのだから。

ところが休憩中に何度もテントに強風が吹きつける。
干してあるTシャツが飛ばされそうになる。
テントがかなり揺り動かされる。

そして・・・ものすごい突風が襲った!
横になっていたが、テントが浮き上がった。
ヤバイ!
あわててテントの支柱を掴んでテントが飛ばないように支える。
まるでハンググライダーかタコか、というくらい風をうけて
重いテントが軽々と浮き上がってしまった。

周りにも指示を出す。
横幕をはずして!
空気を抜くんだ!

後ろから衝撃。
隣のAチームテントに何かがぶつかって、倒れこんでいるようだ。
どうやら別のテントが飛ばされてきたらしい。

そこも何とかしたいが、こちらも支柱から手を話すことができない。
回りも同様だろう。
騒然としてきた。

放送が流れた。
突風の影響でレースを一時中断すると。
そして緊急の代表者会議を開くと。

突風が収まり、テントを建て直す作業に入った。
また放送が流れた。

建物への避難を促された。
ここに荷物を置いたまま!?
テントもまた飛んでしまうかもしれないのに?

ほかのチームにならって、
テントの足をたたんで屋根だけにして荷物にかぶせるようにした。
貴重品だけもって、避難場所で待機した。

そして説明があった。
大会は中止しますと。
こんな夜の時間に。
今は風も止んでいるじゃないか!

そういう声もあったようだが、どうやらけが人がでたらしい。

この日のために。
今年こそ、という思いがいろいろあった大会だったのに。
やりきれない気持ちのまま、突然大会は幕を閉じてしまった。

日曜日に予定していたA、Bチーム合同の親睦バーベキューも
日曜日の宿泊もすべてキャンセルになった。

最後まで戦いたかった。

| | コメント (0)

2013年8月25日 (日)

:【大会レポ】赤城大沼白樺マラソン2013

ぐらんどばんです。
練習では走ったことがあったけど、初めて赤城大沼白樺マラソンを走りました。

<スタート前>
mizunoの赤城颪オレンジシャツにadidasの短パン。ナイキキャップ。
いつものカッコウだが、これにアームウォーマー装着。

8月の大会だというのに、赤城大沼 朝8時気温16℃ 小雨模様。
(赤城ビジターセンター前駐車場の温度計)
umeちゃんに教わったとおりの寒さと天気だ。

渋滞や駐車場不足を避けるため、自宅を5時半に出発。
7時ごろ、会場にほど近いビジターセンター駐車場に到着。
20分ほど仮眠。
7時半から参加賞の引き換えが始まるので、傘と引換証を持って会場へ。

参加賞を引き換えた後、ステージ横の「HRC」の陣地をのぞいたが
こちらもまだ「ばん」ゼッケンつけずに来たので、車に引き返した。

雨を考えて荷物も上着も着替えも、すべて車におき、
スタートできる格好で会場へ向かった。

ステージ前で開会式を眺めていると、うおさんに声をかけてもらい
HRCの陣地へ。サブ3アスリート、なべさんと初の対面だ。
落ち着いた雰囲気と高身長。うーん、いかにも。
開会式の途中で雨が強くなり、うおさんの傘に入れてもらう。
ここまで気温が下がるとは。

HRCのみなさんと別れてトイレに向かう途中、みどり市のあっくんが
アップしているのが見えた。慌てて追いかける。
あっくんは今回は5キロに出場。
練習ではキロ3分切ってたみたいだから調子は良さそう。
話をしていると、あっくんは「がんばってください」とUターン。
あれ!?どうしよ。
せっかくだから1キロ地点くらいまで行くか?
と思って走り出したが、汗かいて体が冷えると困るので、少し先でUターン。
今度こそ、トイレへ!

トイレ待ちに並んでいると、右方向から視線を感じる。
見ると、アクター仲間のカズキ君だった。
彼も今日は5キロを走るのだ。
おしゃべりしながら、9時30分のハーフスタートを見届ける。

5分後には10キロスタート。自分の番だ。
カズキ君と別れて、スタート地点にもぐりこむ。
10秒前からスタート位置まで前進開始。
歩くというより小走りのような感じのまま、レーススタート!

<つなげる走りの前半戦>
この大会初参加だが、先週試走をしたばかりなのでコースは頭に入っている。
5キロのコースを2周。最初と中間に上りがある。

同じ10キロとはいえ、キャベツマラソンは最後2~3キロが上りでゴール。
最初にダッシュして最後はガマン比べだった。
しかしこちらは最後2キロは下りなのだ。
そこでスクランブルダッシュを炸裂させる必要がある。

最初の1キロ上り。
スタート直後なので、我先にとダッシュを駆けるランナーたち。
抜かされる方が圧倒的に多いが、ガマンの走り。

1km 0:04:18(LAP 0:04:18)

ここで時計をちらっと確認。
上りの割にはオレ的には、そこそこいいペースじゃない!?

上りきると、急な下りが待っている。
最初の上りで頑張りすぎたランナー諸君は、ヨタヨタしながら下りへ。

しかし、この下りは短いのだ。
すぐにまた上り。
ジェットコースター的な細かなアップダウンでランナーを翻弄。

足を残しつつ、腕を大きめに振って、下りのペースを作る。
10キロのランナーだか、ハーフのランナーだかわからないが、ぶち抜く!

2km 0:08:14(LAP 0:03:56 )

さぁいよいよ2つ目の上りがやってきた。
こちらは距離は短いが、最初の上りよりも傾斜がきつい。
ビーナスマラソンの最後の上りを思い出す。

歩幅を狭めてピッチを上げたかったが、歩幅が狭くなるだけで
ピッチがあがらず・・・遅い(~_~;)
まぁ、いいや。
まだレースは先があるし。
上りの途中で3キロ通過。

3km 0:12:49(LAP 0:04:35)

上り終えれば、この先は基本的にほぼ下り基調のハズだ。
ペースを上げていいぞ、自分!
こら!?
ペースを上げていいってば!

4km 0:17:22(LAP 0:04:33)

何だよ、作戦通りに体が動かないじゃないか。
しかしここで応援ミュージックがかかった。
「BLACK、変身」

まだ前半戦だから捨て身の走りはできないけど、
気合を入れて1周目を通過。
ちらっと時計を確認する

5km 0:21:39(LAP 0:04:17)

ここが桐生市堀マラソンみたいなコースだったら、
後半ペースアップで40分キレるかもだけど、同じコース2周だからな。
・・・とか考えながら後半戦へ!

<あるランナーとの戦い、後半戦>
先週の試走では、2周目が一番気持ちよく速く走れた。
でも今日は、息苦しい。

体調不良で鼻が詰まっているためか?
湿気のせいか?高原だからか?

理由などわからないが、苦しい後半戦スタートになった。
最初の上りでゲストランナーの女の子に抜かれた。
ちゃんと活字のフルネームゼッケンをつけた、女子アスリートたちだ。
彼女たちも10キロなのかな?
1周目に抜かしたのに抜かし返されるとは、さすがゲストランナー。
くやしいが、今のオレでは追いかけるパワーがない。

さらに緑色のランパンランシャツを着た、ベテランそうなランナーに抜かれた。
このランナーとは終盤まで争うことになった。

6km 0:26:10(LAP 0:04:31)

下り区間に入っても同じだった。1周目のように爆発できない。
でも緑のランパン・ランシャツを着たランナー(緑のおじさんと命名)は
まだ視界にいる。
あのランナーをペーサーにしよう。
そう考えて徐々に距離を詰めていく。

7km 0:30:34(LAP 0:04:24)

鼻に違和感。
呼吸の通りをよくするために貼っておいたブリーズライトみたいなのが、
汗のせいか、雨のせいか、はがれてピラピラしている。

これでますます呼吸が苦しくなった。
口だけの呼吸になる。
体内の熱気をうまく排出しないと息があがってしまうのに。
息をどんどん吐いても追いつかない感じ。

2周目の激上り区間に突入!
1周目以上にキツイ!!
歩かないのがやっとというペース。
緑のおじさんが少しずつ遠のいていく。
歩いてる人も何人もいた。

8km 0:35:11(LAP 0:04:37)

まだあきらめちゃダメだ!
上りきれば何かが変わる・・・はずだ!
上りきった!

ダメだ!変わらなかった!

いや、待て。
前方に・・・緑のおじさん。
立ち止まって、足を叩いている。
痙攣したのか?
声をかけようか・・・いや、そんな余裕はオレにもない。
緑のおじさんをここでパス・・・。

9km 0:39:55(LAP 0:04:44)

と思ったら、1分もしないうちに緑のおじさんがオレを抜きかえした!
何だとぉぉ!
もう復活かよ!

最後の坂で勝負するため、後を追いかけるか!?
いや・・・ぶち抜かないと気がすまない!

BGMは「元祖ヤマトのテーマ」。

緑のおじさんが前方のランナーに追いつく。
そのランナーの後ろで一瞬ペースを落とす。

今だ!
火力を前方に集中!全砲門開け!

追いつかれたランナーも、緑のおじさんも一気にぶち抜く!
油断するとまた抜き返されるだろう。

次のBGMがかかった。
本日2度目の「BLACK,変身!」
Up2
2段ロケットのようにスピードを上げる。

まわりのランナーのペースが落ちているせいか、
どんどこ抜いていく。
しかし、後方に気配を感じる。
緑のおじさんか、別のランナーか!?

最後の激下り区間に突入。
BGMは「頭文字Dバトルミュージック」

ここで藍色のランシャツを着たランナーにパスされてしまった。
激下りに入るとき、一瞬スピードが落ちた隙にやられた!

追いかける!
片側1車線の道路が非常に狭く感じる。
ゴール直前の他のランナーはパスできたが、藍色シャツのランナーには
追いつけなかった(と思う。よく覚えてないや。てへ。)

GOAL 10km 0:44:32(LAP 0:04:15)

うーん。体調の割には良かったというべきか。
タイム的に平凡すぎて撃沈というべきか。

<レース後>
ゴール後、今度は栃木のあっくんに会えました。
あっくんも自分と似たような症状で体調不良のはず。。
さて、記録はと聞いてみると・・・久しぶりに40分超えてしまったと。
サブ3アスリートのあっくんに、「それでもすごいですね」というべきか
「惜しかったですね」というべきか。
速い人の気持ちは、自分にはわからないのだ。
順位を見ると、ラッキー賞が当たってる!
気付いてない様子だったので教えてあげました。いいなぁ。

スタート地点付近で、カズキ君とノンアルで乾杯。
彼も目標には届かなかったようですが、レース面白かった、リベンジしたいと。
楽しめたようでよかった!

そこへなべさんが小走りで通りかかる。
おっ!?
記録を聞くと37分台、10位ですと。
立派な記録なのだが、なべさんにとっては不本意なのか良かったのか。
速い人の気持ちは・・・(以下略)。

お昼が近づくにつれて日が出てきました。
帰宅直前のビジターセンターの外気温は21度でした。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »