« 【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン④ | トップページ | 【大会レポ】初めてのウルトラ①第22回奥武蔵ウルトラマラソン »

2015年2月 5日 (木)

【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン〜初めての別大2015ダイジェスト版〜

ぐらんどばんです。

2月1日日曜日。
「別府大分毎日マラソン(以下、別大)」を走ってきました。

初めてのフルマラソンから3年。
自分が出場資格の厳しいエリートレースに出るなんて。
そのために生まれて初めて九州に行くなんて。
信じられない思いでいっぱいです。

大会前日に大分入り。
受付会場であるビーコンプラザまでの移動中、雨や強風で天気は荒れ模様。
しかし大会当日は気温7度、晴れ時々曇り、風もそれほど強くなく絶好のコンディション。

スタート地点はうみたまご。
11時30分にプレラインナップ。ゼッケン番号順に綺麗に整列します。

別大はエントリー時に提出した記録証のタイム順にゼッケンが決められます。
自分の前には約3000人ですが、後ろには500人ほどしかいません。
参加費、更衣室、待機場所、スタート位置など、実力に応じて格差がつくのも
エリート大会の醍醐味ですね。

12時ちょうどに号砲。
意外だったのはスタート地点が近づくにつれ、バンザイしたり両手を振ってる人の多い事。
大都市マラソンではよく見かけますが、こんなシリアスな大会でもお祭り気分の人もいるんだなぁ
と不思議に感じました。

でも初参加の自分にはそんな気持ちの余裕はありません。
なぜなら厳しい関門が気になっていたからです。
別大では10km地点以降に関門があり、キロ5分ペースをオーバーすれば収容バス行きです。

最初の10km地点の関門は50分以内。
普通に走れば問題ないはずですが、スタート地点通過までのロスが約1分。渋滞もしています。
のんびり走ってる暇はありません。

今回はキロ4分半ペースで行こうと決めていました。
昨年PBを出した前橋渋川シティマラソンの設定ペースとほぼ同じ。
自分よりも若いゼッケン番号、つまり持ちタイムの速い選手をパスしていきます。

最初の5km通過は24分06秒。
スタートロスと渋滞で設定ペースからは約1分半の遅れです。

緩やかな弧を描く海岸線を走りぬけていくと中央分離帯の反対側をトップランナーが通過していきました。
自分も9kmで折り返し。

10km通過は46分37秒。5kmLAPは22分31秒。設定ペース通りです。
でも関門の50分まで残り3分半弱。
自分が走ってきた反対車線はすでに交通規制は解除され普通に車が走っています。
まるで火のついた導火線が後ろから迫ってくるよう。
気を緩めるわけにはいきません。

その後のLAPは22分28秒(15km地点)、22分35秒(20km地点)
とほぼ設定どおりの4分半ペースをキープ。

中間地点(ハーフ)通過は1時間36分40秒。
PBを出した前橋渋川シティマラソンのときよりも1分ほど速い通過タイム。
このまま行ければPB更新が見えてきます。

ところがコースがきつくなるのはこの後でした。
道路がバンクになっており、右足と左足で高さの違う道路が右に左に現れます。
重心のかけ方が難しく、ランナーは斜面に逆らう形で走らなければなりません。

次の5kmLAPは23分03秒(25km地点)。
タイムの落ち込みは最小限でしたが、足へのダメージは蓄積されていたようでした。

26km付近でゴール目前のトップ選手が反対車線を通過。
電光掲示板のタイムは約2時間でした。

給水を取るためにペースダウン。
その直後に現れた壁のような弁天大橋。
ペースがガクンと落ちました。
下りで勢いとつけようと試みますがペースが戻ってきません。

次の5kmLAPは23分44秒(30km地点)。
ペースは落ちたものの、このペースで行ければPB更新の望みはまだありました。

でも、それはできませんでした。
35km通過の5kmLAPは25分40秒。
レッドゾーンに突入。
売り切れてしまった足はキロ5分ペースを維持することも難しくなっていたのでした。
まだ7kmも残っているのにこのままペースダウンが続けば、
最低限の目標である完走すらできないかもしれません。
周囲には歩いたり、立ち止まったりしているランナーもちらほら。
止まったら終わりだと考えていました。

別大は女子ランナーの参加が少ないため、女子ランナーには声援が集まります。
彼女たちが受ける声援を朦朧とした意識で聞きながら走り続けます。

次の5kmLAPは25分55秒(40km地点)。
ペースの落ち込みを最小限に食い止めてますが、キロ5分オーバーは当然借金ペース。
でも完走は見えてきました。
あと2km。

競技場に入ると苦しさよりも喜びが込み上げてきます。
ここを1周すれば半年前から計画していた別大のゴールです。
ラストスパートよりも一歩一歩を噛みしめながらゴールに向かいました。
そしてゴール。タイムは3時間21分15秒。
自己ベストにすら及びませんが、別大を規定時間内に最後まで走り切った事は大変いい思い出になりました。
そして悔しさも湧いてきました。
痛みもエネルギー切れもないのにペースダウンしたのは不摂生と練習不足。
次回挑戦するときは導火線ランナーから卒業します!

|

« 【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン④ | トップページ | 【大会レポ】初めてのウルトラ①第22回奥武蔵ウルトラマラソン »

コメント

お疲れ様でした!

別大完走おめでとうございます♪

投稿: bay | 2015年2月 5日 (木) 07時53分

bayさん、お久しぶりです。

ありがとうございます。
かなりやられちゃった感じですが、完走できてよかったです。

投稿: ぐらんどばん | 2015年2月 5日 (木) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【大会レポ】第64回別府大分毎日マラソン④ | トップページ | 【大会レポ】初めてのウルトラ①第22回奥武蔵ウルトラマラソン »