« adizero Japan boost2 (アディゼロジャパンブースト2)で走りました | トップページ | 【大会レポ】第33回赤城大沼白樺マラソン2014(応援編) »

2014年7月26日 (土)

【大会レポ】あついぞ!熊谷 バーニングマンレース'14

ぐらんどばんです。

熊谷スポーツ文化公園を舞台に今年もドリームランナーズで参戦!

もう何度も書いているけど、昨年は開始からわずか1時間で雷雨により中止。
目も開けられないほどの豪雨。そして雷。
ランナーたちは天を呪った。

あれから1年。
メンバーの入れ替えもあったが、チーム名は昨年同様「ドリームK3」「ドリームK4」。
16人のドリームランナーズは赤いハチマキを全員装着。
P1050820640


今年一緒に走れなかった仲間への思いも込め、心熱く燃えたぎる!
(ゴゴゴゴ・・・・pout

<出走前>
テント、クーラーボックス、宴会飲み物、ビデオカメラ、三脚、お風呂セットなどなど。
愛車コペンのラゲッジスペースいっぱいに荷物を積んで自宅を出発。

13時30分
メイン会場にメンバーとともにテント設置。

14時30分
くまどん前に全員集合。会場へ。
出走順に点呼。ゼッケンを配布しながら軽く自己紹介。

その後、各自試走に出発。
シューズの足の裏から、真夏の砂浜を歩いたときのような熱さが伝わってくる。
試走だけであついぞ熊谷Tシャツはびっしょり。
重いし、汗冷えしそうなので着替える。

<レーススタート>
「レッツ、バーニング!impact

16時30分、カウントダウンからの掛け声でレーススタート。

それからわずか3分後。
トップランナーが陸上競技場に戻ってくる。
司会(MC)も驚愕するスピード!

その興奮冷めやらないうちに、我らが赤ハチマキが会場に入ってきた。
速い!
どよめくドリームランナーズ。
今日はいったい何周走る事になるんだ!?

おかげで開始から20分経たないうちに第5走の自分(ばん)まで回ってきた。

(せめて6分は切って走れますように。)

祈るような気持ちで襷を受取り、走り出した。
走り出してすぐ目の前に見えるゴールゲート。
タスキをかけながら、先端をパンツに挟み込む。

Photo_2

陸上競技場の外へ向かうゲート。
ここで4~5人を一気にぶち抜く。
右側に回り込むようにしながら噴水までの道を、ひた走る。
先ほどの試走のときよりも涼しいか?
スピードを出している分、涼しく感じるのか?

噴水周囲を反時計回りにほぼ一回転。
今走ってきた道を逆方向へ走る。
三角コーンで仕切られた向こう側。
噴水に向かっていくランナーたちとすれ違う。

背後に足音を感じる。
誰かがついてきている。
ペースが落ちれば抜かれてしまう。
腰が落ちないように、腕を振る。

長いような短いような。
右前方に1km地点の表示。
その少し先にある給水所。
給水所を右に見つつ、左に折れると、陸上競技場の別ゲートから中へ。

聞こえていた足音が早くなり、右側からパスされる。
やっぱり来た!
速そうなランシャツのランナーだった。
トラックを走るランシャツのランナー。

追う!
まだ行ける!
抜き返す!
抜いた!

タスキ待ちをするランナーたち。
ドリームランナーズは・・・いた!
タスキを外して右手に持ち、タスキを繋ぐ!
1回目終了。
タイムは5分2秒。

微妙に5分切りならず。
思ったほどには遅くなかったが、
期待したほど速くもなかった。

<速報順位>
レース開始から1時間経過。
2度目の出番が回ってきた。
昨年は2度目を走ってる最中に中止。
ここから先は未知の世界というわけだ。

この時間になるとすでに周回遅れとなったチームも多く、
前方を走るランナーも多くはどんどん抜いていける。

逆にトップを走るようなチームのランナーには
競う気にもならないほどのスピード差でぶち抜かれる。
なのでペースをつかむのが非常に難しい。

何となく息苦しいまま、必死に足を動かしているような、
まだ心のどこかでブレーキをかけてしまっているような。

走り終えて、速報順位が掲示されている場所に向かった。
ドリームK3は・・・6位!
昨年と同じ。入賞圏内だ。
ドリームK4は2周差だが、20位以降。
わずかな時間の間に各チームがひしめきあっている。

90分経過。
レースが半分を終了した。
速報順位がMCから読み上げられる。
「男子の部・・・第5位・・・ドリームK3!」
5位に上がってる!
入賞への期待が高まる。

<ラストスパート>
残り時間1時間。
空が徐々に暗くなり始めていた。

速報順位では変わらず5位をキープ。
4位とのタイム差は同一の周回数で約8秒差。
6位とも同一周回数で約30秒差だった。

メンバーの間であと何回走る事になるか気になっていた。
自分(ばん)は、あと1回は確実だけど、さらにもう一回があるかどうか、微妙なところ。

ここまで自分は
1:5分2秒
2:5分5秒
3:5分8秒
毎回少しずつ遅くなっている。
4分台がなかなか出ない。
次が最後かもしれない。
思いきり走らなくては。

残り約30分で4度目の出走。
ここまで8人走るのに40分程度かかっているから、
故障者でもでない限り、これが最後の出走だろう。
最後のタスキをつなぐ。
自分のタイム、5分9秒だった。

残り時間約10分。
ルールでは時間内にスタート位置(計測ポイント)を通過しないと
周回したことにならない。
間に合うか微妙になってきた。

タスキの受け渡し位置を少し手前にずらし、タスキリレー。
残りあと5分42秒。

計測ポイントまで100mくらい。
20秒は欲しい。
メンバーも臨戦態勢で見守る。

残り、あと一分。
まだ見えない。
まだか・・・。

残り30秒・・・見えた!
必死に走っている!

「あと30秒!」
「ラストー!ファイトー!」

これが最後のタスキリレーだ!
猛スパート!

間に合うか!?
入った!
残り約11秒で計測ポイントを通過!
そして・・・3時間が経過。
レース終了!

我らがドリームK3のアンカーはそのままコースを1周。
しばらくしてMCのアナウンスが聞こえた。

MC「最後のランナー、赤いウェアです!」

ドリームK3、メンバーみんなで出迎える。
Photo_3

最後は繋いだ両手を高くかかげてゴール!
今年のバーニングマンレースが終わった。

ドリームK3は5位入賞!
ドリームK4も30位と健闘した。

アツイ夏を共に戦った、いい思い出ができました。

|

« adizero Japan boost2 (アディゼロジャパンブースト2)で走りました | トップページ | 【大会レポ】第33回赤城大沼白樺マラソン2014(応援編) »

コメント

お疲れ様でした。
オレも出てましたよ。親睦チームで(笑)

投稿: すずき@東毛 | 2014年8月20日 (水) 11時21分

すずき@東毛さん、どうもです!
いやー、偶然ですね。
行動がほぼおんなじ!(笑)
ぜひ、お会いしたかったです。
たしかにぐんまちゃん、見かけましたよー。

投稿: ぐらんどばん | 2014年8月31日 (日) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« adizero Japan boost2 (アディゼロジャパンブースト2)で走りました | トップページ | 【大会レポ】第33回赤城大沼白樺マラソン2014(応援編) »