« 【大会レポ】第62回勝田全国マラソン | トップページ | 【大会レポ】第34回鹿沼さつきマラソン »

2014年4月20日 (日)

【大会レポ】第一回前橋渋川シティマラソン

フルマラソンを開催していない数少ない県だった群馬県。
わが地元
で開催された第一回前橋渋川シティマラソン(フル)を走りました。。


波乱のレース続きだった今シーズンの最終戦です。

今シーズンの目標は3時間20分切り。
には月間500kmの走り込みや、高地や坂の多い大会に出て、足も心肺も鍛えました。ところが・・・

①開幕戦「つくばマラソン」は調子にのって3時間10分以内のペースで走り、後半に失速。 記録は3時間24分で自己ベストでしたが、右ハムストリングが肉離れ。

②第2戦「さのマラソン」はつくばの2週間後。肉離れによる練習不足と脱水症状で、レース後半で痙攣。歩くのも大変な状態で2度目の4時間オーバー。

復活を期した第3戦「勝田全国マラソン」は、歩かず完走できたものの記録は伸びず3時間26分。

今シーズン、残されたのは4月の最終戦「前橋渋川シティマラソン」のみ!

<大会前の一週間>
1週間前の10kmレース(こやま思川ざくらマラソン)で自己ベストを更新。

キロ4分前後のスピードに慣れます。


大会前日は約10kmのジョグと1kmのインターバルを3本で調整。


迎えた大会当日。

初心に帰り「30kmまでペースを上げすぎない。足を使わない。」を肝に銘じます。

上りはキロ4分40秒以上遅く走らない。

下りはキロ4分20秒より速く走らない。

欲張って、3時間10分とか狙わない。


前橋グリーンドーム前がスタート地点。
8時に号砲です。


グリーンドーム前の「国体道路」を利根川を左手に見ながら北上。

最初の難関は上毛大橋。1kmほどの上り坂です。
でもここは夜ランなどでよく走る場所。
地元ランナーなら慣れているでしょう。

上毛大橋を渡り、「大松」の信号を左折すると最初のスピード区間。

緩やかで長い下り坂。

ここの下りは、練習で気持ちよく飛ばす場所。

GPSウォッチで確かめるとペースがキロ4分10秒くらいに上がりましたが、

直前のスピード練習のおかげでペースがゆっくりに感じます。

今回のレースでは、このあたりはまだまだ序盤。

飛ばしたい衝動を抑え、抜かされてもガマン。
キロ4分20秒くらいに戻します。


大渡橋方面に左折。
橋を渡って敷島公園のあたりから再び国体道路へ。
群馬アリーナの先までの上り区間。

走り慣れている場所なので、アップダウンがあってもあまりきつく感じませんが

この辺りはペースが落ちすぎないように、キロ4分40秒以内をキープします。


長い直線が終わり、大きく右折しながら「新坂東橋」へ。

新しいこの高架橋からの眺望は、今大会のベストショットでしょう。

天気がよければもっと素晴らしい景色が見られたと思いますが、
逆に曇りでだったおかげで暑すぎず、走るには快適でした。


その後は利根川沿いを渋川方面に北上。

ここも小さなアップダウンの連続で体力が削られていく感じです。


渋川駅前に出ると、右手にバスのロータリーが見えます。

ランナーは左手に伸びる大通りを市役所方向へ進みます。

大通りの全車線ぶち抜きを走れる気持ちよさ。
通りの両側は、声援をくれる方々で埋め尽くされていました。


でもここは今大会の最高到達地点となる折り返しまで、少しきつめの上り坂。
応援も標高もここがクライマックス!な約27km地点。

折り返すと、こんな急坂を上っていたのかと感じる下り坂。

自分も周囲のランナーも沿道の応援を受けて、テンションもスピードも上がります。


まるでUFOか、基地のような形をした温泉施設「スカイテルメ」前を通過。

ここが約30キロ地点。
沿道では渋川名物「へそ踊り」が見れました。

自分は群馬県人ですが見るのは初めて。ビックリ!

その後は利根川沿いを下ります。
川沿いを下るといっても、コースは駆け上がったり駆け降りたり。

ランナーも応援もまばらな感じで、精神的にきつい区間でした。

すると、右手の土手の上に大勢の小さな子供たちが見えました。

こちらに向かって応援をくれます。

「がんばれー」

「がんばってー」


声をかけてくれるだけでなく、子供たちは自分たちを抜かす勢いで、土手を走りながら応援してくれました。

なんだか胸がいっぱいになって逆に走れなくなりそうでした。

「ありがとう」と手を振って走り続けました。

ペースは4分20秒から4分30秒くらいをキープ。


約35キロ地点。

前方に上毛大橋が見えてきました。

ここまでくれば、昼休みランなどで慣れ親しんだコース。

ですがペースがキロ4分45秒くらいから上がりません。

折り返し後のスパートが早すぎて息切れしたんでしょうか。

「いつも走っている道じゃないか」と自分を鼓舞。


上毛大橋、大渡橋の下をくぐり、40キロ地点で最後の給水。
このときの通過は3時間5分台。

グリーンドームが見えてきました。

あともうひと踏ん張り。


サイクリングロードから一般道に出て、中央大橋方向に左折。
最後の直線。
お腹に力を入れ、腕を振ります。


橋を渡って・・・ゴール!


グロスタイムは3時間17分38秒(ネットタイム3時間17分20秒)。

今シーズンの目標を最終戦にてクリア。

失敗続きのシーズンでしたが、シーズン最終戦で自己ベストを出せました。


今大会はエイドを楽しむ余裕はありませんでしたが、

走り慣れた道、会場で多くの方に声をかけてもらったことなど、

地元ならではのパワーをもらって達成できた自己ベストかもしれません。

|

« 【大会レポ】第62回勝田全国マラソン | トップページ | 【大会レポ】第34回鹿沼さつきマラソン »

コメント

自己ベスト大幅更新おめでとうございます!(^O^)!

走りなれたコースだったとしても、これだけ大きく更新できたのは、今シーズンの練習をしっかりやってこられたからなのでしょうね!

ばんさんのように、私もしっかり練習して、来シーズン頑張ります(^o^)v

投稿: bay | 2014年4月23日 (水) 17時05分

bayさん、ありがとうございます。
今シーズンは開幕戦が一番速くて、そのあとは苦しい展開ばかりで終わっちゃうんじゃないかと思いました。
すべりこみで更新できてよかったです。
フルも難しいですね。

投稿: ぐらんどばん | 2014年4月25日 (金) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【大会レポ】第62回勝田全国マラソン | トップページ | 【大会レポ】第34回鹿沼さつきマラソン »