« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

ぐらんどばん、とはオレの事だ!

ぐらんどばんです。

ちょっと気になる事があったので独り言。

私のハンドルネーム「ぐらんどばん」で検索をかけると、
自分以外で出てくるのは、

船のメーカー名(カタカナ)、
賃貸物件

とかだったんですが、どうやら・・・

悪徳業者?
ブラック企業?

とかに、似てる名前があるみたいなんです。

「電話で勧誘された」
とかね。

∑( ̄Д ̄;)ハッキリ言って・・・

大迷惑!

 

完全に同じ名前じゃないみたいだけど、どこかで名乗った時に
混同されて悪徳業者に思われたら溜まったもんじゃあない!!

かといって、

「ぐらんどばん」(ひらがな)

を変更するわけにはいかない!
だってもう31年も使ってる、自分の分身のような名前だもの。

『回想空間に引きずり込め!』

私がまだ高校2年生だった1983年。
コンピュータのサークル(コンピュータリサーチ、略称「コン研」)で
会報誌を作りました。
そこに当時大好きだった「うる星やつら」のラムちゃんのイラストを
描きました。
そこに添えたのが「ぐらんどばん」。一応、ペンネームでした。

大学に進学し、サークルで漫画を描いていたときも、
ペンネームは「ぐらんどばん」。

当時はようやくパソコン通信が始まった時代で、インターネットなどない
頃ですから、ハンドルネームなんてのはありませんでした。

「ぐらんどばん」がネットデビューしたのは1995年。

Windows95が発売され、日本にパソコン&インターネットブームが
起きた年でした。
パソコン通信全盛期で、「フォーラム」という今でいう2chみたいなBBSで、
匿名ではなく、ハンドルネームでやりとりをしていました。

以降、ホームページやブログ、コメントを残すときなどでも一貫して
「ぐらんどばん」というハンドルネームを使ってます。

そんな人生の3分の2を共にしてきたサブネーム「ぐらんどばん」を
ちょとやそっとで捨てるわけにはいかんのだ!

ぐらんどばん(個人)は、そういったメーカーや企業とは無関係ですので、
何かトラブルがあったときに、私に言わないでくださいね。
よろしくお願いします。

ちなみに「ぐらんどばん」を区切って読むときは、「ぐらんど」「ばん」です。
「ぐらん」「どばん」ではありませんので悪しからず。
オフ会などでは「ばん」「ばんちゃん」「ばんさん」なんて呼ばれます。

| | コメント (0)

2014年9月29日 (月)

榛名湖マラソンの反省

榛名湖マラソンから一日。
いろいろ考えてみた。

「どうして朝は眠いんだ?」

・・・じゃなくて、
「どうして後半粘れなかったの?」

レポにも書いたけど、足は痙攣もしてないし痛くもなかった。
心肺が苦しくなるほどのペースで走っていない。

・・・とすると原因は?

ペースが落ち始めたのは30km付近。
もしかして・・・ハンガーノック?

そう考えると思い当たる事が・・・!

レース中は暑さによる脱水と痙攣に気を付けて水分だけ補給していた。
急にペースが落ちた5周目だけ「ゆうすげ」前のエイドでカレーライスと コーラを補給。
その後ペースアップできた!

そういえば昨年走った「奥武蔵グリーンライン」ではエイドごとに 立ち止まって
何かしら食べていた。
グリーンラインの坂もきつかったけれど、ラストスパートもできていた。
給食をちゃんと取っていたからエネルギー切れを起こさなかったのかも!?

もっと早くに補給していたら・・・。
そう思うと、とても悔しくなってきた。

走り終わった直後は「もう走りたくない」と思っていたけど
来年リベンジしたくなった。

来年も運動会の翌日(運動会予備日)かもしれないから前日の天気が心配だけどね。

<海上の戦い>
さて、次は10月19日「ちばアクアラインマラソン」。
榛名湖マラソンは標高1000m以上の高原だったけど、次のステージは海!

この大会、制限時間6時間ながら前回(一昨年)の完走率は73.8%らしい。
前回大会で優勝した川内優輝選手のタイムが2時間17分48秒。

こ、これは・・・結構キツいコースなのでは?

空気が薄いってことはないと思うけど、意外と厳しい坂が4回出てくる。
さらに遮るものが何もない太陽と風。

今回走った榛名湖マラソンとは違った厳しさが待っている気がする。
何だかわくわくしてきたぞ。

今度は補給で失敗しないよう気を付けます!

| | コメント (0)

2014年9月28日 (日)

【大会レポ】第2回榛名湖マラソン

ぐらんどばんです。

榛名湖マラソン走ってきました!
密かな目標は3時間半切りでしたが、最後に足が残らなくなり達成できず。
でもシーズン最初のフル、このコースでこのタイムならギリギリ及第点です。
(自分に甘い・・・)

榛名湖マラソンは坂の多い周回コースなので、
周回ごとのLAPが本当はみたいところなんですが、
そういうのは取れてないので、いつものキロごとのLAP。

0-5km 23分30秒
6-10km 46分55秒(5kmLAP 23分25秒)
11-15km 1時間11分22秒(5kmLAP 24分27秒)
15-20km 1時間35分18秒(5kmLAP 23分56秒)
21-25km 1時間59分31秒(5kmLAP 24分13秒)
26-30km 2時間25分13秒(5kmLAP 25分42秒)
31-35km 2時間52分25秒(5kmLAP 27分12秒)
36-40km 3時間25分06秒(5kmLAP 32分41秒)
41-GOAL 3時間40分19秒

ちなみに最初に3kmくらい会場付近を逆に回って、
それから周回コースを5周する、ってコースです。

<取らぬ狸の皮算用>
事前の想定ペースは周回コース1周を40分x5で200分。
周回前の約3kmを10〜15分。合計で約3時間半、というもくろみ。
つまり1周目終了で50分、2周目終了で90分なら計算通り。

<もうひとつの目標>
今回は自己申告タイムでゼッケンが決まったようなんですが、
A〜Fまでブロックがあり、それぞれ1〜270まで(Fのみもうちょい多かった)
の番号が割り振られていました。
自分はなんと「A263」。
ギリでAブロックになってしまいました。
この「A」が私に多大なプレッシャーを与えました。

「Aのくせに遅い」とか「Aなのに歩いてる」とか言われかねない!(*_*;

なので、絶対に「歩かないこと」。
そしてゼッケンが263番ということで、263位よりも上の順位でゴールすれば
自分の申告タイムの責任を果たしたといえるのではないだろうか!?


それでは振り返りをば!( `ー´)ノ

<スタート〜1周目>
スタートして最初の3kmの逆走は、周囲もペースが速かったです。
うちらは先日試走したばかりでコースの厳しさも体験済みなので
もっと落としたかったんですが、メロディラインに出るころには、
両足のスネが痛くて痛くて、まともに走れない感じでした。
力を入れないようにして痛みがなくなってきたのは2周目に差し掛かる頃でした。
1周目終了時点で電光掲示板の表示は47分くらい。
足が痛かった割にはちょい早ペース。

<2周目>
メロディラインに行くまでの坂がキロ5分15秒くらい。
でもいちいち気にしない。
前方からまさかのAブロック2桁番台のランナーが歩いて戻ってきてる。
リタイヤ?もう?
でも彼だけではなく、Aブロック2桁番台の歩いてる姿を結構見た。
みな、榛名の厳しさをしらずに突っ込んだ結果でしょうか?
下り区間に入ると力みなく呼吸も静か、フォームも安定し、足が温存できてる気がした。
ただ、声として聞こえるほど叫びながら走る年配の方がいて、
抜きつ抜かれつを4周目くらいまで繰り返した。
楽しいバトルではなく、気が散って仕方なかったのでストレス溜まりまくり。
2周目も想定の90分を切っていたので、思った通りの展開になっていた。

<3周目>
そろそろ先行していたランナーを拾い出す。
メロディラインでは歩きだすランナーが出始めていたが、もくもくと走る。
するとすぐ真後ろで呼吸を感じる。
どうやら自分を風よけに使ってるランナーがいるみたい。
見るとAブロック2桁番台のランナー。
ランパンランシャツ。
メロディラインを上り切るくらいまで一緒だったが、下りで離れた。
3周目もまだ30km走っていないので、下りでもペースをキープする。
時計もみたけど、頭の中で計算するのが面倒くさくなる。

<4周目>
これまでの練習ではほとんど経験のない4周目。
先日の試走会でも3周+メロディラインの上りきりまでだった。
今回もそこまでは頑張った。
でも・・・下りからあまり力が入らなくなってきた。
ようやく30kmを越え、いつもなら3時間25分くらいでゴールできる
ペースだったけど、気持ちが切れ始めていた。

<5周目>
Aブロックのゼッケンをつけている以上、上り坂で歩くようなマネは
したくないと、意地で走っていた。
いいペースで走る、Aブロック200番台の女子ランナーが何人かいて
これまで上り坂でおいてきていたのだが、下りでことごとく抜き返され始めた。
下りなのに全然ペースがあがらなくなった。
足が痛いわけでも痙攣してるわけでもないのに。
もうキロ7分に近いペースまで落ち込んでいる。
3時間半切りは絶望的になった。

変えるきっかけを作りたい。
「ゆうすげ」のエイドで立ち止まって給水をした。
するとコーラが目に入った。
炭酸の刺激で目を覚まそう!
2杯飲んだ。
「カレーありますよー」との声に反応し、ふらふらと近づき、
「カ、カレーください」
食べた。
ところてんを入れるような容器に盛られたカレー。
とても美味しかった。
そしてもう一度コーラをもらって出発。

足はすぐには動かなかったが、徐々に体が目覚め始めた。
カレー&コーラパワーで再びキロ5分台にペースを戻した。

そして・・・

<ゴール>
ゴールのバルーンが見えた。
コーンで左右に仕切られていて、右側がゴールするランナー、左がまた周回に行くランナーのコース。
ゼッケンを呼ばれる。
「263番!」
周回するランナーには「あと〇周!」といわれるが、ついにゴールだ。
ラストスパートをかけたわけではないが、
目の前を走るランナーを一人パスして、ゴールテープを切った。

終わった。
ついに走り終えた。
ほっとした。
歩かずにゴールできた。
3時間半には届かなかったが、最後のぼろぼろっぷりから考えれば、
よくこのタイムで済んだもんだと思う。

ちなみに順位は総合で193位。
いつもの全体の1割に入れなかったのは悔しいけど、こっちの目標は達成。

その後は仲間のゴールを見届け、プチ宴会。
苦しかったからこそ、思い出の共有ができたのは嬉しい。

今日初めてお会いできたラン友さん、
先日のレースと京都偶然お会いできたラン友さん、
一緒に宴会までしてくれたみなさん、お疲れ様&ありがとうございました。

| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

【大会レポ】第36回草木湖一周マラソン全国大会

ぐらんどばんです。

秋のレースの始まりとして今年も草木湖を走ってきました。
今回は19kmの部に初めてエントリー。

昨年は雨のレースでしたが今年は快晴。
どんな展開になるか?

19kmの部ではなんと踏切を2度通過する。
列車は止められないので、運が悪ければ踏切待ちが発生するのだ。
踏切は約10km、約10.4km地点にある。

列車の通過予定時刻からすると、19キロの部のスタートから
約50分後に遮断機が下りる。
という事は?
あの激坂をキロ5分くらいで走ると、ちょうど遮断機に当たる計算だ。

<会場へ>
自分が出る大会の中では桐生市堀マラソンに次いで近い会場。
今年も自宅を出たのは7時ちょい前。
今回も運よく出店が立ち並ぶ野球場に車を停められた。

体育館で100均ブルーシートを広げ、陣地を設定。
でも知り合いには全然合わず、場所取りすぎな罪悪感。

開会式が終わり、出走1時間前。
アミノバイタルゼリー(赤)を景気よく1本飲む(小市民)。
3日前に賞味期限が切れたシロモノだ。(´-ω-`)
たぶん気のせいだと思うが、若干いつもよりも酸味があったような・・・。
実はもう1本ある。
レース用に買っておいて使わないで終わるとこういう事がおきるんだよなぁ。

天気が良く給水は必須になりそうだが、エネルギー補給はどうだろう?
いるかなぁ?
賞味期限切れのアミノバイタルゼリー(赤)だけど。

やめよう。
レース中に不測の事態(ある程度「予測の事態」だったりして)が起きると困る。
代わりに塩飴をポーチに入れた。

それと小銭を少し。
ゴールと出店は近いので、そこでの買い物用。

<レーススタート>
スタート3分前くらいになったら、どっと前方の人が増えた。
19kmだし、そんなにダッシュしなくてもいいかと割り切るけど。

10時25分、19kmの部スタート!
やっぱりちょっと渋滞気味。
狭い通路を抜け、オーバーラン気味に大きく膨らんで左折し、道路に出る。
だいぶ出遅れたかも?

1km通過 04:21 00:04:21(13.8km/h)
(昨年04:09)

昨年はあの泥んこスタートながら4分9秒で走ってるのに
今回は10秒近くロスしてる。
ダム上までくると坂が一度緩やかになる。
そして「ここから長い上り坂」の表示となる2段ロケット坂。
ペースが落ちる。

2km通過 04:47,00:09:08(12.5km/h)
(昨年04:45)

毎度、激坂のレース中に思う。
「出るんじゃなかった」

上り坂で置いていかれる。
脳内ネガティブキャンペーン実施中。

(いっその事歩いちゃう?)
(2時間オーバーでゴール?)
(榛名湖もDNS?)

あ、また一人、横に並んだ。

3km通過 05:18 00:14:26(11.3km/h)
(昨年05:06)

19kmの部だからとペースメイクしてるわけじゃなく、
勝手にペースが落ちてる。

思い当たることは・・・音楽を聞いていない!
自分にとって音楽を聞く理由は2つ。
ひとつは曲の長さで経過時間がわかる事。
もうひとつは、自分を鼓舞する、一種のドーピングだ。

本人はペースが遅れてる事に気づいていない!
誰か、教えてやれよ!
時計?
そんなものレース中に見えん!(老眼なので!)

ペースが上がらない理由はほかにもあった。
速い美ジョガーが今回は目の前を走ってないからだ!
実際には暑さで苦しかったってのもある。

4km通過 04:07 00:18:33(14.6km/h)

最初の給水はパスしたが、次は給水を取った。
水は結構冷たく、この暑さでは、ありがたかった。
この大会は水しか出ないけど、フルじゃないからそれでもOK。
逆に水しかないのがわかってるから、心置きなく手にかけたり
顔を洗ったりできる。

5km通過 04:44 00:23:17(12.7km/h)

この大会は平坦な道がほぼないコースだけど、キツさで言ったら
最初の4kmがクライマックス。
フラットなコースのように安定したペースには持っていけないけど、
上がっていた呼吸が徐々に整ってきた。

6km通過 04:20 00:27:37(13.8km/h)

赤い草木橋の横を通過。
12kmの部のランナーとはここで分かれる。
ここから先はレースとしては未知の領域だ。

7km通過 04:24 00:32:01(13.6km/h)

自分の左隣に黒いウェアのランナーが着かず離れず走っている。
一緒に走るというよりは競り合ってるような状態。
相乗効果で、坂で置いていかれたランナー達を追撃。

8km通過 04:28 00:36:29(13.4km/h)

12kmの部のコースは沿道の応援というのはほとんどないが、
このあたりは民家が並び、応援がもらえる。
自分は応援をもらうとフォームが良くなる傾向があるので、
このあたりは颯爽と走っていたはず(笑)。

9km通過 04:19 00:40:48(13.9km/h)

中間地点の表示をすぎ、横に並んでいた黒いウェアのランナーが
「早すぎ!」と言いながら、後ろに下がった。
何が早すぎたのかわからないが、追いかけられるような体制になった。

10km通過 04:28 00:45:16(13.4km/h)

レース前に心配していた踏切には捕まることなく無事に通過。
ちらっと後ろを振り返るが背後にはランナーはいなそう。

11km通過 04:27 00:49:43(13.5km/h)

国道122号線に出て、狭い三角コーンの内側を走る。
前のランナーに離されないように走る。

12km通過 04:25 00:54:08(13.6km/h)

置いていかれないか、抜かれないかを気にしていたが、
このあたりから抜かれることはまったくなかった。
自分のペースが上がったのではなく、周りのペースが落ちてるようだ。

13km通過 04:29 00:58:37(13.4km/h)

草木橋の横を通過。
12kmの部のランナーと合流する。
このあたりを走るランナーのペースに合わせちゃいけない。

14km通過 04:24 01:03:01(13.6km/h)

部門が違うとはいえ、どんどん抜いていくのは気持ちいい。
足はまだ残ってるし。

15km通過 04:27 01:07:28(13.5km/h)
(昨年04:35)

トンネルを通過する。
草木ダムが見えてくる。

16km通過 04:20 01:11:48(13.8km/h)
(昨年04:25)

さぁここからファイナルバトル!
全力で駆け抜けろ!

17km通過 03:58 01:15:46(15.1km/h)
(昨年04:04)

急な下り坂をさらに加速して下りていく!

18km通過 03:25 01:19:11(17.6km/h)
(昨年03:25)

行けるとこまで行ってやれ!

GOAL通過 01:27 01:20:38(16.6km/h)

-----
昨年のデータは12kmの部なので、単純に比較はできないけど
前半ペースダウンした分、今回はラストのペースが昨年よりも
ちょっとだけ上がっていた。

タイムはともかく、最後にスパートできたのは気持ちよかった。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »