« 11月23日は・・・渋川駅伝! | トップページ | 【大会レポ】第10回伊勢崎シティマラソン »

2014年11月23日 (日)

【大会レポ】第64回日本のまんなか渋川駅伝大会

ぐらんどばんです。
今年もやってきました、渋川駅伝。

今年の11月23日といえば、神戸マラソン、つくばマラソン、大田原マラソン
などフルマラソンも花盛り。
そのせいかランニング雑誌でも「11月後半のフルマラソンに向けてのメニュー」
なんてものが載ってたりとか。

いやいや。
フルマラソンもいいけど、駅伝にも注目しましょうよ。

渋川駅伝はそんじょそこらの周回コース駅伝とは違いますぜ。

駅伝のだいご味、
「タスキが繋がるか?繋がらないか?」

これを存分に味わえるわけですよ!

思えば昨年は、チーム「RC赤城颪」として初めて最後までタスキを繋ぐことができました。
でも・・・諸般の事情あって今年はがらっとメンバーチェンジ。

さてタスキの行方はどうなった!?

では、まずはメンバー紹介から。

 <RC赤城颪A>
 1走−何度も入賞経験のある、強力な助っ人「あっくん」が渋川初参戦。
    目標は「この大会に私の爪痕を残す!」だとか。

 2走−個人戦よりチーム戦スペシャリストの「あっきー」。
    2日前に高熱が出てしまい、出場も危ぶまれたが果たして!?

 3走−まだまだ実力の計り知れない未完の大器「カツラ」が大宮から参戦。
    バーニングマンレースで、その片鱗を見せたが、駅伝ではどうか?

ここまでの3名は「あついぞ熊谷バーニングマンレース2014」の
サンセットリレーマラソンで5位入賞した「ドリームK3」の1〜3走そのまま!

 4走−最近はチーム最年長という立場の多い、自分(ぐらんどばん)。
    タスキが繋がるかどうか「4区」を初めて走ります。
    
ちなみに自分も「ドリームK3」で第5走を走りました。

 5走−渋川駅伝出場回数ならチーム1。歴史を知る男「ジャイ川」。
    実年齢はまだまだ若いのでファイト一発!期待したい。

もう1チーム「RC赤城颪B」もいるけど、メンバー紹介は割愛。

さてそれではレースの様子をお伝えします。

といっても、自分は第3中継所で「第4走」として待機してるので、
実際に見たわけじゃあありません。
ご本人から聞いた話と、私の「想像」でお送りします。

<1区>
9時30分駅伝スタート!
渋川市役所をスタートした集団は、渋川駅方面に向かって進んでいく。
ここでトップに立ったのは、群馬大学でも渋川消防でもなく、
なんと我らがRC赤城颪Aのあっくん。
たしかに爪痕は残したぜ!
さすがにトップキープは長くは持たなかったが、それでもトップから
約2分半遅れの8位でタスキを繋ぐ。

<2区>
予想以上の速い展開にとまどう、あっきー。
のほほん、としているように見えるが、元来は負けず嫌いで、
上位入賞などがかかると俄然燃えてくるタイプなのだ。

しかし2日前に高熱を出していた体は、そうは思い通りに動かない。
ランナー4人にパスされ、12位に後退。
それでも昨年の自分のタイム+10秒落ちで走り切ったのはさすが!

<3区>
職人気質で多くを語らず仕事をこなすカツラがスタート。
アップダウンの3区を17分台で走破!やっぱり速い!
ランナーを2人パスして10位にアップ。

<4区>
トップ通過から8分ほどで「8番!」のコール。
まだまだだろうと思ってて、最初は気づかなかった。
オレだぁ!

4区は塀があって前走者が全然見えない。
塀の陰からランナーが飛び出して来れば、すぐにタスキリレーだ。
その場で軽くジャンプしながら待つ。

着たっ!

タスキを受け取り、コースに飛び出す。
最初は下り、一気に飛ばす。

下りの先まで直線の道路が見渡せるが、前を行くランナーは見えない。
自分でペースを作らないとダメだ。

ふと後ろを振り返る。
後ろにもランナーはいない。

ところどころに3〜4人の人が固まってて応援をくれる。
「がんばれー」

大勢が走るマラソン大会と違って、この声援は確実にオレに向けられている。
手をあげたり、頭を振って応える。

気になるのはその後だ。
通過した後で、また声援があるなら後ろにランナーが迫ってきている証拠だ。
大丈夫だ。
オレが通過した後で、車を通している。
後ろにまだランナーはいない。

ちらっと時計をみる。
まだ2km。

一昨年、試走したとはいえ、4区をレースで走るのは初めて。
ペース配分もコースの攻略も何もない。

ん?
足音が聞こえる。
ランナーが・・・近づいている。

ペースを上げる。
まだ3km。
ゴールは遠い。

3.5km付近、やや上り坂に差し掛かるところでパスされる。
気持ちを切らさないように。
前も後ろも気にかかる。

後ろには、まだランナーは見えない。
パスされたランナーが見えなくならないように走る。

それでも、徐々に間隔が開いていく。
沿道からは「がんばれ!」と応援をもらうが、頑張れない。

やっと左折。
ゴールは近いのか?

また下っていく。
遠くに学校の校舎らしいものが見えてきた。
アレだ!

もうひと頑張り。

トランシーバーを持った係員が見える。
あれで、中継所にゼッケン番号を連絡しているんだろう。
今頃、思った以上に早い到着で、ビックリしているかもしれない。

学校の横を通過。奥の入り口から中へ。
後ろを振り向いた。
まだ、後ろにランナーは見えない。

何とか、一人抜かされただけで済みそうだ。
あとはトラックを半周だ。

パンツに挟み込んでいたタスキを取りだす。
タスキを頭から外す。

そして、タスキリレー!
繋がった!

今年も最後までタスキをつなぐ事が出来た。
この時点でオレの駅伝は終わり。
あとはアンカーに託すだけだ。

<5区>
「みなさんが作ってくれた貯金を借金にしちゃいました」
「繰り上げスタートしたランナーにもたくさん抜かれました」

ジャイ川くんのタイムは41チーム中、41位。
17人のランナーに抜かされ、結果的に29位だった。

うーん。

悔しいけど、来年もしまた走ることになったらリベンジしてやるぞ!

|

« 11月23日は・・・渋川駅伝! | トップページ | 【大会レポ】第10回伊勢崎シティマラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/643/58107395

この記事へのトラックバック一覧です: 【大会レポ】第64回日本のまんなか渋川駅伝大会:

« 11月23日は・・・渋川駅伝! | トップページ | 【大会レポ】第10回伊勢崎シティマラソン »