« 【大会レポ】2013越後湯沢秋桜ハーフマラソン | トップページ | adizero TAKUMI SEN(アディゼロ タクミ セン) »

2013年9月30日 (月)

adizero japan boost(アディゼロジャパンブースト)

ぐらんどばんです。

9月最終日。
出張後に皇居ランをしてきました。
いつものようにadidas RUNBASEでシューズをレンタル。

今回履いたのはブーストフォームの最新作、アディゼロジャパンブーストです。
エナジーブーストから始まったブーストフォーム搭載モデルも4作目。

(ブーストフォームのデビュー作、エナジーブーストの試用レポートはこちら)

P1040166

ブーストフォームは曲げの柔らかさと反発性が特徴だと思いますが、
今回、これまでのモデルと一番違うなと思ったのは軽さでした。

エナジーブースト、ソニックブーストは見た目も、手で持った感覚でも
あまり軽くは感じませんでしたが、今回は「アディゼロ」をうたっている
モデルだけあって、よりスピードモデルの性格を強くしたようです。
実際に履いてみても、その差は歴然で、かなり「軽い」と感じました。

ただ、同じadidasのTAKUMIと違うのは、ダイレクト感でしょうか。
TAKUMIはやはりアウターソールの薄さを意識するので、
グリップと自らの足をバネにして推進力を作って走る感じですが、
アディゼロジャパンブーストは軽いのにクッション感があって、
シューズの方で反発してくれる感じです。

今日の皇居ランでは、それほどスピードを出して走るつもりは
ありませんでしたが、結構いいペースで走っている人も含め、
軽く走ってるつもりでも、どんどん抜いてイケました。

LEN LAP
1 0:05:20(RUNBASEからジョグ)
2 0:04:55
3 0:04:49
4 0:04:54
5 0:04:43
6 0:04:18
7 0:04:26
8 0:04:22
9 0:04:32
10 0:04:21
11 0:04:12
11.3 0:01:23

ただ、気になったのはふくらはぎが張ってきたこと。
昨日のレースの疲れかもしれないし、自分の走り方が悪いのかも
しれないんですが、ひざ下の筋肉が疲れてきました。

皇居ラン後半のジョグでは、ひざ下を使わないように、
ももを使って走る意識で走って見ました。
幾分、ふくらはぎの張りは解消されたような。
一回の使用ではシューズの特性か、自分の走り方かわからないので
また機会があれば履いて見たいと思います。

なお、3周、4周と走っても、今回はソニックブーストのときのように
足が蒸れて水を含んだ長靴みたいにはまったくならず、
最後まで乾いた感じでした。
こちらも湿度が違うため単純に比較はできませんが、通気性は悪くは
なかったと思います。

|

« 【大会レポ】2013越後湯沢秋桜ハーフマラソン | トップページ | adizero TAKUMI SEN(アディゼロ タクミ セン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【大会レポ】2013越後湯沢秋桜ハーフマラソン | トップページ | adizero TAKUMI SEN(アディゼロ タクミ セン) »