« 【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン③ | トップページ | 【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン〜初めての別大2015ダイジェスト版〜 »

2015年2月 4日 (水)

【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン④

ぐらんどばんです。初めての別大レポ(レース編④)完結です。

足はどこも痛くない。痙攣もしていない。
息だって乱れていない。
エネルギー補給もしてきたし、水も飲んだはず。
だけどスピードが落ちた。

気力減退?
肉体疲労?

出場しているランナーのほとんどは自分よりも速い。
少しでもペースが落ちようものなら、どどっと抜かされる。

「41番がんばれー」と声援がとぶ。

No.2041
小柄な白いウェアの女子ランナーにズバッと抜かされる。
何となく見覚えがあるゼッケンだ。

それもそのはず。
女子ランナーは全員、自分より前からスタートしているので
抜かされるということは、自分が一度抜いたランナーに抜き返されているのだ。
女子はゼッケンが2001番からだから、かなりの実力者とみた。

よし・・・
この女子について行こう!

しかし!
そんな考えを打ち砕くかのように、彼女はどんどんと先へ。

・・・あっと言う間にふられた。
せつないぜ。

35k    02:44:07 5kmLAP 25:40(5'08s/km)

キロ5分オーバー。
坂道を転げ落ちるように、ついに赤字に転落!
完走に赤信号。
ここまで来て完走しないなんてありえないぞ。
踏みとどまれ、自分。

頭がぐるぐるする中、全身真っ黒なウェアに身を包んだ女子ランナーに抜かされる。

No.2097

女子では中位だ。
今度こそがんばってついて行くぞ。

彼女の走りは完全なピッチ走法。
終盤だからかもしれないが、ストライドが狭く、体の上下動が少なく
左右にもぶれていない。

つかず離れずの状態でついていく。

39キロ付近、見覚えのあるゼッケンが見える。

No.2041
白いウェアの女子ランナー。
ふられたマドンナと再会。

後ろ姿しか確認できないが、道路わきを走っており、苦しさが伝わってくる。

女子が別大を完走するのは大変な事だろう。
心の中で彼女の幸せ(?)を祈りつつ、再び抜き返す。

そして

コースは40キロ手前で左折。

ここで黒いウェアの女子ランナー、No.2097をパス。

40k   03:10:02 5kmLAP 25:55(5'11s/km)
(参考:No2097の40k通過time 03:10:07)

気を緩めればまた抜かし返されてしまう。

最後の気力を振り絞る。

「あと1km」

ゴールはまだ見えない。

あと少し・・・

見えた!
大分市営陸上競技場。

トラックに入る。

時計は3時間20分になろうとしている。

スパートはしなかった。
別大のラストをゆっくりと噛みしめたかった。

そのままゴール。
タイムは3時間21分15秒(グロス)

こうして自分の初めての別大は終わった。

安堵感半分、悔しさ半分。

ここでならもっといいタイムで走れたと思う。
そのためには、走りこみと体重をもっと絞る必要があった。
やるべきことをやらないとPBは更新できないですね。
Photo_9

------------>
<データ>
男子完走者 2669人(3521人中)
女子完走者 134人( 221人中)

ばんの順位は2142位

※順位は男女別なので、女子とも比較
 自分よりも速かった女子 64名
 女子64位 3:20:54
 女子65位 3:21:31(No.2097さん)

|

« 【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン③ | トップページ | 【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン〜初めての別大2015ダイジェスト版〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン③ | トップページ | 【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン〜初めての別大2015ダイジェスト版〜 »