« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月24日 (日)

【大会レポ】第33回つくばマラソン

ぐらんどばんです。

つくばマラソン、初めて走ってきました。
よい天気に恵まれ、レースも打ち上げも楽しかったです。

P1040620_2


ですが・・・
レースレポはバトルミュージックもターボブーストもなし。
ロックオンしたランナーもなし。
今回はNHKのニュースのように淡々と振り返ります。

<今回の作戦>
前回のかすみがうらマラソンで初のサブ3.5達成(キロ5分)。
先日のぐんま県民ハーフで1時間半ちょうど。(キロ4分15秒)

今回はこの中間くらい?
スタートロスを考えてキロ4分半くらいを目安に。
懸念材料は昨日の渋川駅伝(7.6km)のキロ3分台の激走疲れ。

<レーススタート>
仕度はランパン、ランシャツでウォークマンなし。
9時30分に号砲。
今回はBブロックスタート。
スタートロスは、1:02。

<レース概略>
○5km地点 00:23:55(LAP 00:23:55)
 4:48-4:32-4:30-4:22-4:18
 渋滞気味だがキロ5分は切っている。
 昨日キロ3分台で走ったせいか、4分半がかなり遅く感じる。
 空きスペースを走ろうと抜かすとペースが上がっていく。

○10km地点 00:45:40(LAP 00:21:45)
 4:20-4:15-4:15-4:15-4:16
 キロ4分15秒はハーフのサブ3ペース。
 ハーフの自己ベストと同じペース。
 強引な追い抜きはしないけど、瞬間的にはかなりペースが上下。
 それでも1キロ単位でみれば一定ペース。

○15km地点 01:07:05(LAP 00:21:25)
 4:15-4:14-4:12-4:16-4:16
 ペース変わらず。
 周りで「3時間10分切りくらいで行く?」という会話が聞こえる。
 そういう集団なのか、ここいらは。

○20km地点 01:28:51(LAP 00:21:46)
 4:15-4:13-4:16-4:22-4:20
 このあたりで初めて給水を取る。
 折り返してきたトップのランナーが先導車に続いて反対車線を通過。
 折り返し地点は中間地点より少し手前。

○中間(ハーフ)地点 01:33:44
 折り返してから少し走ると中間地点。
 ここまでスタートロスを差し引くと1時間32分台。
 ハーフのセカンドベストくらい。
 このまま行けたら3時間台一桁分。

○25km地点 01:52:21(LAP 00:23:30)
 4:26-4:22-4:28-4:51-4:54
 ついにペースに異変が現れ始めた。
 どこか痛いとか苦しいとかはないんけどスピード低下。
 沿道からロッキーのテーマ。
 嬉しいけどすぐに聞こえなくなる。

○30km地点 02:20:34(LAP 00:28:13)
 5:04-5:22-5:33-5:48-5:55
 道路わきに退避するランナーを見て心が揺れる。
 歩きたい、でも歩いたら走れなくなる。
 ばんゼッケンのおかげで見ず知らずのランナーにも
 「ばんさん、がんばって」と声をかけてもらう。
 ジョグノ友のやすさんとハイタッチで元気をもらう。
 29キロ付近の名物エイドでお汁粉を食べる。

○35km地点 02:46:27(LAP 00:25:53)
 5:24-5:01-5:01-4:52-5:16
 エイド(私設も)を利用しまくり。
 あんぱん、チョコ、コーラ、アミノバリュー。
 完走すら危うかったのが、少し元気になってきた。
 エネルギー切れだったのか?

○40km地点 03:12:22(LAP 00:25:55)
 5:10-4:56-5:20-5:18-5:02
 ブログにお邪魔しているiwatobiさんの応援をいただく。
 ジョグノ友のなべさんにも応援をいただく。
 3時間20分に出来る限り近づこうとするが。

○Finish 03:24:12(LAP 0:11:50)
 4:55-5:14
 ゴール!
 最後の坂でスピードが落ちた。
 初フル以来なかった後半失速の撃沈レース。
 それでも自己ベスト更新できたのは応援で踏ん張れたおかげ。

P1040623

<その他の備忘録>
(移動)
P1040617_2



初出場の大会なので早めに会場に行っておきたくて車で移動。
家を4時すぎきらいに出発し、6時半ごろにつくば駅前の駐車場に到着。
アップルパーク(24時間最大500円)。
会場までは3キロほど。
朝も帰りも途中のセブンでトイレに寄る。
朝は気にならなかったが、帰りは1時間近く歩いて疲れました。
帰りは5時に出発し8時ごろに到着。
途中、コンビニ駐車場で20分ほど仮眠。

(会場)
飲食ブースは結構ありました。
けんちんうどん500円(食べた)。
焼きそば300円、フランクフルト200円。かきあげ天そば350円。
ビールはのぼりを見ただけ。
レース後にマッサージをやってたけど、30分から50分待ち。
受付だけで20分以上。
打ち上げを始めたので結局受けずに終了。

| | コメント (0)

2013年11月23日 (土)

【大会レポ】第63回日本のまんなか渋川駅伝

ぐらんどばんです。

渋川駅伝は、各地で開催されている周回コース駅伝とは違う。
まるであの箱根駅伝のように、トップ通過15分で繰り上げスタート。
タスキが繋がらずに号泣するような非情で過酷な駅伝。

例年50チーム近くがエントリーするが、その半数以上は途中で繰り上げ
スタートになっているのだ。

ところが我が職場チームRC赤城颪(おろし)の主力ともいうべき
プジョー君やミッチーなどが、職場環境の変化でが出られない。
RC赤城颪、大ピンチ!

そんなとき、光の国から助けがきた。
助けに来てくれたみんなと力を合わせてタスキを繋ぐ!

それではいつものように出走メンバーの紹介から。

1走-ウメちゃん⇒今年はケガの心配なし。職人的スプリンター。
2走-ハヤト  ⇒渋川初出場の頼れる助っ人。故障明けが心配。
3走-Tさん  ⇒ウメちゃんが連れてきた今回の秘密兵器。期待大!
4走-マッツー ⇒手を抜かなければ実力派。タスキの命運は・・・!?
5走-ばん   ⇒待ち人アンカー初体験。オレは待ってるぜ!

<レース>
8時すぎに開会式が終了し、各中継所に向けてランナー達を乗せたバスが出発。
自分も第4中継所に向けてのバスに乗った。
9時15分ごろに中継所である榛東北小学校に到着。
各々、出番を待つ間にアップする者、トイレにいく者。

9時半。
見えないが駅伝スタート。
ガンバレ、みんな。

スタッフの無線を通じて情報が聞こえる。

10時15分。
最終コール(点呼)。

ゼッケン番号順にアンカーたちが呼ばれ、
胸と背中に装着したゼッケンを係員に確認してもらう。

10時33分ごろ。
トップのランナーが入ってきた。
スタッフが無線で中継所に入ってくるチーム番号をコールする。

「ゼッケン○○番!」

トップがアンカーにタスキを繋ぐ!
その瞬間、自分の時計をスタート。

これから15分。

15分以内に第4走マッツーが来るのか!?
まるで合格発表を待つような緊張感。

この中継所にいる半数以上がタスキが繋がらないのだから。

1位通過後、2分近く経過して、ようやく2位が通過。
3位はすぐに来たが、それから数分あいて4位が通過。

ゼッケン番号をコールされ、誇らしげにリレーゾーンに向かうアンカーたち。
うちは、まだ呼ばれない。

10分・・・11分・・・12分・・・13分。

繰上げスタート用の緑色のゼッケンが配られる。
受け取りたくないが、一斉スタートに出遅れても困る。

仕方なく、受け取ってヒモを結ぶ。
肩にかける。

14分経過。
あと1分しかない。

「ゼッケン32番!」

オレだ!
RC赤城颪だ!

緑のタスキをスタッフに返す。
遠くの坂道にオレンジシャツが見えた。
マッツーだ。

リレーゾーンに入る。

隣にも待機するランナーが並んでいる。
「ギリギリですね。困っちゃうなぁ。」
と笑顔で話しかけてくる。

自分も笑顔で相槌を打つ。
そのランナーもスタートしていった。

マッツーが小学校に入ってきた。
もう14分30秒くらい。
時間がない。

まだかなり遠かったが、ゲキを飛ばす。

「マッツー!ラストォーー!!」

マッツーも必死にスパートしている。
そろそろ15分・・・。

直線に入った。

「マッツー!」

ついに来た、この瞬間!
アンカーである自分にタスキが繋がった!

「ナイスラン!」

マッツーに声をかけ、勢いよくスタートした。
レースでは初めて走るコース。

すでに前のランナーは見えない。
どこを走ればいいのか、手探り状態。

係員らしき人や駅伝のカンバンを探してそちらに進む。
ようやく大通りに出た。

前方にランナーが見えた!
スタートのときに話しかけてきた、赤白のランシャツランナー。
よし、行くぞ!

ところが・・・ペースがつかめない。

コースは車道を走れという指示だが、片側一車線の対面通行道路は
まったく交通規制は無く、わきの横を車がビュンビュン通過していく。
ランナーは車道の障害物状態だ。

いつものリズムでは走れていない。
フォームもバラバラ。

気持ちだけ、焦っている。

スパートしなければ・・・。
繰上げスタートのランナーに追いつかれたら・・・。
タスキを繋いでくれた仲間に申し訳ない・・・。

ガムシャラに走る。
前のランナーとの距離が縮まる。

LEN LAP   SPRIT
1.0 0:03:22 0:03:22(時計は見てません)

苦しい。
こんなペースで最後までもつのか・・・?

背後からランナーの足音が聞こえた!
まさか!?

しまった!
抜かれた!

水色のランシャツをランナー。
オレンジのタスキだ。

よかった・・・繰上げ組じゃない。

しかし追撃中に抜かれるとは不覚。
徐々にペースが落ちていた。

LEN LAP   SPRIT
2.0 0:03:53 0:07:15

慌てても仕方が無い。
リセットするんだ、気持ちを。

抜かされた水色ランシャツのランナーではなく、
白赤ランナーの背中を見て走る。

LEN LAP   SPRIT
3.0 0:03:44 0:10:59

大通りから左折して農道のような道路に入る。
明らかな上り区間。
夏に坂道のレースはたくさん走った!

でも、それなのに、白赤のランナーが・・・
追いかけていた背中が遠ざかって行く。

ダメなのか・・・?
ペースダウンしてるのか?

抜かされる恐怖を感じながら、
心が折れそうになるのをガマンする。

LEN LAP   SPRIT
4.0 0:04:11 0:15:10

白赤ランナーは前方のランナーをパスした。
どうやらペースダウンしているランナーがいるようだ。

1人抜かされている以上、1人抜き返さなければ!
相手が坂の苦しみから立ち直る前が勝負だ。
行けっ!

LEN LAP   SPRIT
5.0 0:03:39 0:18:49

抜かした!

でも抜き返されたら意味が無い。
こちらが弱そうな走りを見せちゃダメだ。
フォームだけでも余裕そうに見せなければ!
(視覚的ダメージ走法)

LEN LAP   SPRIT
6.0 0:03:59 0:22:48

あたりは住宅街で、家から出てきた皆さん、子供たちが応援してくれる。
がんばれー、と拍手をくれる。

できるだけ手を振って応援に御礼をする。

後ろを振り返ったりはしないが、
その拍手で、後ろにランナーが迫っているかどうか判断できる。

あと少し。

ここで最後の激坂が現れた。
ここは山の斜面を利用した坂道のある住宅街。

歩くようなスピードに落ちる。

LEN LAP   SPRIT
7.0 0:04:59 0:27:47

上りきった!
よかった。追いつかれなくて。

今度は下りだ。
もうゴールは近いはず。
一気に行くぜ!

市役所が見えた。
ゴールテープが張られている。

放送でゼッケン番号とチーム名を呼ばれた。
ゴール!

LEN LAP   SPRIT
7.7 0:02:32 0:30:19

<レースを終えて>
ついに・・・ついに、念願の渋川駅伝のタスキが最後まで繋がった。

今回自分はアンカーで、タスキリレーには貢献していないけど、
大事な最後のタスキを受け取って、ゴールできたのは嬉しい。

タスキを繋いでくれたみんなの激走に比べたら、自分の走りは
ちょっと不甲斐なかったかもしれないけど、アンカーコースも
本番で経験できたので、次回走れるならもっとガンバってみたい。

| | コメント (0)

2013年11月 9日 (土)

【個人イベント】第2回上州銅(あかがね)街道マラニック

ぐらんどばんです。
昨日は職場の創立記念日で早く仕事が終わり、午後は上越線ラン27キロ。

マラニックの前日にしては走りすぎ!
疲れと寒さと・・・果たして完走できるのか!?

今回は自宅最寄の相老駅から出発。

<出発>
6時45分の出発に合わせて家を出る。
すでに寒い!
早くも心が折れそうになる。

近所のコンビニで朝飯と補給食用におにぎり2個を買う。

相老駅につくと大勢の学生が並んでいた。
P10405410633
どうやら太田高校の球児達らしい。
30人くらいいる。
ええっ!?これみんなわたらせ渓谷鉄道に乗るの?
一両しかないのに!

いざ乗ってみると一両とはいえ座席は座れそうだったが、
礼儀正しい球児諸君は何人か立っていた。
P10405420646
彼らはすぐ次の運動公園駅で下車。
おそらく桐生球場で試合でもあるんだろう。

車内が空いたところで朝飯のおにぎりを1個食べる。
もう1個食べたくなったが、ここはガマン。

大間々駅で7分ほど停車時間があり、紅葉狩りのお客と思われる
ご夫婦など何人か乗り込んできた。

この列車は間藤行きの始発だが、ワンマンと書いてあるので
乗務員は一人だろう。
でもまるでガイドさんつきのバスのように、列車の通過にあわせて
名所の解説を車内放送でしてくれている。
P10405490759 P10405500802
さらに「左に見えます滝は・・・」といいつつ、列車のスピードも
ゆっくりと進んだり、観光列車そのもの。

そういえばいつだったか、女性乗務員が乗ってきたときは、
「右側の窓から見える渓谷がキレイですので、座席を右に
お移りください」とか言ってたこともあったなぁ。

そんな感じで今回は終点間藤まで乗客が結構いました。

<マラニックスタート!>
ほぼ定刻どおりの8時20分ごろにスタート。
P10405530820
寒いけど、風はない。

顔にあたる空気の冷たさで気温一桁であることは間違いない。
一応ニットの手袋はしているものの、平日ランでいつもかじかんでしまう。
そうなると気持ちが折れそうだなぁ。

ふと、ウィンドブレーカーのそでを引っ張って、手を覆いかぶせてみた。
おおっ!
腕振りしても風が当たらず、あまり寒くない!
個人的大発見によって、新しいアイテムを投入することなく手が守られた。

<トンネル>
最初の目標は9時ごろ足尾トンネル通過するはずだけど・・・9時過ぎている。
それはともかく、まだ車があまり通らないこのあたりで走っている写真を撮りたい。
セルフタイマーで!

歩道の縁石の上にカメラを置いて10秒のセルフタイマーセット。
少し戻ってカメラの前を通過・・・ってもう撮っちゃったのか。
失敗。もう一度。
今度は成功した。
P10405600902
こんな事をやっているから遅れているのかもしれない。
それでも9時8分くらいにはトンネル通過。

P10405610909
足尾トンネルは大体500mくらい。
中に入っても先の明かりは見えない。
オレンジ色の薄暗い街頭もたまについてるんだけど、
そもそも人が歩くように作られていないのか、トンネル内は真っ暗だ!
歩道がどこにあるのか見えないので、段差とかあったら怖い。
少し小走りで進んでいたけど、あまりに暗い場所は壁づたいに歩いた。

こんな感じのトンネルを何度か通過。
トンネルの中はちょっと温かいけど、排気ガスのせいかな。空気が悪い。
トンネル内はGPSが届かないので、抜けてから補正がかかる。

<紅葉>
草木湖のあたりまで紅葉は結構きれいなんだけど、
曇っているせいか、全体的にくすんで見える。
P10405550828P10405621003 
昨年も確かそうだったから、こういうものなのかも?

<草木湖ドライブイン>
スタートから約16キロ地点。
個人マラニックでは大会みたいにエイドはないんだけど、
ここが第一のエイドといえる場所だ。
10時すぎくらいについたから、予定通りのペースだろう。
P10405631013

ここでまずはトイレ休憩。
手は寒くなかったけど、手袋を外そうとしてもうまくいかない。
やはり悴んでいるようだ。
頑張らないと、ズボンも下げられないので頑張りました。

食堂もやっていた。
うどんやラーメン、カレーが大体600円くらい。
食べませんでしたが。

朝食べなかった、残りのおにぎり1個と水分補給。
みそおでん200円を食べようか迷ったけど、
喉が渇きそうだったんでここはスルーした。

メール着信あり。
次の休憩所、水沼温泉センター(水沼駅)に、らむさんが来てくれるらしい。
現在の状況をメールして10時28分ごろに出発。

<水沼温泉センター>
らむさんのメールによれば11時から11時半くらいに到着するらしい。
えーと、自分はどのくらいで着くんだっけ?
予定表を見ると11時50分くらい。

たしか水沼駅はスタートから約30キロくらいだったから・・・
なんてことを考えながら黙々と進む。

このあたりまでくると車の往来も激しいのだが、道路の両側ともに歩道がまったくない。
路側帯ぎりぎりを進んでいくんだけど、大型トラックが通過するたびにビリビリする。
道路の端っこには落ちた木の枝や落ち葉、飛び出している枝なんかもあって、何度か痛い思いをする。
まともな歩道が出てくるとほっとする。

予定通り、11時45分ごろに水沼温泉センターの看板が見えた。
もうすぐだ。
P10405661145

ふと前方にカメラを構えた男性が見えた。
らむポーンさんだ。
こちらから手を振った。
良かったー。

スタートから約28キロ地点。
水沼駅のベンチで休憩。
P10405671150
何と、らむさんは、カップのトン汁(お湯も!)やおにぎり、チョコ、飲み物などを、私のために用意してくれていた。
応援に駆けつけてくれただけでも嬉しいのに、こんなもてなしまでしてもらって。
ありがたく、ガッツリいただきました。
おにぎりを頬張り、トン汁をすすり、スポドリをいただき、デザートにチョコまで。
おみやげにプロテイン?までいただきました。

らむさんがいい人すぎて涙が出そう。
らむさんにお礼を言って、12時20分すぎくらいに出発。

<ゴール>
フルマラソンは30キロ走って半分来たと思いなさい、とか何とか。
そんな実感がわくほど、最後が遠く感じた。

水沼駅から福岡大橋まで、またもや歩道のない道路が続く。
しかもこのあたりはずっと上り坂。
ガマンの区間だ。

その福岡大橋に到着。
P10405701315
スタートから約35キロ地点。

この交差点にはセブンイレブンがあり、エイドには最適だ。
でも先ほどガッツリいただいたし、トイレも心配ないのでここはスルー。

交差点を右折すると、街中の雰囲気になる。
お店が立ち並び、信号でも立ち止まるようになった。
そのかわり、両側にちゃんとした歩道があるので安心して走れる。

大間々駅に近づくとカラフルな車両が走っているのが見えた。
P10405731330
わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車だ。
雰囲気としては遊園地で走っている電車が、そのまま大きくなった雰囲気。
屋根はついてるけど、窓とかなくてオープンエア。

このあたりまで来ると、このまま自宅に帰りたい衝動にも駆られる。
ゴールの桐生駅に行くよりも、自宅に帰るほうが近いのだから。

でもそれじゃあ、上州銅街道マラニック完走にはならないので、桐生駅に向かう。
参加者自分だけなのに。
ケナゲだなぁ、オレ(笑)。

122号線を相生交番のところまで来た。
前回と若干異なるけど、まっすぐ進んで桐生大橋に向かった。
P10405741417

桐生大橋を渡り、桐生高校の交差点を左折。
真っ直ぐ進めば、突き当りが桐生駅だ。

P10405761428
14時28分。桐生駅南口に到着。
ゴールできました。

<帰り>
列車の時刻を調べたら約30分後。15時発。
桐生駅から自宅まで約5キロ。
これを走れば50キロになるけど、今日はもういいやと思って列車に乗ることにした。
待っている間に、外人さんに駅を聞かれたり、切符を買うお手伝いをしたり。
温かいコーヒーも飲んでカラダも温まりました。

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

【大会レポ】ぐんま県民マラソン2013

ぐらんどばんです。

ぐんま県民マラソンを走ってきました。

県民マラソンは陸連公認コース。
ハーフマラソンの実力テスト的な大会です。

今回の目標は90分切り。
90分切りは今年の1~2月にチャレンジして撃沈。
キロ4分15秒の壁に跳ね返された。
でもスバルマラソンで手ごたえを感じていました。

<大会当日の朝>
4:00 携帯のアラーム①が鳴る。止める。
4:30 携帯のアラーム②が鳴る。止める。
5:09 ・・・・(zzz)

いっけねー!今日マラソンだった!
あやうく四度寝するとこだった。(←寝すぎ)

群馬のマラソンの朝は早い。
早すぎる!
レーススタートが8時とか、受付開始が6時半とかだったりする。
群馬県民はサマータイムでもやってんのか!?
・・・ってくらい異常に早ぇーですよ。

5時20分ごろに自宅出発。車中で朝飯がわりのドラ焼きを食べ、
会場近辺の駐車場には6時ちょいすぎに到着。
第一駐車場(お昼まで車が出せない)に停めた。

<スタート前>
あわてて出てきたので、トイレが心配だ。
さすがにまだ混んでいなかった。

近くのテントで「血管年齢測定してまーす!」というので、
その列に並んでみた。

結果は・・・なんと、29歳!
平均よりもかなり弾力性の富んでいるらしい。
肌水分量も「うるおい肌」まではいかないけど「標準的な肌」。
係のお姉さん方が「うらやましいわー」「どんな生活されてますか?」
と言われて、ちょっといい気分に浸っていた。

会場のスタンドは多くのチームが座席を1ブロック単位で独占状態。
隙間に荷物をおいて、抽選カードを出しにいった。

7時半から開会式。

ハーフマラソンは8時半スタートだが、スタート地点まで会場から
1.5キロも離れているので、開会式が終わる頃には、スタート地点に
向かうランナーの列で渋滞になっていた。

昨年の教訓「遠慮して後ろに並ばない」を実践。
先頭のブロックの後方くらいに並んだ。

<レーススタート>
GPSウォッチの時刻が遅れていたようだ。
自分の時計で8時28分ごろにスタート!

今年も県知事がスターターでピストルを鳴らすのだが、不発。
あわてる県知事。今年は「スタートォ!」の咆哮じゃなく
再度撃ちなおしていましたが。

さすがにこれだけ前の方だと、まわりのペースも速い。
でもついていけないほどでもなかった。
キロ4くらいか?

(km) ラップ  スプリット
1  0:04:03  0:04:03

グリーンドーム前を通過し、県庁横の道路を通って中央大橋へ。
よく見慣れた景色だ。
スバルのときに感じたスネの痛みは今回はあまり感じない。
時々、左肩の痛みやスネの痛みが出そうになると
足の力をなるべく抜き、肩甲骨を動かすように腕を振った。

(km) ラップ  スプリット
2  0:04:06  0:08:09
3  0:04:09  0:12:18
4  0:04:10  0:16:28
5  0:04:07  0:20:35

沿道の距離表示よりもやや手前でARES GPSがLAPを刻む。
ペース確認するとキロ4分15秒よりも速そうだ。
その分90分切りの貯金ができているはず。

<序盤戦>
国道17号を高崎方面へ。
昨年はこのあたりであたしちゃんを見かけたっけ。
沿道には車のディーラーが多く、店員さんたちが外に出て
応援をしてくれている。

このとき後ろからすごく大きな声で「はぁはぁ」言いながら
走ってくるランナーが迫ってきた。
こんな序盤から大丈夫か!?という気持ちと、
その声が大きすぎて耳障りで、早くどっか行ってくれないかな、
という気持ちで鬱々と走っていた。
そのランナーは自分をパスして前方へ。
近づきたくなくてペースを緩める。

(km) ラップ  スプリット
6  0:04:08  0:24:43
7  0:04:07  0:28:50
8  0:04:03  0:32:53
9  0:04:05  0:36:58
10  0:04:12  0:41:10

<またも出現、ぶつかりおやじランナー>
17号を左折して高崎駅方向へ。
さらにその先を左折して、新前橋駅方面に向かって進む。

少し前方グループとの距離が開いたころ、
後方からランナーが2名迫ってきた。
抜きつ抜かれつ。

そのうち1名のおやじ(老人?)ランナーは、
ぜぇはぁ言いながら、オレのすぐ右脇を抜けていく。
あまりにも0距離すぎて、腕がふれないくらい。
さらに抜かしきっていないにもかかわらず、
目の前に入り込んでくる。
ジャマで仕方が無い。
こんな経験前にもあったな。

こんな攻防が何度か続き、そのたびにおやじランナーを
再度右側からパス。ペースが乱れて仕方が無い。
給水所付近でおやじランナーが給水に行こうとしてるのか、
それとも離れようとしてるのかわからないが、左右に蛇行。
給水予定のない自分は追突をさけるように逆に給水所近辺へ。
思わず「周り見ろよ」とつぶやいた。

それが聞こえたのかどうか、急におやじランナーはダッシュし
前方に離れていった。
突き放されたのは意外だったけど、とりあえず平穏が訪れた。

(km) ラップ  スプリット
11  0:04:03  0:45:13
12  0:04:25  0:49:38
13  0:04:12  0:53:50
14  0:04:25  0:58:15
15  0:04:23  1:02:38

<終盤戦>
前橋フォレストモール前を通過。
先日、試走しようとして迷子になった前橋刑務所まで来た。
ここいら辺は昼休みランでも馴染みのコース。
だからといって速く走れるわけでもないけど。

(km) ラップ  スプリット
16  0:04:17  1:06:55

県庁の裏を走るようなコース。
急な下りや無舗装路、急な上りと変則的な道路を走る。
ここを抜ければ県庁だ。
この先で10キロのランナーと合流する。

(km) ラップ  スプリット
17  0:04:13  1:11:08

県庁の敷地内を通過する。
ここは「段差注意」と毎年アナウンスが流れる。
その先に給水所。
今年は先の道路ではなく、県庁の敷地内に設けたようだ。
おそらく最後の給水所だろう。
でもこの給水所もパス。今回一度も給水していない。

(km) ラップ  スプリット
18  0:04:15  1:15:23

県庁前の道路。歩道橋のある交差点を左折。
先ほど上ってきたコースが見える。
ここを右折してグリーンドーム方面へ。
渋滞が激しい。
しかし一緒に走ってきたハーフのランナーたちは
そn渋滞をかいくぐるようにして抜いていく。
自分もそれについていく。

(km) ラップ  スプリット
19  0:04:00  1:19:23

前方に見覚えのあるウェアが見えた。
あの「ぶつかりおやじランナー」だ。

頭の中でバトルミュージックがこだまする。
グリーンランプ点灯。
対抗車線ぎりぎりのラインを使って一気にぶち抜く!
大渡橋下ををくぐる。ゴールは近い。

(km) ラップ  スプリット
20  0:04:10  1:23:33

敷島公園の敷地内へ。
ここでようやくスプリットタイムが確認できた。
1時間・・・28分・・・?

陸上競技場に入ればほぼ一周してゴール。
ということは400mくらい走るって事だ。
2分近くかかるだろう。
ギリギリじゃないか!?

(km) ラップ  スプリット
21  0:04:20  1:27:53

陸上競技場に入った。
ここまで来たら、太腿じゃなく、ふくらはぎで。
速筋を使って走らなければ!
がんばれ、オレ!
でもダッシュが効かない!

ゴール!

手元の時計では・・・1時間30分・・・08秒!?

PB更新は間違いなしだが、1時間30分切りは・・・。
記録証を受け取った。

ガーン!
グロスタイム(号砲から)    1時間30分06秒。
ネットタイム(スタート通過から)1時間30分00秒。

惜しい!
いや惜しくないか?6秒もあったら。
ネットタイムは実に惜しい。
ちょうど90分って・・・。
昨年みたく最後にミッチーの声援でもあれば違ったかなぁ。

90分を切ったら家族に食事をご馳走する計画は
またも失敗に終わった。

ランパン、ランシャツは問題なく走りやすいし、
キャタピランを装着したアミュレットも走りやすかった。
肩の痛みも出なかった。
オレの根性不足とスピード練習不足と体重増加が原因だな。

<レース後>
抽選会はまったく当たらず!
食べ物は汁物を食べたかったけどすごい行列。
行列が消えたら食べ物も終わってた。ガックシ。

| | コメント (2)

2013年11月 2日 (土)

【参加者募集】第2回 上州銅(あかがね)街道マラニック

九州からきて上州を走った21年前のウルトラランナーの足跡を走ります。

(1)練習会ですので費用は実費(電車代など)のみです。
(2)エイドはありませんが、途中の温泉駅やドライブインなどに立ち寄ります。
(3)全工程で約46km走りますが、途中参加、途中離脱もOKです。
(4)事前申し込みがないまま参加されてもかまいませんが、事前にお知らせ
   くだされば、連絡先や待合を行うことも可能です。

元となった「上州銅街道48キロ」はこちら

昨年(第1回)の様子はこちら

○開催日:平成25年11月9日(土)

○スタート地点:わたらせ渓谷鉄道 間藤駅
○スタート時刻:8:20分

スタート地点までの移動は、下記のわたらせ渓谷鉄道を使う予定です。

○わたらせ渓谷鉄道 桐生発 6時39分⇒終点間藤着8時15分

○おおよそのスケジュール

06:10 桐生駅付近集合
    ※下記出発に間に合えばOKです。
     わた渓はsuica等使えないので券売機で
     キップ購入が必要です。
    ※駐車場は桐生市役所(駅まで徒歩10~15分)
     あいてれば桐生市民文化センター
(駅まで徒歩5分)

06:39 桐生駅出発(渡良瀬渓谷鉄道 間藤行き)

08:15 間藤駅到着
    ストレッチ・写真撮影

08:20 ラン開始(間藤駅~)
    国道122線へ(ここからほぼ最後まで国道122号線)

09:00 足尾トンネル通過
 ~
09:10 沢入トンネル通過

09:30 「沢入駅」通過

10:00 富弘美術館前通過

10:05 草木ドライブイン着(休憩)
 ~
10:25 草木ドライブイン出発

10:45 信号「神戸(ごうど)」通過

10:55 「小中駅」通過

11:10 信号「花輪」通過

11:20 「花輪駅」付近通過

11:50 「水沼駅」着(休憩)

12:20 「水沼駅」出発

12:30 道の駅「くろほね・やまびこ」通過

13:15 信号「上桐原」通過(福岡大橋・貴船神社付近)

13:25 「大間々駅」通過

13:45 信号「桐生合同庁舎前」通過

13:55 「下新田駅」通過
    信号「相生町1丁目左折」
    (ここまでが国道122号線)

14:05 桐生大橋通過

14:15 桐生駅到着(ゴール!)

14:20 整理運動

通過時間はあくまでも目安とお考えください。

事前にメッセージやコメントをくだされば、連絡先をお送りします。
休憩が1時間ほど入ってるので、場合によっては休憩を少し削ったり、
調整したりするかもです。

<みなさん、お会いできたらぜひ一緒に写真をお願いします(*^_^*)>

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »