« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月27日 (日)

【大会レポ】2013上州太田スバルマラソン

ぐらんどばんです。

今回はレースなんだけど、レースじゃないような?
複雑な気分でレースを終えました。

<レースを前にして>
自分は金曜、土曜と2日ともまったく走っていない。
そればかりか、木曜金曜と飲み会でガッツリ飲んでるし、
土曜日は祖母の100歳祝いと次女の14歳の誕生日もあって
食い物もガッツリ。体重もドッサリ増えた。
問題あり。

<会場まで>
昨年の自分のレポを参考にして5時40分くらいに自宅出発。
6時10分ごろにスバル駐車場に到着。
シャトルバスに乗って会場へ。
問題なし。

<会場にて>
スタジアムの待ち合わせ場所に行くと、うおさんが
見つけてくれた。その後は続々とリンクさんが集結。

レース前にアップなどめったにしない自分だが、
この重い体で走れるか、右ひざに違和感を感じながら
周囲のランナー同様にトラックをジョグしてみた。
やっぱり右ひざがおかしいけど、走れないこともない。
不安で一杯。
問題あり。

<試行錯誤>
今回はいろいろ試してみたいことがいっぱいだ。

○ランシャツ・ランパン
 初ラン、もちろん初レース。
 ちょっとした仮装気分。ランナーの仮装だ!
 わくわくするなぁ。
 <期待するメリット>
  軽い。走りやすい。
 <想定するデメリット>
    寒い。速くないとカッコ悪い。
  アンダー着ないのでゼッケン止めが肌に直に当たる。
  音楽プレイヤーとミスマッチ(今回不使用)。
  ポーチもいまいちミスマッチ(今回不使用)。

 なんか、デメリットの方が多いんですけど・・・(-_-;)。

○バトルミュージックを封印
 ランシャツにあわせて今回は使わないで走る。
 奥武蔵でも使わなかったけど、あちらはレースと考えてなかった。
 果たしてうまくレースのペースが作れるだろうか?

○自前の補給を持たない
 皇居30キロランで給水なしでもイケたので、今回は自前の
 ゼリー等の補給を持たないで走る。
 どうしても欲しくなったら給水所で補給すればいいし。
 これはポーチも持たないし、持ち物を極力なくしてみる。

○ひざ・ももで走る
 雑誌とかでよく聞く「大きな筋肉使って走る」を試してみる。
 ふくらはぎじゃなく、太ももとお尻で走る感じ。
 そのためにひざを前後によく動かす。
 奥武蔵の上りも下りもこれでイケたから坂はOKだと思う。
 今回はこれでどこまでスピードがあげられるかを試してみる。

○キャップをかぶらない
 人に言うと笑われそうだけど、スピード出すとキャップのひさしが
 空気抵抗になってスピードが鈍る。だから今回はキャップも封印。
 暑さも雨も心配なさそうだからいらないだろう。

<レーススタート>
スタート地点にはふかさん、ナカジさん、たいつきさんと一緒に
90分のプラカードの直後に並んだ。
前には70分のプラカードが見えるけど、すかすかながらも
ランナーがわらわらいてスタート地点は見えない。

スタート1分前になってようやく全体が前方に移動。
それからあっという間に10秒前。
号砲がなった。

<序盤>
昨年は足を残すとか様子見してて1キロで5分半くらいだった。
今回はそんな悠長なことはしてられない。
ハーフだし、足は持つハズだ。
前へ、前へ。

ところが序盤なのに両足のスネが痛くなってきた。
以前はスピードを出すとよく痛くなっていたが、
そんなに速く走っていないはず。
これは余分な力がかかっているに違いない。
でもなかなか痛みはおさまらない。

痛みはおさまらないが、膝を前後する走り方のおかげで
ペースはそこそこ維持している。
なんとか最後まで持って欲しい。

LEN LAP   SPLIT
1  0:04:30 0:04:30
2  0:04:13 0:08:43
3  0:04:20 0:13:03
4  0:04:17 0:17:20
5  0:04:13 0:21:33

スバルの外周を回っているとらむさんが!
「ばんさん、がんばって!」

ありがたいです!
らむさんの分までがんばって走らなければ!

<レース前半>
陸橋の上りにさしかかるカーブで見覚えのある顔が・・・。
んんーっ!?
東京矢野口の猛者軍団、U原さんがスタッフやってるー!
「ばんさん、がんばって!」

ばんゼッケンつけてて良かったぁ。
今回はオレンジじゃなくて赤のランシャツにサングラスだから
つけてなければ絶対わからなかったに違いない。
ランシャツで走っているので、恥ずかしい姿は見せられない。
頑張らねば!という気になりました。

LEN LAP   SPLIT
6  0:04:20 0:25:53
7  0:04:10 0:30:03
8  0:04:20 0:34:23
9  0:04:22 0:38:45
10  0:04:25 0:43:10

時計はろくに見てなかったがほぼイーブンペース。
少し想定タイムより遅いけど(想定はキロ4分15秒)。

<レース中盤>
レース前、11キロ地点にumekoさんが応援にくると
聞いていたので、きょろきょろ探した。
このあたり、沿道の人にやたらと手をふりまくった。

すると11キロを大きくすぎた頃・・・
「ばんさーん!」

あ!umeちゃん!右側にいたとは。
ランナー集団は左側を走っていたので見落とすとこだった。
思わず振り返って手を振りました。わかったかな?

LEN LAP   SPLIT
11  0:04:20 0:47:30
12  0:04:20 0:51:50
13  0:04:13 0:56:03
14  0:04:08 1:00:11
15  0:04:07 1:04:18

レース序盤で痛かったスネの痛みはなくなり足は全然楽になった。
息も苦しくないし、スピードを出そうと思えば出せるはずだけど
何だかレースじゃなく練習しているみたいに淡々と走ってる。

ただ、左の肩周りが熱を持ったように熱くて痛い。
変な体の使い方をしているのかも。
以前、県民マラソンでもなったことがある。
これになると腕振りが非常にきついのでスピード出せなくなる。

このあたりでまたU原さんに応援をいただいた。
おれも市民マラソンのボランティアスタッフやってみようかなー。

<レース終盤>
会場である太田運動公園に戻ってきた。
放送が聞こえる。
ちょうどハーフ一位の選手がゴールするところらしい。
ゴールはもうすぐか?

LEN LAP   SPLIT
16  0:04:15 1:08:33
17  0:04:15 1:12:48

そんなことはなかった。
17キロ地点のカンバンで現実を把握した。
仮にトップが1時間10分だとして、あと20分で90分。
残り4キロちょい。
90分の可能性も0じゃない?

そう思いながら前のランナーを一人ずつパスしていく。
このあたり、10キロの部のランナーもいて、抜かしているのか
全然わからない。
足はつらくない。
でも爆発的なペースアップはしていない。
やっぱりバトルミュージックがないとダメなのか?

18  0:04:17 1:17:05
19  0:04:18 1:21:23
20  0:04:22 1:25:45
21  0:04:18 1:30:03

いよいよ最後。
いつもだったら、タイムなど大してかわらなくても
前に見えるランナーを一人でも多くぶち抜いてゴール!
・・・ってなるのだが、そのまま淡々と走る自分。

LEN LAP   SPLIT
21.6 0:02:37 1:32:37

ゴール!
何だか21キロからずいぶんあったなぁ。
最後、淡々走りしてたら、ぎりで抜かされて終わった。

ターボがかかる回転数以下でエコランしたようなレースだった。
それでも4秒くらいPBを更新したみたいだ。

レース後はあまり感動もなかったけど、
一応PB更新なんだから素直に喜ぼう。
これなら県民マラソンでタイムアップできそうな気がする。

<レース後>
G-FIVEのイッシーに遭遇。
彼は5キロ走ったようだ。
初めてにしては速かったと思う。余裕もあると言ってたし。

抽選会はスバルプレオが当選!するはずもなく、何ももらえず。

さらに台風の影響でスポレク群馬に出店のテントが全然なし!
期待していた食べ物は全然食べられずに終わった。
青空の下、風は強かったけど乾杯しました。
このひと時が楽しいからレース参加はいいっすね。

<帰宅後>
ターボがきかなかった割には、走り終えた後に足のスネが痛くなり
疲労抜きランのためにジョグに出かけた。
足はよかったんだけど、左肩の痛みがひどくてまともに走れなかった。

| | コメント (2)

2013年10月13日 (日)

【大会レポ】第10回奥武蔵グリーンラインチャレンジ42.195km

ぐらんどばんです。

フルマラソンといっていいのかわからない、過酷なコースを走る大会です。
このレースの目的は・・・エイド!

水、スポドリ、コーラ、ファンタ、お茶、アップルジュース、
栗おこわ、そば、おにぎり、トン汁、お汁粉・・・キリがない!

だが、これを制覇するのです!

そのためには、ソ連が待ち構えている!
・・・・いやいや、試練が待ち構えている!

勇者の前にモンスターが立ちはだかるように、
この充実したエイドを楽しむには、強烈な山坂コースを進まねばならない!

しかも後半に行くほど美味しそうなモノが用意されている。
これはレースというより、ゲーム!

そんなゲームに心強い仲間が一緒に挑む。
ふかさん、つんちゃん、やすさん、春さん(昨日会った順^^)。

<スタートまで>
6時ごろ。
ふかさんと太田で合流。コペンで一緒に会場へ。

7時ごろ。
駐車場に到着。目の前に見覚えのあるゼッケンが出現。
つんちゃんが仲間に加わった!

7時半ごろ。
ふかさんと一緒にトイレ待ちの列に並んでいると、やすさん到着。
やすさんが仲間に加わった!

7時40分ごろ。
つんちゃんがスタート!
とん吉、ちん平、かん太の3人(ふか、やす、ばん)でお見送り。

8時ごろ。
3人組スタート!
P10401866401
スタートはバドミントンのラケットに取り付けた測定器を
ゼッケンについてるチップにかざして、一人ずつスタート。
一斉スタートじゃないので、みんなペースもバラバラ。

<第一の壁>
スタートして間もなく、進路に民家から車が出てきた!
立ち止まるランナーたち。
この大会は交通規制などはしてない。
バイクや車も普通に走る。
コース誘導は、事前に地面に書かれた「白線」が頼り。
エイドステーション以外、スタッフはほぼいないのだ。

ふと後ろを振り返ると、なんとランナーが溜まってる。
あれぇ!?
渋滞引き起こしてる!?
とりあえず、広い道に出るまでペースをあげよう。
そんな感じで進んでいった。

距離 LAP   タイム
1.0 0:05:28 0:05:28
2.0 0:05:08 0:10:36

道が広くなった。
隣にランナーが並ぶ。

ふかさん?やすさん?
いや、違った。

別のランナーが追い抜いていった。
2人とは分かれてしまったようだ。

距離 LAP   タイム
3.0 0:05:23 0:15:59
4.0 0:06:35 0:22:34
5.0 0:06:21 0:28:55
6.0 0:04:24 0:33:19
7.0 0:06:14 0:39:33

「ばんさん!」
ふいに声をかけられた。女性の声。
ということは・・・春さん?

春さんとは今回が初対面。
セッケンを見つけてくれたようだ。
先に行ってください、と言われ走り出した。

ほどなくして、第1エイドに到着。
ここには水分しかないかと思ったが違った。
P10401926402

コーラとかりんとうをいただく。
口の中が甘くなったので水とついでにスポドリも。

距離 LAP   タイム
7.1 0:02:26 0:41:59(エイド休憩)

まったりしてたら、春さんがエイドにやってきた。

ばん「結構キツイ坂ありましたけど・・・」
春 「まだまだですよー!これから!」

やはりそんな甘くはないのだ。
春さんに再度お別れして、再出発!
ほどなくしてトレイル区間に突入する。
P10401946403

幅1mくらいしかないような道を、多くのランナーが進む。
先に進んでいるランナーが折り返してくると道はさらに狭くなる。
舗装もされていない道だけど、走っていてとても面白い。
なんというか、スピード感が味わえる。

距離 LAP   タイム
8.1 0:06:25 0:48:24
9.1 0:06:26 0:54:50
10.1 0:05:07 0:59:57
11.1 0:05:10 1:05:07
12.1 0:03:50 1:08:57

トレイル区間はそれほど長くは無く再びロードの上り坂へ。
と思ったら、急激な下りもある。
下り終わると第2エイドに到着した。
P10401986404

距離 LAP   タイム
12.1 0:01:47 1:10:44(エイド休憩)

ここでもコーラを飲む。
フルーツもあるぞ。
グレープフルーツを頂く。
まだ残り30キロ。先を目指そう。

距離 LAP   タイム
13.1 0:05:21 1:16:05
14.1 0:06:10 1:22:15

あれ?
あの後姿は!?
あの特徴的なゼッケンは・・・つんちゃん発見!
P10401996405

こっそりと後ろから盗撮(* ̄∇ ̄*) 。
そして話しかける。

ばん「つんちゃん見つけたー!」
つんちゃん「あ!早い~!もうみんな抜かしてきたのー?」

追い越し禁止だったけど、つんちゃんの声援もいただいて
パワーを充電!
次のエイドで会えるだろうって事で先に向かった。

距離 LAP   タイム
15.1 0:04:50 1:27:05
16.1 0:04:41 1:31:46
17.1 0:05:53 1:37:39
18.1 0:05:38 1:43:17
18.2 0:00:35 1:43:52

第3エイドに到着。
P10402076406
ここらは越生(おごそ)町というらしい。
非常に眺めがよくて、記念に写真を撮ってもらった。
もちろんエイドでもしっかりいただいた。

距離 LAP   タイム
18.3 0:02:17 1:46:09(エイド休憩)

つんちゃん姫は現れないけど、ここまで半分も走っていない。
まだまだ先は長い。
どうせ栗おこわのエイドでまったりするからいっか?

ということでまた走り出した。
コーラばかり飲んでるので、走り出すとゲップが出る出る。

距離 LAP   タイム
19.3 0:05:54 1:52:03
20.3 0:05:04 1:57:07
21.3 0:05:59 2:03:06
22.3 0:05:10 2:08:16
22.6 0:01:41 2:09:57

第4エイドに到着。
P10402096407
ここもなかなか眺めがいい。
エイド的にはここまでは前菜みたいなもんだ。

次のエイドまでは6.5キロ。
それこそが本命の「栗おこわエイド」なのだ。

距離 LAP   タイム
22.6 0:01:44 2:11:41
23.6 0:06:30 2:18:11
24.6 0:05:31 2:23:42
25.6 0:05:35 2:29:17
26.6 0:05:02 2:34:19
27.6 0:06:41 2:41:00

栗おこわエイドを目前にして、30キロ地点を目前にして
この大会最大の難関が待ち構えていた。

ここまで脹脛に負担かけないよう走ってきた。
ヒザをきちんと前に動かして太ももで走る。

それが・・・その太ももがピクピクしてきた。

やばい!
痙攣しそうだ!
痙攣したら、走るどころか、動けなくなるかも?
だましだまし走る。

20キロを越すと歩いている人が多い。
そんな過去レポの通り、歩いている人が増えてきた。

仲間のみんなはどうしてるだろう?
こんなキツイ坂、歩くだろうか?

いやー、頑張る気がする。

「歩いている人に抜かされましたが走り続けましたー」
・・・って言う気がする。

終わりの無い上り坂はない。
もう少しがんばろう。

距離 LAP   タイム
28.6 0:05:15 2:46:15
28.9 0:01:30 2:47:45

第5エイドに到着。
ここって標高800m以上!?
P10402116408
じゃあ、もう上りはないのかな?

いや、それよりも・・・ついに栗おこわとご対面だ!

えーっと・・・これ!?
P10402156409

炊き込みご飯?
いや、たしかにおこわっぽい、けど、栗は?

おっ!
この5mm角くらいのが・・・栗っぽい(-_-;)。
一切れ?

いや!
こういうのは気分だ!
伝説のお宝を目の前にして・・・ありがたく頂こう。
うん、香りはある!うまい!
おかわりしたいけど、他もあるし。

次はトン汁をいただこう!
ご飯の後だし。
・・・ん?けんちん汁?
でもウマイ!

次はお汁粉もいただこう!
おっ!
これがうわさのかぼちゃ汁粉ですな!
おもちのかわりに白玉くらいの大きさのかぼちゃが数個入ってる。
うん、うまい!

コーラ、ファンタグレープなど飲み物もガッツリ。
腹いっぱいで出発

距離 LAP   タイム
29.0 0:04:29 2:52:14(エイド休憩)

げふぃーーっ!
ああ、炭酸取りすぎかな。
食べすぎでお腹も重い。

距離 LAP   タイム
30.0 0:05:14 2:57:28
31.0 0:05:31 3:02:59
32.0 0:05:23 3:08:22
33.0 0:05:20 3:13:42
34.0 0:05:16 3:18:58
34.3 0:01:39 3:20:37

甘かった。
さすがに30キロ手前のような難関はなかったけど、
食いすぎ飲みすぎで、思うように走れない。

また太ももがピクピクしてる。
痙攣はヤバイ。
もはや、そこそこのアップダウンでも結構苦しい。

第6最終エイド到着。
P104021664010

あ!ここってハロウィンの飾り付けがしてある。
楽しいなぁ。
よし、写真を撮って、まずは・・・トイレだ!

前のエイドでたらふく食べてしまったので、お腹が活動し始めたのだ。
ここでトイレに行っておかないと、後悔する予感がする!
仮設トイレは1つしかなかったが、うまい具合に空いていた。

出すモノをしっかり出してから、また腹に食い物を入れる。
ここではそばをいただいた。
もちろんコーラも。

誰か「この先は下りしかないんですか?」
係 「ええ、ほんとに下りばかりですよ」

残り7キロ。
35分で走ればサブ4だ。

イケそうな気がする。
やってみるかな。
仲間とはエイドではあえなそうだが、ゴールで待とう。
ラストはダウンヒルだ!

距離 LAP   タイム
34.4 0:05:04 3:25:41(エイド休憩)

下りに突入!
エイド手前にも下りがあったが、さらに傾斜がキツイ。
足の疲労のせいか、思うようにスピードに乗れない。

距離 LAP   タイム
35.4 0:04:20 3:30:01
36.4 0:04:16 3:34:17

さらに傾斜がキツクなる!
思わず叫んだ。
ばん「わははは!なんじゃこりゃあ!足が追いつかねー!」

距離 LAP   タイム
37.4 0:04:03 3:38:20

もうこれで最後!
せっかくの激下り区間。
スピード出して楽しみたいじゃないか!

バトルではないけれど、バトルミュージックが頭で鳴り響く!

距離 LAP   タイム
38.4 0:03:58 3:42:18
39.4 0:03:44 3:46:02

坂が終わる!
ゴールはどこだ?

40.4 0:04:04 3:50:06

矢印を探す。
もっと先か!

係員が見える。
あった!横断幕!

あれがゴールか?
いや、その先だ。
見えた!
ゴールテープ!

両手を上に広げる。

MCのお姉さん「さぁ、笑顔でゴールです!」
ゴール!

GOAL 0:02:28 3:52:22

P104021864011

坂を走って楽しむこと。
エイドを満喫すること。
それは達成できた気がする。
きつかったけど、楽しかった!

<ゴール後>
最後の坂の終わりで抜かしたおじさんと健闘を称えあう。
用意していたノンアルコールビールをぐいっと飲む。

さぁ、みんなを出迎えよう!
ゴールしていくランナーを拍手で迎えいれながら。

・・・・

見えた!
やっぱり3人一緒だった!
写真を撮る。
やすさん、つんちゃん、ふかさんとハイタッチ。
3人一緒にゴール!

あとは春さんだ。
宴会しながら待つ(笑)

見えた!79番!

<さいごに>
最終ランナーがゴールするのを(宴会しながら)見届け、
スタッフさんが会場の片付けをするまで宴は続きました。

楽しい1日でした。

| | コメント (0)

2013年10月 1日 (火)

adizero TAKUMI SEN(アディゼロ タクミ セン)

ぐらんどばんです。

今日も早朝から出張となってしまいました。
2日続けて皇居ランするとは思いも寄らなかったです。

さてRUNBSEで何をレンタルしようか?
考えた結果、まだ試したことの無いTAKUMI SENにしました。

Photo

adizero TAKUMI SENはすでに発売されてからずいぶん経っていますが
未だにadidasのレーシングランニングシューズの最高峰。
昨日のadizero japan boostとどんな印象の違いがあるのでしょうか?

まず、履いてみました。
月並みな感想だけど、やはり軽い。
ジャパンブーストよりさらに軽い。

走ってみました。
軽い。羽が生えたように軽い。
そしてグリップがよく効く。
地面を鷲掴みしているようです。
ただし、硬いです。
ブーストフォームのような柔軟さや反発性は無い感じです。
うまく走らないと足に相当ダメージがありそうな予感。

皇居周回をやってみました。
昨日のジャパンブーストは最初から飛ばして走りたくなりましたが、
タクミセンは恐る恐るスタート。
昨日の足のダメージがまだ残っているので、ふくらはぎが痛みます。
こんなんで周回できるだろうか?

LEN LAP
1 0:05:31
2 0:05:21
3 0:05:29
4 0:05:37
5 0:05:28
6 0:05:18
7 0:05:38
8 0:05:30
9 0:05:30
10 0:05:41
11 0:05:14
12 0:05:20
13 0:05:40
14 0:05:59
15 0:05:50
16 0:06:01
17 0:05:25
18 0:04:40
19 0:04:46
20 0:04:16
20.3 0:01:06

結果的には4周目の途中からようやくペースを上げてみました。
これは4周目に小雨がぱらついたので少しあせったからです。
今日は雨上がりスタートだったので、湿気でシューズの中が
大変なことになるんじゃないかと思ったんですが、杞憂に終わりました。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »