« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月 8日 (日)

【大会レポ】第9回さのマラソン

ぐらんどばんです。

一昨年の人生初めてのフルマラソンがさのマラソン。
そして昨年に続き、今年3度目のさのマラソンを走りました。
P1040649

今回はまず結果をご報告します。
4時間12分20秒(グロス)

一昨年の初フル以来の、2度目の4時間オーバー。ワースト2。
なにが、どうして、どうなったのか?
それでは撃沈プロセスをもう一度見てみよう。

<出走前の様子>
土曜日はヒーローショー出演。予想通り甘くなかった。
不規則なアクションをしたので肉離れ部分の痛みが再発。
プロテインとサポーターで個人治療。
買っておいたキネシオテープで右ハムをテーピング。

<レースペース>
30キロ地点までキロ4分半よりペースをあげないこと。
坂ではペースが落ちても無理せず太腿をいたわること。
キロ5分を切れていれば御の字。
・・・ということで走り出しました。

5Km 0:24:41(5:32-4:52-4:51-4:46-4:40)
10km 0:47:59(4:36-4:42-4:36-4:40-4:44)
15km 1:12:13(4:48-4:46-4:48-4:58-4:54)

スタート渋滞がありましたが、4キロ地点でほぼ20分ジャスト。
このままのペースで行こうとまわりにあわせて進みます。
5キロ、10キロの給水ポイントは混雑もしてたのでパス。

これがいけなかった。
強い日差しと上下ヒートテックの効果で寒くはないが
脱水症状が始まっていたのに気づかなかった。

12キロ付近で喉の渇きを覚えましたが、給水は5キロごと。
なので、持参のアミノバタルゼリー(青)を投入。
15キロ地点で初の給水。

20km 1:36:16(4:42-4:53-4:51-4:52-4:45)

ここまでペース的には想定どおり。
この後は難関の激坂。

25km 2:02:44(6:37-4:02-5:08-5:22-5:19)※6:37はウソ。トンネル内だったので。
30km 2:31:24(5:19-5:19-5:55-6:51-5:16)

激坂を上っている最中にトップ集団が折り返してきた。速い!
30キロまで足が持つのか心配だったが・・・。
給水ポイントでアミノバリューを2杯ずつくらいもらって飲んでいるのに、
喉の渇きが止まらない。

35km 3:09:33(6:06-6:38-7:02-8:16-10:07)

脱水症状からくる痙攣が始まった。
最初はなんと手が痙攣しはじめた。
軽いグーを握り締めることができない。
手が攣って変な方向を向いている。
もちろん痛い。

続いて
尻がビクビクしてきた。
さらにふくらはぎも。太腿も。

ペースを落としても走り続けていたが、もう・・・攣る。攣る!
歩いた。
初フル以来だ。レース中に歩いたの。

少しでも早く歩いてみよう!
・・・浅はかだった。

カラダは早歩きを許可しなかった。
全身のあちこちが攣りまくった。

足をずらすことすらできない。
屈伸のように曲げることも座ることもできない。
少しずつ・・・痙攣部分を押さえながら手で足を動かす。
また少し進む。また痙攣する。
この繰り返し。

40km 3:57:17(12:55-13:33-8:06-6:49-6:21)

ゴールは遠い。
でもリタイヤはしたくない。

思い切って歩くのを一度やめてみた。
落ち着いたらストレッチしてみよう。
もしかして・・・走れそう。
また痙攣しそうだが・・・神経をほかに逸らそう。

走れた。
ペースはこのままでゴールを目指そう。

GOAL 4:12:20(6:28-6:07-2:37)

ゴールできた。
歩いてしまったのは残念だけど、最後まであきらめずに走れた。

それにタイム以外では、たくさん楽しいことがあったのです。

<サンタからのプレゼント>
今回はランナーサンタの格好で走った。
12月だし、赤のヒートテックが使えると思って。

でも、それだけじゃつまらない。
サンタらしく子供たちにプレゼントを渡そう!
渡すのはミルキーのあめ。
サンタのプレゼント袋をフルマラソンで担ぐのは無謀なので
ウェストポーチにあめをセッティング。
汗とか入らないようにポーチ内にビニールの内張りをつけた。

そして沿道で応援してくれた子供たちを見つけるたびに、
「はい!」「応援ありがとう!」「メリークリスマス!」
と言いいながらほぼ全員(2階からの応援とかには渡せず)
配りました。

近づくと、子供たちは「あ、サンタさん!」っていう子が多く、
親御さんが「ほらサンタさん来たよー。」って方が多かったです。

このサンタコスが、脱水症状の原因のひとつな気もしますが、
いろいろ応援もらえて楽しかったです。

<ばんゼッケン>
つけるのが当たり前のようになっている「ばん」ゼッケンですが、
今回いろんな方々に声をかけられました。

ジョグのリンクのお友達が自分を見つけてくれる目印になったのも
あるんですが、

「ばんさん!ばんさんのブログ見てます」

という声かけをしていただいた方が数名いらっしゃったり(お礼いいました)、

「ばんってなんて読むの?」「名前です」

なんて速い美ジョガーさんから話しかけてもらい、しばらく併走したり
(自分が失速しちゃったので・・・)

沿道からも「ばんさん、がんばれ!」
と「サンタ、がんばれ」と同じように声援をもらえました。

サンタコスのおかげもありましたが、レース中にこんなに声をかけて
もらったのは初めてです。ありがとうございました。

<お友達の応援>
今回レースには出場しませんでしたが、レース前やレース中にジョグノートの
お友達が応援にかけつけてくれました。
また、ジョグノートではありませんが、つくばにも応援にきてくださった
iwatobiさんも10km,20km,30km,40kmと自転車で移動して応援してくれました。

みなさんのこういうお気持ち、ありがたいです。

<反省と教訓>
今回、レース前の肉離れの痛みは出なかったと言っていい。
昨日の治療かテーピング効果かはわからないが。

足が攣ってしまったのは、序盤のペースが速すぎという事
ではないと思う。
今年1月に走った勝田以来、ほぼキロ5分ペースだったので。

痙攣が起きた原因は、序盤の給水不足とサンタコスで脱水症状が
起きた事。それと肉離れで約2週間ろくに走れなかった事。
駅伝⇒フルの後に回復期間がないままフルに臨んだ事。
そんな事だと思う。

今後は気をつけよう・・・といっても今度の土日はまた
土曜「駅伝」日曜「激坂10kmレース」
・・・と早速問題が起きそうなんだけど(~_~;)。

| | コメント (2)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »