« 2015年2月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年6月11日 (木)

【大会レポ】初めてのウルトラ完結⑤第22回奥武蔵ウルトラマラソン

(これまでのあらすじ)
グリーンライン頂上の折り返しポイント「丸山AS」で仲間と再会。
しかし後半スタート早々、トイレロス。ラストバトル!

(本日のおはなし)
オクムの下り、スタート!

頂上に近いこのあたりは下りと言っても傾斜は比較的緩やか。
もちろんずっと下りではなく上りも入る。

下りと上りで走り方が大きく変わらないよう、
ストライドを狭め、ピッチを速め、腕を振る!

52km LAP:05:47 total:06:50:26

ターゲット、ロックオン!

先行するランナーに下りで並ぶ。
前を行くランナーもペースを上げ、すぐには抜けない。
そのまま追走。

上り区間で横に出る。
ペースを落とさないように駆け上がる!
ストライドが狭いためスピードはあまり速くはない。
ジリジリと抜いていく。

だがこの方が疲れにくく、上りのペースが長持ちする。

抜かしたランナーが背後に貼り付く!
どちらの脚が残っているか!

背後のランナーの足音が遠のく。
たいていのランナーは10mほどで歩き出す。。

さらに下りで突き放す!

53km LAP:06:44 total:06:57:10

刈場坂ASで給水。
腹の具合は大丈夫。
ただ、ペースを上げたので、急に止まると足にくる。

54km LAP:05:52 total:07:03:02

折り返す前にすれ違った、見覚えのあるランナーたち。

カニのような被り物ランナー。
男性か女性かわからないランナー。
腕にタトゥを入れたランナー。

下りで・・・ぶち抜く!

次は・・・

リフレイン3発見!
道路に3人横並び。

グリーンシグナル点灯。
少し早めに声掛けする。

ばん「通ります!!」

振り返り、お互い寄り添うリフレイン3。
やや距離をおいて・・・抜く!

一気に加速!
キロ4分強で引き離す。

55km LAP:04:49 total:07:07:51

ばん「・・・うあっと!」

危ない!

・・・足をとられた。

ところどころに道路を横切るように排水溝があり、
金属のフタがついている。
ここに足を載せるとすべりそうなので、気を付けていたのだが
その先に別の段差があったようだ。

この坂道で走りながら転んだら、大惨事。
おそらくリタイヤ。
調子に乗って飛ばしているが、足の疲弊は明らか。
あまり上がっていないんだろう。

56km LAP:06:33 total:07:14:24

飯森ASに到着。
トイレは大丈夫。よく持っている。
ただ、足の痙攣が心配。
エイドは人が多く溜まっているので、ぶつからないようゆっくり通過。

57km LAP:06:02 total:07:20:26

すぐにはスピードが出ない。
足を少し大きく上げたり、腕をぐるぐる回したり。
体をほぐしながら進む。

58km LAP:05:25 total:07:25:51

再び加速開始!
アップダウンが続き、スピードの変動も激しい。
(これが後で大変な事になる。)

59km LAP:04:53 total:07:30:44

あれは!
薬局パパさん、発見!
高山ASに到着。

大勢のランナーで賑わっている。
腹は大丈夫だ。
冷たいお汁粉をいただく。
パパさんと一緒に「残り18km」の写真撮影。
ひしゃくで頭に冷水をぶっかけてもらい、再度スタート。

60km LAP:10:07 total:07:40:51

パパさんと併走でスタート。

パパ「先に行ってください」

という言葉をいただいて、先に進むことにする。
この大会で初めて、パパさんの前に出た。(スタート直後の渋滞は除く)

61km LAP:05:30 total:07:46:21

一度前に出ると、追いかけられる気分に変わる。
自分としては攻め続けるしかない。
エイドにいる間に先行されたランナーたちを抜き返す!

62km LAP:04:46 total:07:51:07

どの大会でもそうだが、仮装ランナーは実力者が多い。
仮装する余裕があるっていう事だ。

緑と黒と銀色の派手なタイガーマスク。
マントを羽織って走りにくそうなのに速い。
下りキロ4分半では抜けない。

さらに加速。
この日のマックススピード、
キロ4分をやや切るスピードで一気にぶち抜く!

問題は抜いた後の上りでヘタレない事。
上りで突き放す。

63km LAP:05:09 total:07:56:16

見えた!
先行するキジーさんの背中を捉えた。
顔振ASに到着。

キジーさんとしばし談笑。
レースはちょうど8時間を経過。
9時間から9時間半くらいでゴールかな?とキジーさん。

ここで最後のアミノバリュー(顆粒)を投入。

ばん「自分はすぐにスピード乗れないのでお先にどうぞ」
といって先に出てもらう。

64km LAP:08:24 total:08:04:40

走り出すと、前方にキジーさんがまだ見える。
100mくらい先。
筋肉が重々しくて、なかなかスピードが上げられず。
だんだんと間隔が広がっていく。
キジーさんは別のランナーたちをパスしてどんどん前へ。

65km LAP:05:35 total:08:10:15

キジーさんとの差は「姿がたまに見える」くらいに広がった。
また見えなくなってしまうのか。

ところが・・・
キジーさんがスピードを落とした。
差が詰まる。

お話したとき、上りは歩くと言っていたキジーさんだが、
勾配がキツメの坂だろうか?

キジーさんの横に並ぶ。
たしかに勾配がキツイ。
だが、ふんばって駆け上がる。
このレース、ここで初めてキジーさんの前に出る。

下りになったら巻き返される。
上りの間に少しでも前へ。

66km LAP:05:01 total:08:15:16

(・・・足がおかしい。)

太ももが沸騰したお湯のようにボコボコする。

後ろを振り返る。
背後にランナーはいない。
深呼吸して足への力加減を工夫しながら走る。

67km LAP:08:11 total:08:23:27

黒山ASに到着
ここにきてお腹の方はノープロブレム!
気分転換に給食をいただく。

68km LAP:06:22 total:08:29:49

毎度の事だが、すぐにはスピードに乗れない。
足のご機嫌をうかがいながら、そろそろ巡航。

69km LAP:05:17 total:08:35:06

残り10kmを切った!
このまま行けば9時間半を切れるかもしれない。
これまでのトイレロスがなければなぁ。

・・・などと考えていると・・・

足の痙攣。
やばい!
止まっても攣っている。

ここにいたら邪魔になる。
脚を引きずるように道路わきへ。

70km LAP:07:04 total:08:42:10

とりあえずエイドを目指す。

ユガテASに到着。
エイドに入ると名前(本名)を呼ばれた。

ゼッケン番号から調べて応援してくれるサービスかな。
うれしい。

さらにノンアルコールビールをいただく。
スタッフの方々が一緒に乾杯してくれる。

全員「かんぱーい!」

気持ちいい!

ばん  「ごちそうさまでした!」
スタッフ「いってらっしゃい!」

71km LAP:10:50 total:08:53:00

気持ちはとっても元気になった。
だが足は変わらず。

目前には急こう配の上り坂。
他のランナー同様、上りで歩く。
下りになるまで足を休めよう。

72km LAP:07:52 total:09:00:52

延々と続く上り坂。
勾配が緩むと少し走ってみる。
行けそうだ。

下りが見えた。
ここから巻き返せるか。

走り出す!

(ぐぁーっ!)

両方の太もも前部に激しい痛み。
下りでは歩いていても痛いくらい。
走れる感じがまったくしない。

ラン友のあっくんが言っていた「下りの脚が終わった」状態だ。

73km LAP:08:28 total:09:09:20

上りを歩く。
後ろからヨボヨボのおじいさんのような走りで抜いていくおじさんランナー。

2mくらい前に出たところでピタリと止まる。
そこから歩く。

おいぃ!
なーに?その微妙な感じ。
前に出たかったの?

くっそう。
抜かれた事は気にならないが、どうせならずばっと置いてけぼりにしてほしい。
なんだよ、2mって。
2歩で追いつくぞ。

これがラストバトルか?

74km LAP:08:50 total:09:18:10
75km LAP:08:34 total:09:26:44

GPSウォッチと距離表示が少しずれているが、
勾配のせいもあるだろう。

このあたりただのウォーキング。
いやハイキングか?
腰の左右に手をあてて、モデルのように歩く。

上りは歩いているランナーばかりだが、
下りで歩いているランナーはさすがに少ない。

そして・・・
平らな道路だぁ。
グリーンラインを抜けた!

おおっ!
ここなら走れる。

最後のエイド、鎌北エイドの前は走って通過。

76km LAP:06:23 total:09:33:07

このあたりは一般道。
歩道を走らなければならない。

前を行くランナーに合わせて道路を横断。
あと1kmの表示があった。

最後はちゃんと走ってゴールしたい。

ゴールの会場が見えてきた

右見て
左見て

車の通過待って
会場に飛び込む。

77km LAP:05:19 total:09:38:26

あれがゴールだ!

?「ばんちゃん!」

ゴールで出迎えてくれたのは、あたしちゃん(女性)。
そしてウルトラの先輩、つんちゃん(女性)。

ばん「おおーっ!」

美ジョガー2人にハイタッチしてゴールに向かう。
ゴールテープを張ってくれた。

両手でバンザイしてゴール!!!

77.1km LAP:00:50 total:09:39:16

やった!

最後は歩いてしまったけれど、初のウルトラ完走。
この後、一緒に走った仲間のみなさんも全員完走。
素直にうれしい。

公式エイド、個人エイドのみなさん。
先行して引っ張ってくれた仲間のみなさん。
スタートからゴールまで各所で応援してくれた仲間のみなさん。

どれが欠けても苦しかったと思います。
最後まで走らせてくれてありがとう。

反省点は腹痛と最後の歩きです。

腹痛は胃腸薬とお腹を冷やさない対策が必要かな。
最後の歩きは「足の売り切れ」。
ちょっと仕掛けが早かったかも。(残り28km)
特に下りで足のダメージを作りすぎました。
シューズと走り方で対策を考えたいと思います。

長文、おつきあいありがとうございました。
これにて
「初めてのウルトラ第22回奥武蔵ウルトラマラソン」
完結です。

(おわり)

| | コメント (0)

2015年6月10日 (水)

【大会レポ】初めてのウルトラ④第22回奥武蔵ウルトラマラソン

(これまでのあらすじ)
約40kmを走り終えた、ばんだったが、腹痛が再発。
まだ半分!くじけるな、ばん!

(本日のおはなし)
レーススタートから5時間経過。
これまで出場した大会で連続5時間以上走った事はない。
ついに未体験ゾーンへ突入。

トイレに入って痺れてしまったのか!?
走り出そうとすると太ももがビクンビクンと波打つ。

(攣る!)

ここにきて、ついに歩く。
走ろうとすると痙攣するが、歩く筋肉はまだ大丈夫だ。

(そうだ!)

痙攣防止で持ってきたアレ・・・アミノバリューの顆粒を投入。

40km LAP:10:11 total:05:10:00

走れるか?
走れそう。

41km LAP:07:15 total:05:17:15
42km LAP:07:40 total:05:24:55

アミノバリューの効き目も長くはもたない。
エイド(飯森AS)ではスポドリを飲む。
こちらも効いてくれるといいけれど。

43km LAP:07:32 total:05:32:27
44km LAP:06:47 total:05:39:14

(う・・・?)

そうね。
はい、はい。忘れちゃいません。
刈場坂ASで6度目のトイレ。

45km LAP:11:57 total:05:51:11

ロスは約4分。

すれ違うランナーが増えてくる。
折り返しポイントは近い。

多くのランナーがすれ違いざまに

「ファイト!」
「ナイスラン!」

と声をかけてくれる。
そんなランナーたちの表情は晴れ晴れとしている。
自分も「ファイト!」と返す。

46km LAP:06:54 total:05:58:05

そういえば、ウルトラの先輩、キジーさんとそろそろすれ違うんじゃないだろうか?
もしかしたら、先に行った薬局パパさんとも。
折り返しランナーの顔を確認しながら進んでいく。

ランナー「この先、エイド!ファイト!」

折り返し前の最後のエイド(大野AS)に到着。
このエイドも大きく、食べ物も豊富。
でも知り合いはいなそうだ。
補給だけして、先に進む。

47km LAP:07:49 total:06:05:54

先行する2人を見つけられない。
もう通り過ぎてしまったんだろうか?

48km LAP:07:37 total:06:13:31

そして・・・
ついに折り返し地点であるエイド(丸山AS)に到着!
グリーンラインを上り切った!
ここは広場のようになっているようだ。

中から出てきたのは・・・薬局パパさん。

ばん「パパさん!」
パパ「あ、ばんさん!中にキジーさんいますよ。」

(え・・・!?キジーさん?)

いた!
まさかキジーさんに追いつくとは。
パパさんは出発し、自分はエイドの中へ。

キジーさんと少し言葉を交わす。

奥武蔵ウルトラ名物の「水着美女」がいたので声をかけ、
原人の男性と水着美女の写真を撮影させてもらった。
よくよく見ると一緒に写真撮ってもらってるランナーが多かった。

キジー「ばんさん、まだゆっくりしていきます?」
ばん 「いえ、自分もそろそろ・・・。」

水着美女に頭から水をかけてもらいエイドを出発。

49km LAP:10:53 total:06:24:24

ロスといえば4分くらいロスだけど、せっかくたどり着いた頂上。
これくらいはいいよね。

だけどすでにキジーさんの姿は見えず。
間もなく、「50km」の距離表示を発見。

50km LAP:06:30 total:06:30:54

あと28km!
先行する仲間にもほぼ追いついた。
完走できそうな気がしてきた!

先ほどまで上ってきたコースを今度は下る。
すれ違うランナーは、折り返しポイントに「向かっている」ランナーだ。

謎の声『ファイト!』『ナイスラン!』『ファイト!』

すれ違うランナーたちに声をかけまくる3人組グループが背後に迫る。
お揃いのチームウェアを着ている。

エライ!
ほぼ全員に声掛けしてる。
とても良い事だと思う。

だけど、自分と同じくらいのペースで背後を走ってるので、
ずーっとその声がリフレイン!

(失礼だけど・・・)やかましい!!

こうなったら・・・
ややペースを上げ、突き放す。
背後からの声は徐々に遠ざかった。

しかし!

ああ、無情。

7度目のトイレに行かねばならなくなり、大野ASへ。
トイレ行列ができている。4~5人くらい。
時間かかりそうだ。
行列に並んでいると、先ほどのリフレイン3人組が通り過ぎて行く。
目がバチッとあう。

トイレをすませ、給水コーナーに向かうと、そこには・・・
ふかさんがいた。

ばん「ふかさん!」
ふか「ばんさん。折り返してきたの?」

少し言葉を交わしてお互い出発。

51km LAP:13:45 total:06:44:39

トイレロスは7分くらい。
ターゲットたち先に行ってしまった。

残りはほぼダウンヒル。
・・・ならば・・・

「頭文字D」

(頭の中で)バトルミュージックスタート!

背筋を伸ばす。
腹筋にやや力を入れる。
たった今、レースがスタートしたイメージで・・・走る!!

(つづく)

| | コメント (0)

2015年6月 9日 (火)

【大会レポ】初めてのウルトラ③第22回奥武蔵ウルトラマラソン

(これまでのあらすじ)
レースはグリーンラインに突入。
一味の一人、ふかさんに追いつくものの、4度目のトイレで逆転。
どんする、ばん!どうなる、腹!

(本日のおはなし)
4度目のトイレの中で考えた。(本人はまじめです)

グリーンラインは木陰が多く、受ける風が冷たい。
そのせいで腹が冷え、すぐにトイレに行きたくなるのかもしれない。

対策だ!

アンダーウェアをアンダーパンツの下にシャツイン!
この方が風邪の侵入が防げるかもしれない。
これでピットアウト。

28km LAP:11:59 total:03:28:08

今回のトイレロスは約5分!

再スタートしてもすぐにスピードが出なくなってきた。

コースが上りか下りかというよりも、
すでに30km近く走っているため、トイレでしゃがんでしまうと、
足に疲労やしびれが出てしまうのだ。

29km LAP:07:24 total:03:35:32

ペースは遅いが、上りは歩いている人が多いので
どんどん抜いていける。
ふかさんにも再び追いつき、パスする。

30km LAP:06:15 total:03:41:47

次のターゲットは薬局パパさん!

これだけ上りで歩いている人が多ければ、
パパさんとはいえ、ペースは落ちてくるはず。
とにかく激上りでもひたすら走り続ける。

エイド(黒山AS)に到着。
パパさんの姿は見えない。

空力対策(アンダーシャツイン)が功を奏したか、今回はトイレに行かずに済む。
水分補給だけして、すぐに出発!

31km LAP:06:57 total:03:48:44

見えた!

ばん「パパさん!」
パパ「あ!おー!ばんさん!」

パパさんがまさに歩き始めようとしたところ?
ここからしばらく併走。

32km LAP:05:58 total:03:54:42

パパ「こんなに歩いている人が多い大会初めてですよ。」
ばん「せっかくの坂道コース、走らなきゃもったいない気がして。」

などと余計なセリフを言う自分。

コースは鋭角な方向に曲がると急に坂がきつくなった感じ。
さっそく歩きたくなるが、お互い意地で走ってる感じ。

33km LAP:06:32 total:04:01:14

きつめの坂を上り終えると、賑やかなエイド(顔振AS)があった。
そこで意外な人物に会う。

スタートを見送ってくれた、あたしちゃん(女性)だった。
朝渡した「ピンクセーラー」を着てくれている。
胸のリボンはつけ忘れたそうだけど。

彼女はパパさんの後輩でもあるので、パパさんと併走で到着できて良かった。
写真を一緒に撮ってもらうと、彼女は他にも多くの知り合いランナーがいるようなので、
応援の御礼を言って再スタートした。

34km LAP:11:11 total:04:12:25

ボンネットに何やら貼り付けた車が前方から向かってくる。
どうやらトップランナーが折り返してきたようだ。

「一体、彼らはどのくらい先行してるんだろう?」
「折り返しは大体50km地点だから、15km先。往復30kmも離れてるのかな?」
「それはないんじゃない?」

・・・なんて事を話しながら進む。

35km LAP:06:56 total:04:19:21

少し進むと小さなエイドがあった。
どうやら個人(チーム)でやってるエイドのようだ。
焼きたてのウインナーやパンなど、取りやすいように小さく並べてあり、
とても美味しそうだったので、

ばん  「いただいいても良いですか?」
スタッフ「どうぞ。こちらのパンに挟むといいですよ。」

なるほど!

ばん  「うまっ!ごちそうさまでした!」

36km LAP:07:40 total:04:27:01

このあたり傾斜がきつく、足も疲弊しているせいか、スピードが出ない。
個人エイドに寄ったばかりだったが、すぐ次の公式エイド(見晴らし台AS)で水分補給。

エイドに貼ってある距離表示を確認する。
ここまで約37km。
折り返しでもここを通るようで、その場合は約62km。

つまり先ほどすれ違ったトップランナーは、やはり25km以上先を走ってるって事。
恐るべき速さ!

37km LAP:08:43 total:04:35:44

とにかく折り返しまで頑張ろう。
それを過ぎれば下り基調になるのだから。

そう思っているそばから、結構急な下りが出現。
ということは、帰りはかなりの上りってことだ。

38km LAP:06:45 total:04:42:29

パパさんと併走しつつ、順調に距離を重ねてきたが・・・ヤツが来た。

腹痛、再発。
食べ物を食べたからか?

エイド(高山AS)の入り口で、

ばん「パパさん、自分はまたトイレに行くので先に行ってください」

と告げて先に行ってもらった。
本日5度目のトイレピットイン。

39km LAP:17:20 total:04:59:49高山AS

トイレロス、今回は大きく約10分。
無念・・・。
(〆がいつもトイレってどうかと思う!)

(つづく)

| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

【大会レポ】初めてのウルトラ②第22回奥武蔵ウルトラマラソン

(これまでのあらすじ)
スタートからわずか1時間でトイレに駆け込んだ、ばん。
後ろに何人もいないぞ!

(本日のおはなし)

トイレに寄ってお腹の痛みはスッキリ解消!
早めに寄って良かったのだ。
追い上げるぞ!

周囲にはランナーがまばらにしかいないので、道路上の矢印とか
誘導してくれる人とかを、ようく見てないとコースを間違えそうだ。
家の前で何やら叫んでる(訴えてる?)女性とかもいるし。

10km LAP:05:56
11km LAP:05:57
12km LAP:06:21
13km LAP:06:00
14km LAP:06:45 total:01:41:06

前を行くランナーを捉えつつ、パパさん、ふかさんを追う。

途中、コースを外れて立ちションするランナーを結構見かけた。
並ぶのがいやなのか?
「大」だったらどうする気なんだ!?

(まさか・・・!)

・・・などど、走っているうちに何だか見覚えのある景色が見える。
そう、ついさっき走った場所を逆走しているのだ。

15km LAP:05:40 total:01:46:46
16km LAP:05:30 total:01:52:16
17km LAP:05:45 total:01:58:01

奥武蔵ウルトラマラソンでは本丸のグリーンラインに入る前にも
18kmほど走るのだが、これが意外にきつく、例年の暑さが加わると
ここでリタイヤしてしまうランナーもいるらしい。

景色を見ながら考えた。

(スタート地点ならたくさんトイレあるかな?)

そう。
解決したはずの腹痛が絶賛再発中!
前回以上にピンチ!

洗車してるおじさん。
応援してくれる小さな子供。

もう民家に頼んでトイレに入らせてもらおうか?
・・・という危機的状況!

ようやくエイドが見えた!
ぎゃあ!
トイレ行列が長い!

こっちのトイレ(仮設2基)に10人、あちら(母屋)に5人くらいか?
並んでるおっさんたちの話を横聞きすると、昨年もここのトイレが激混みしたらしく
トイレを増やせと文句を言っている。
しかし怒っても焦ってもトイレは増えない。
気持ちを落ち着け、Facebookに近況をアップ。

そしてAS出発。

18km LAP:18:18 total:02:16:19

今度のトイレロスは12分くらいか。
このとき思った。

トイレとの戦いはこの後も続くに違いねぇ。
1時間に一度くらいトイレに行くとして、あと7回。
これまでの2回と併せて9回、約90分のロス。
これは大きい。

(どうする!?)

ギリギリまでガマンするからヤバイのだ!
ASは3kmごとくらいにあるので、空いてるトイレを見つけたら
速攻飛び込む!
そして短時間で用を足してレースに戻る!
自動車レースのピットイン作業のように。

コースは鎌北湖の脇を通り、いよいよグリーンラインへ。
グリーンラインは経験済み。
腹さえOKならいけるはずだ。

19km LAP:05:46 total:02:22:05
20km LAP:05:51 total:02:27:56
21km LAP:05:53 total:02:33:49
22km LAP:05:51 total:02:39:40

仲間たちの背中は見えない。
トイレロスは挽回できないのか?

ふと、坂を降りてきた見覚えのある顔とすれ違う。

(たいつきさんとらん太郎さん?)

たい「ばんさん!ふかさん、もう先行ってますよ!」
ばん「ええ・・・ちょっとお腹の具合が・・・」

ターゲットは先にいる!

23km LAP:06:59 total:02:46:39
24km LAP:07:05 total:02:53:44

ほぼ丁度10時。
清流AS(約25km地点)に到着。

トイレ待ちが少ない!
ピットインだ!
(頭の中でフジTVのF1のテーマ、TRUTHが流れる)

よし、いけ!

25km LAP:10:48 total:03:04:32

トイレロスは約4分!
坂を駆け上がる。

26km LAP:06:12 total:03:10:44
27km LAP:05:25 total:03:16:09

あのゼッケンは!?

ついに仲間の一人、ふかさんをロックオン!
薬局パパさんの姿は見えない。
さらに先にいるという事か。

ばん「ふかさん!」
ふか「ばんさん!後ろにいたの!?」

トイレロスの事を話しつつ、ふかさんをパス!
しかし・・・。

28km LAP:11:59 total:03:28:08

直後のエイドでまたトイレにピットイン!
まだ3kmしか走ってないぞ。

その間にふかさんにパスされる。
4度目のトイレ中継をFacebookにアップ。

ここまでエイドではトイレに寄るだけで、ほとんど補給をしていない。
固形物や水分が次の腹痛に繋がりそうで怖いのだ。
しかし、このままでは脱水症状になってしまう。
わずかにスポドリを飲み、水をスポンジに含ませる。

それにしても・・・
トイレの話ばかりで全然ウルトラっぽくない!

これではまるで・・・

奥武蔵トイレマラソン!

(つづく)

| | コメント (0)

2015年6月 7日 (日)

【大会レポ】初めてのウルトラ①第22回奥武蔵ウルトラマラソン

年男の挑戦、今回は初めてのウルトラ!
埼玉県毛呂山町で開催される奥武蔵ウルトラマラソンを走りました。
この大会、距離は78kmですが、コースに含まれる奥武蔵グリーンラインの標高差は約800m。
アップダウンの繰り返しで平坦路はほぼないと言ってよく、過酷さは折り紙つき。

ウルトラ初挑戦の前日。
職場のボランティア活動で赤城山の下草刈りを約3時間みっちり。
疲れ果てて夕方に少し寝てしまい、夜は逆に眠れず。

当日は午前2時に起床。
睡眠時間2時間弱。
草刈りの後遺症で左肩が痛い。
チーズパンとカップヌードルベジタブルで朝めし。

3時ちょいすぎに出発。太田駅前へ。
一緒に走る薬局パパさんと4時に合流するためだ。

合流前、睡眠不足が不安になり、駅前のコンビニで「リポビタンD」を買って即飲み。
ローヤルゼリー入りの「ウイダーインゼリー」も会場で飲むために買った。

ほどなくして薬局パパさんが迎えにきてくれて合流。
自分の車を置き、パパさんの車で出発。
道中、ふかさんも拾って3人で会場へ向かう。

特に渋滞もなく5時半くらいに会場到着。
体育館の観覧席に荷物をおいて準備をする。

シューズは結局、過走行気味のウェーブネクサス7。
ウェアはいつものノースリーブのアンダー(腹冷え防止)の上にクリールのランシャツ。
下はadidasのグレーの短パン、5本指すべり止めつきソックスとゲイター。
頭は普通のキャップ(ナイキ)とサングラス。
ポーチには行き倒れの補給食として(笑)アミノバイタルゼリー(青)x1、ザパスピットインリキッドx1。痙攣防止にアミノバリューの顆粒x5。
距離計測(アプリ)とカメラを兼ねてスマホも入れた。
GPSウォッチのARESウルトラは、ようやくウルトラデビューだね。バッテリー持つかな?

準備をしていると、キジーさんからも連絡があり、あいさつを交わす。
応援に駆け付けてくれたたいつきさんと話をしていると、スタート直前にあたしちゃん登場。
用意しておいたピンクセーラーをあたしちゃんに渡し、その場でプチ生着替え。

午前7時、スタート。
ほぼ最後尾から。
走り出して後ろを振り返っても数十人もいない。
一緒にいたはずのキジーさんはすぐに見失ってしまった。
ウルトラ初心者らしく、謙虚に行こう。

しかしすぐに後悔することになる。

道路幅が3mくらいの上り坂をまるで遠足のような大行進。
「上りは歩く」と決めている人も多く、全然進まない。
ウルトラビギナー3人組「ふか、パパ、ばん」は適当な会話しながら進んでいく。
(薬局パパさんはウルトラ2度目だけど)

1km 8'20
2km 7'30
3km 7'13
4km 9'17

日に照らされるとかなり暑い。
道幅が広がると、上りも走れてきた。

5km 5'47
6km 5'47
7km 5'49
8km 6'00

キロ5分台は初ウルトラの序盤ペースには早すぎると判断し、
パパさん、ふかさんのやや後ろをキロ6分で、てくてく進む。

レーススタートから約1時間。

(う・・・!?)

急な腹痛。
これはトイレに行くしかない。
2人は50mほど先を進んでいるので声がかけられない。
一人で離脱。そしてエイドに到着。

トイレ行列だ。
2基の仮設トイレに5人ほど並んでいる。
そして・・・。

せっかくエイドに寄ったので、何か口に入れようと思ったが
水分も固形物も危険な気がして、フルーツひとかけらを頂いて出発。

9km 14'21(Total 01:10:07)

8分ちょいのトイレロス。
元々、最後尾近いスタートだったのに、本当に最後尾じゃないか?
というほど人がまばら。
2人はとうに先に行ってしまったし、こんなんで完走できるのか!?

(つづく)

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年9月 »